ページの先頭へジャンプ
ブログへのリンク
ページの最後へジャンプ
>TOP >マウンテンバイクの レースに参加してみた
ピットにて

 マウンテンバイクの レースに参加してみた

とくに普段からMTBに乗りまくっているという訳でもなく、ちゃんとした道具も無かったんですけどなんかフラフラ~っと2つの耐久レースに参戦していました。適当に参加するとこんな感じになります。

 2003年4月30日
 スーパービンゴエンデューロ第2戦

3時間エンデューロにツインズ(2人チーム)で参加しました。元々風邪気味なのに加えて前日から雨と、やる気ナッシングな出発でした。

 

道はゲロゲロ

レース当日は朝から暴風雨+濃霧で最悪のコンディションでした。開会式に司会(?)の人の「皆さん頑張って行きましょ~」の呼びかけに対して参加者の「(ぼ)お~」というゾンビのような返事がこの状況を物語っていました。

暴風の中のレース

アップダウンの激しいドロドログチャグチャのゲロ路面で死闘が繰り広げられていました。そんな中で我がチームのチャリはブレーキトラブルを起こし、ヘタレの僕は戦意喪失。しかしパートナーはそれでも(下り坂でオーバーランし、脇へ突っ込みつつも)走るというナイスファイトっぷりでなんとか完走することができました

レース後

相棒は人として問題あるような格好で走ってましたが、彼のおかげで完走できました。途中でハンドルが180度回転していることに気付かずにそのまま走るという神業的変態行為をしたりしていましたが、まさに闘士です。

愛車ドロドロ

決してレースに耐えうるグレードではないけど3時間走り抜いてくれたチャリンコくん。ブレーキ以外にもボロ

 

 

 

 

なんと初出場にしてトロフィーをもらっちゃいました。といってもツインズクラス出走4チームの内、2位という脱力モノですが・・・。しかし、相棒のおかげで手に入れることができたトロフィーを僕がもらってるというのは考え物ですね。

で、翌日お約束通り、本格的に風邪ひいてしまい、病院で注射+8種類の薬をもらうというドラスチックな幕切れでした。

 

 2003年5月25日
 MTB JAM WAKABA CUP

懲りずにまた3時間エンデューロにツインズでエントリーしてしまいました。

スタート直前

わかばとか言うのだからきっと初心者向けのレースなんだと勝手な思い込みをしていましたけど、実際は新緑を意味していました。この通り見てくれは本気な人ばっかでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

前よりマシな道

僕なんですけど前の人と比べて上体起こしすぎ、格好適当すぎって感じですね。ヒーヒー言いながら走ってましたよ。ちなみに被っているヘルメットはスケボー用の1500円安物です。

 

 

 

余裕の笑み

余裕の笑みってテメェ、コースに出たら余裕じゃねーだろって感じです。でも今回はマシントラブルも無くマイペースで走ることができました。

 

カリフォルニア

相棒曰く、「日本ではない国」のような今回のコース。僕もユタ州の広大な砂漠をインディアンの馬と共に走ってるようなシチュエーションを感じながら走っていました(嘘)。

 

相棒

相棒は余裕で走っている僕の写真を撮ってくれていたにもかかわらず、僕は相棒が走ってる間、常にグッタリしてました。故に彼の走っている時の写真はありません。

 

 

結果は詳しくは忘れましたけど、中の下くらいだったと思います。なんかスーパービンゴの時と比べて本気っぽい人が多いよう感じでした。ラフな格好で走ってるのはうちらだけだったような・・・。

閉会式途中、賞品も無いことだしもう帰ろうとスポーツマンにあるまじき行為をしたんですけど会場から出る途中、同じようなことをしている人の車の後ろについていたところ間違った道に入り込んでしまい、前の車がいきなりバックしてきて僕たちの車に突っ込んでしまいました。こちらはバックしてくる前に停止していたので全く責任は無かったんですけどボンネット、バンパーベコベコという情けない姿で京都まで帰る羽目になりました。ビンゴ大会が無いからってすぐに帰っちゃダメですね、はい。