ページの先頭へジャンプ
ブログへのリンク
ページの最後へジャンプ
>TOP >旅とか趣味とかのアルバム
モロッコのお城から

 旅とか趣味とかのアルバム

これまで色んな場所で取ってきた写真を載せていきます。旅先の写真が多いですが、興味が沸く所が見つかればレッツゴー三匹!

各サムネイルの写真はクリックすると拡大します。

 

海外旅編 国内旅編 バイク編 ミリタリー編 番外編

 

 海外旅編

外国は12カ国ほど行きました。が、まだまだ行きたい所は沢山あります。最終目標は南極。

カンボジアの国道

初めてのバックパッカー旅行はタイ・カンボジア・ベトナムの陸路旅行でした。写真はカンボジアの数少ない”国道”です。バイタク、ピックアップ、バスで長距離移動しましたが、バスの場合、あまりに起伏が激しすぎるのでデコボコを超えたときにひどい時は天井に頭を打ち付けました・・・。

アンコールトム

アンコールトム遺跡群の写真。アンコールワットの方が有名かと思いますが、近くのアンコールトムは大量に様々な種類の遺跡があります。インディジョーンズ気分に浸れますので遺跡好きは必見かと。

カオサンロード

バックパッカーの分岐点、タイのカオサン。初めて深夜に行ったときは恐る恐るでしたが着いたら外人ばかりで賑やかで安心しました。ちなみに初めて泊まった安宿(マルコポーロ)はタイ映画「マッハ!!」に映ってました。

サンフランシスコ

アジア旅行の前にアメリカへ一人旅にも行ってたんですね。バス旅でしたが夜はマジで怖かったです。アルカトラズ島からサンフランシスコを写した一枚。サンフランシスコは本当に坂が基本です。

アルカトラズ島の監獄

アルカトラズ島の監獄。映画「ザ・ロック」に出てきたアレです。メイソンのやり方で脱獄できるのかと見てみたのですがよく分かりませんでした。

蘇州市街地

出張で行った中国・蘇州市街地。なんか市街地部は日本みたいで中国っぽく無かったです。

モロッコ南部の道

モロッコはアトラス山脈によって国土の様相が南北で大きく変えられています。北部は緑が豊富な地。南部はひたすら土漠、砂漠で映画のスターウォーズの撮影もここで撮られたそうです。とにかく非日常的な光景が目の前に広がります。

アイット・ベン・ハドゥ

モロッコの世界遺産、アイット・ベン・ハドゥ。これでも数家族が普通に生活してるんです。中は迷路状態。

モロッコ・ワルザサード

モロッコ・ワルザサード。アトラス山脈から南は一気に雰囲気が変わります。

モロッコの辺境

モロッコではレンタルサイクルでひたすらサイクリングした日がありました。ここにいることが信じられない風景の中、爆走してました。

トドラ渓谷

モロッコのトドラ渓谷。羊もいたりとなんかすごい場所でした。ここまでのチャリはきつかった・・・。

サハラ砂漠をラクダで移動

サハラ砂漠へガイドに連れて行ってもらいました。実際に行けばわかりますが、徒歩で砂漠を長距離移動するのは無理です。ラクダに感謝。

サハラ砂漠の夕日

サハラ砂漠の砂丘頂上からの日没。砂丘といっても鳥取砂丘のレベルではなく、山レベルの大きさです。他にフランスから来た兄ちゃんがいました。

どこまで行っても砂漠

こちらは日の出直後。砂漠ってめちゃくちゃ静かなんです。とてつもなく非日常な光景でした。

砂漠のテント

砂漠で一晩過ごしたのですが、このようなテントの中で眠ってました。中はかなり適当な状態です。

雪のアトラス山脈

うってかわって同じモロッコでもアトラス山脈の上の方へ行けば雪化粧。途中に寄った高地の町は寒かったです。

マラケシュ旧市街地

マラケシュ旧市街。パラボラアンテナが大量につけてありました。

マラケシュのメディナ

マラケシュのメディナ(旧市街)。モロッコのメディナは全部そうですが、本当に迷路になっていて迷います。でも、いざとなったら一度町を出れば大丈夫です。

モロッコのローマ遺跡

モロッコにあるローマ遺跡。遺跡自体も幻想的ですが、この周辺地帯は地平線まで草原が続いていてつくづく自然がすごい国だと思いました。

シェフシャウエン

モロッコ・シェフシャウエンの街中。壁がどこも青く塗られていてメルヘンチックな町としてとても有名です。自分は麻薬の売人の家に連れ込まれましたが・・・(勿論、買わずに脱出しました)。シャウエンの裏の顔は麻薬の町です。

ジブラルタル海峡を渡る船

モロッコからスペインへ渡るカーフェリー。3時間送れて出航しました、さすが大陸感覚。フランス人のキャンプカーばかりでした。

ジブラルタル海峡の夕日

ジブラルタル海峡の夕日。この海峡を越えるだけで一気に世界が変わります。ちなみにこれで空路、陸路、海路のボーダー越えをコンプリートできました。

スペイン王宮

スペイン・マドリッドの王宮。装飾がすごすぎて圧倒されました。これに比べれば日本の城はなんとシンプルなことか・・・。さすが肉食好きの民族。

ローマ水道橋

スペインにあるローマ水道橋。これ全部石を積み上げているだけなんですね。ヨーロッパは地震を考えずに作った、高くて古い建物が多くて面白いです。

スペイン、ラ・マンチャの風車

スペイン・ラマンチャの風車。ドンキホーテの舞台です。それぞれに名前がつけてあってとても可愛いです。”サンチョ”は見つけました。

エヴォラの人骨堂

ポルトガル・エヴォラの地下にある人骨堂。壁一面、頭蓋骨です。ですが不気味な雰囲気はそれほどありません。カンボジアのキリングフィールドは怖いですが。

セゴビアのアルカサル

セゴビアのアルカサル(お城)。シンデレラ城の参考にもなったとか。西洋のお城らしい城です。周囲の雰囲気もとても良かったです。

ポルトガルのエヴォラ

ポルトガルのエヴォラの町中。モロッコのシェフシャウエンに並ぶお勧めの町です。こじんまりとしていて、静かで、石畳に黄色のポイント。あまり知られていないかもしれませんが良いところでした。

ポルトガル・リスボン

ポルトガル・リスボン。旧市街地は南欧の下町といった感じで決してきれいではないですけど開放感があって良かったです。

リスボン市街

リスボン中心部。個人的にはポルトガルはスペインと違って全体的に落ち着いた感じで、夜も騒がしくなかったのでスペインより好きです。

ユーラシア最西端・ロカ岬

ユーラシア大陸最西端のルカ岬。延々とレンタルサイクルをこいで到着しました。当然、そんなことをしているのは自分だけでした(すごい辺境にある)。

聖地ファティマ

ポルトガルの聖地、ファティマ。聖母マリアの出現で有名な地です。施設はめちゃくちゃ広いです。でも民宿での夜の方が印象的な地でした。

タージマハル

インドのタージマハル。これ、めっちゃくちゃ巨大なんです。墓っていうレベルじゃありません。

タージマハル遠景

タージマハルを作った人が幽閉されていたところからタージマハルを見る。

インドの街中は動物がいっぱい

インドの街中は動物も人同様に暮らしていてそこら中に動物がいます。牛が邪魔で道を通ることができないとかありました。ちなみに現地の人は思いっきり叩きまくって牛をどかしてました。

インドの長距離列車車内

インドの長距離鉄道の車内。一般の人が使う車両ですが、めちゃくちゃに暑い中、4時間くらい立ちっぱなし、朝の丸の内線レベルの込み具合で、体力に自身のない方にはお勧めできません。

ガンジス川の朝日

ガンジス川の朝日。沐浴しまくりでした(自分はしませんでしたが)。

インドネシア・ジャカルタ

インドネシア・ジャカルタの路地にて。やはりアジアは三輪タクシーが似合います。

水の上の町

マレーシアにあるペナン島の集落。水上にある村で内地に入っても沼なので高床式の住居ばかりです。すさまじい平和な雰囲気の場所でした。

夜のペトロナスツインタワー

クアラルンプールのペトロナスツインタワー。夜のこの光景は圧巻です。

ベトコントンネル

ベトナムのベトコントンネル。ベトナム戦争時にベトコン(北ベトナム側のゲリラ戦勢力)が使用していたトンネルの跡です。この後、中に入って行ったのですが狭くてめちゃくちゃ暑い!さすがアメリカ正規軍を撃退しただけあるなと思いました。

ムイネービーチ

ベトナムのムイネーの浜辺。静かなリゾート地・・・といっても海と小さな砂丘しかありません。

 国内旅編

国内は一応、全都道府県を周りました。でもまだまだ知らないところ、行ったことのない素敵なところはありますね。

種子島宇宙センター・射場

種子島宇宙センターの第一・第二射場(ロケット打ち上げ場)。世界一美しいロケット基地と言われる通り、本当にきれいな場所でした。

H2Aロケット射場移動

別のアングルから射場を見る。四角い建物がロケット組み立て棟で発射12時間前くらいまではこの中にロケットが入ってます。

H2ロケット断面

種子島宇宙センターの見学ツアーにて。発射されなかったロケットを見ることができます。とても長いものでもあるのですが、こんなものが大気圏外まで行くのですからやはり宇宙ロケットはとんでもない乗り物です。

H2-Aロケット発射

H-2Aロケット打ち上げの瞬間。快晴の中、延期無しで無事打ち上がりました。ものすごい音と光で一瞬昼になった感じです。快晴の夜間打ち上げはかなりのレア体験らしいです。まさに星のひとつになっていきました。

種子島の海中

種子島で試しにやってみたスキューバダイビング中に撮った一枚。魚はいつもこんな感じに海面を見てるのか。

種子島の海底

種子島でも変わった魚は沢山見ることができました。

タツノオトシゴ

タツノオトシゴをガイドの人が発見してくれました。なんか・・・浮いてるだけって感じの生き物でした。

空から浜辺を見下ろす

ロケットが延期無しで打ちあがり、日程が余ったので今度はパラグライダーを体験しました。砂浜にある筋は産卵に来た海亀の通った跡です。屋久島がやたら人気ですが、種子島も面白いですよ。

瀬戸内の夕日

長距離フェリーから見る瀬戸内の夕日。フェリーに乗ると必ず、ずーっと見ているのが日没です。日の出は・・・いつも寝ていて見たことありません。

小豆島のビュースポット

小豆島のとあるビュースポットから見る瀬戸内海の風景。正確な場所は忘れましたがすごく良い場所でした。

北海道の並木

北海道にある並木道。ずっと未舗装の直線です。

北海道の露天風呂

北海道の山奥にある露天風呂。無料です。北海道は超個性的な天然温泉が沢山あるので面白いです。でも、女の人はどうするんでしょう???

北海道の花

北海道の菜の花(なのか?)。他にもルピナス群生郡とかもきれいでした。

宗谷岬への道

網走へ向かう北の道路。延々と北の果てに向かいます。途中、風車だらけの区間があったりします、シュールです。

琵琶湖北部

自転車で琵琶湖を一周したときの一枚。長浜を北へ過ぎたあたりです。琵琶湖北部はお気に入りの地のひとつです。

沖縄・喜屋武岬を望む

沖縄の喜屋武岬近辺。沖縄戦の末期の激戦区です。きれいなところですが戦争時のことを思うと複雑な気持ちになります。

安房埼灯台

三浦半島南端にある安房埼灯台。周辺地形が独特で灯台も独特な形状をしてます。

東北の滝

東北のものすごい山奥にある滝(名前忘れた)での一枚。ジャンケンに負けて滝にうたれてきました。なんかすごい秘境の温泉の近くです。

 バイク編

オフロードバイク時代の写真は写りが悪いので余りありません。

雪中ツーリング

XR250で京都の林道雪道を進む。汗だくです、はっきり言ってこれ暑いです。

種子島宇宙センターにて

種子島ではキャンプツーリングをしました。キャンプ場をベースにしてセローが大活躍しました。

AGミーティング

当サイト掲示板主催の第二回AGミーティング。この時、自分はAGに乗っていなかったので一番奥に写っているFZ600Sで参加。スタンドの方向に注目!

CB600RR

レンタルしたCB600RRに乗ってみました。SSに乗るのは初めてだったので、このポジションははっきり言って怖かったです・・・。

スピードトリプル

トライアンフのスピードトリプルです。この時のデザインが一番だと思います。外車のロードモデルでは一番好きですが、オフに戻ったのでもう乗れるかどうか・・・。

スピードトリプルリアビュー

スピードトリプルのリアビュー。このバイク、もっと人気が出てもいいと思うんですがやはり顔が日本人向きじゃないのでしょうか。友達にはバットカーみたいと言われましたし。

伊豆を走る

伊豆の海辺の道。

箱根方面から太平洋を望む

伊豆半島から駿河湾を望む。

ブレット500

ロイヤルエンフィールドのブレット500のキャブ車最終モデル。

夕日をバックにブレット500

夕日をバックにブレット。

ツーリングで休憩

キャンプツーリング中の昼食。北海道はこういうだだっ広くて人が殆どいない公園が多くて暖かいときは良いですね。

北海道のブレット500

植物には疎いんで良くわからないですが、ソバか何かの畑です。北海道のどっかです。

開陽台でのブレット500

ツーリングライダーの聖地とか言われている開陽台の有名な直線道路にて。

和洋折衷

鳥居の前にいるイギリス生まれのインド育ちのバイク。しかも県境の上。

FZ600S

磐梯山のドライブウェイに行ったら強風のため通行禁止になっていました・・・。そのときの空の様子。

KDX125SR

KDXの緑は山ではちょっと派手ですね、って大部分は自分でスプレーペイントしている代物ですが。

夕日をバックに

キャンプツーリングの途中、九州の夕日をバックに。

東京タワーとFZ600S

東京タワーとFZ。スカイツリーだと高すぎてわけ分からない構図になるのでしょうか。

 ミリタリー編

軍事とはなんぞやと参加した行事の写真です。自衛隊隊内生活での写真はかなり古いものです。

74式戦車

74式戦車です。主砲の発砲音は本当に凄まじいです。体験搭乗(かごに乗るヤツ)で乗らせてもらったのですが、遊園地の乗り物みたいでした。戦車は良く知らなかったのですが一見の価値ありです。

ヘリボーン

UH-1からのラペリング降下。さすがプロ、めちゃくちゃ速いです。

下車戦闘

実銃の発砲とはどんなものかと見に行くと、空砲といえどこれがすごくうるさい。よく見ると手前の方の小銃に照準補助器(ダットサイト?)が付いてます。

ロープ渡り

学生時代に参加した自衛隊隊内生活体験ツアーでの一コマ。ロープ渡りはゆっくりならなんとかできました・・・。陸海空と様々な施設を見学させてもらうこのイベントは印象深かったです。

護衛艦

護衛艦の見学。この後、クルーズに参加させてもらいました。

ブリッジ

護衛艦の艦橋内部で見学。テキパキと作業をこなす様はさすがにかっこいいです。こちらは一般参加できる体験クルーズでの写真です。

F-2支援戦闘機

航空自衛隊のF-2(支援)戦闘機。コックピットはすごく窮屈でした。

F-4J戦闘機

格納庫内のF-4J。模擬アラート出撃を間近で見せてもらいました。はっきりいって滑走路に出るまでものすごく速いです、当たり前か。

C-1輸送機

C-1輸送機です。旅客機じゃないので当然ですが、飛行中の機内はものすごくうるさいです。

CH-47輸送ヘリ

こちらはCH-47輸送ヘリです。こちらのほうがもっとうるさく、搭乗中はイヤーマフ(でかい耳栓みたいなモノ)をさせられました。

AH-1S対戦車ヘリ

格納庫内のAH-1攻撃ヘリ。飛行しているところは登山中の山頂とかでも見たことがあるのですが、すごい機動を見させてもらいました。

航空基地

滑走路側から基地を見る。

船舶哨戒

船舶の偵察の模様を見学しました。この時は一般漁船のようで、めちゃくちゃ接近し、ヒヤヒヤしてました。

E-2C早期警戒機

格納庫内のE-2C早期警戒機。こうやって見ると結構小さい飛行機ですね。

 番外編

キタキツネ

北海道のキタキツネ。

ジャカルタの猫

ジャカルタの野良猫。

リスボンの犬

リスボンの野良犬。

木漏れ日

琵琶湖岸の木漏れ日。

夏の雨の後

時雨の後。

バッタのアップ

夏のバッタ。

高空より

機内から雲海を見下ろす。

デパーチャー

伊丹にて。

竜王山の岩

湖南アルプス。岩場が面白かったです。

竜王山からの眺め

湖南アルプスから大津方面を見下ろす。絶景スポットですが、岩を少し登らなければならないのと、風がビュービュー吹く岩の上なので高所恐怖症だときつい場所かも。

雪山を行く

9月の薬師岳にて。雪はそんなに無いと考えていましたが見事に誤算でした。雪山って砂漠と一緒ですごく静かなんですね。

JR嵯峨嵐山駅旧駅舎

今は無き旧JR嵯峨嵐山駅の駅舎。このままで良かったものをモダンな駅舎になっていました。

空より2

また機内から撮影。飛行機に乗るときはいつも窓側を指定してずっと外を見てたりします。

 

クラッシュ現場

全日本ラリー選手権でSS(スペシャルステージ)になっていたと思われる道に行ったら見事にクラッシュ痕を見つけました。分かりやすいですね。