「御巣鷹山トップページ」へ戻る

御巣鷹山事故ゲストブック過去ログ3

御巣鷹山ゲストブックの書き込みログです。書き込みを消去したいという方はご連絡ください。


[208] こんばんはです。 返信

匿名希望さんお父様のご冥福を心よりお祈りいたします。匿名希望さんやご家族の方がどんなに苦しく,悲しい気持ちでこの14年間すごされてこられたか私には想像もつきません。いえ気持ちがわかるなどと言えば大変な失礼なことです。ただ本当に2度とこのような事故を起こさないためにも真実を明らかにして対処してほしいと願ってやみません。

99/05/29(土) 23:15 777


[207] Re:こんばんわ 返信

まず、匿名希望さんのお父様に深く哀悼の意を表させて頂きます。
私自身はこの事故に直接関係を持っているものではありませんが、しかし、大いに関心を持っているものです。
確かに正直な所を言いますと、最初の内は「興味本位」「好奇心」の気持が大きかったのですが、資料や文献に
触れるうち、いつしか、そういった対象で済ませてはならないものだと気づきはじめました。
なぜなら、これは日本政府や企業の国民に対する姿勢がありありと見え、それがこのままで放置してはならない
ものだと思うからです。
もし仮に、自分自身が同様の事故に遭ってしまった時、万全の救助をしてもらえるのか、それに対し当事者は十
分に誠意のある対処をしてくれるのか、また事故原因はすべて明確に正しく解明されるのか、もし自分が生存で
きなかった場合、残された者への補償は全うしてもらえるのか、自分の犠牲をせめて未来の事故防止への礎と
してもらえるのか、を考えた時、その一つでもおろそかにされると死んでも死にきれないと思うのです。
国の面子や企業の損得でいいかげんな一件落着をされてしまうと浮かばれる者も浮かばれないのです。
しかも交通機関を利用する人すべてに可能性があると言える以上、我々とて無関係ではありません。
言わずもがなの事を書いてしまいましたが、これが私のこの件に関わる気持ちです。
匿名希望さん、またご家族の心中、察するに余りあります。お心の傷が一日も早く癒える事を願ってやみません。

99/05/29(土) 04:35 一般市民


[206] 匿名希望さんへ 返信

まずは 匿名希望さんの御尊父様のご冥福をお祈りいたします。
そして匿名希望さん 勇気ある書き込みありがとうございました。
今まで 私の投稿してきた内容に「きっと遺族の方々も」というくだりの文が
随所に出てきていますが それは もしかしたら
私の 勝手な思い込みなのかもしれないと 匿名希望さんの書き込みを見て
そう思いました。
遺族の方々からすれば 私達も興味本位で話を聞きに来る人達と
同じように見えるのかもしれません。
もし 気分を害されましたら 申し訳ございません。
しかし ここに来てる方は 少なくとも興味本位ではなく
この事故を風化させてはいけないと思っている人達ばかりなのです。
また そうであって欲しいと思っています。
あまりにも微力ですし もしかしたら全く力になれないかもしれません。
しかし 真実を知りたい 原因を究明したい。
そして 2度とこのような悲惨な事故が起きないでほしい。
そう願ってる人ばかりなのです。
そこのところだけは どうぞご理解くださいませ。
こちらに来てる皆様の事を 私なりの解釈で文章にしてしまいました。
皆様にも お詫びいたします。

99/05/29(土) 01:01 100年プリント


[205] こんばんわ 返信

初めて書きこませていただきます。
こういったページがあることを2ヶ月ほど前に知りました。
私の父は、あの事故でなくなっているんです。普段だったら絶対こういった書きこみも、友人にも私の父が事故でなくなっていることは言いません。
ほとんどが興味で聞いてくるんです。「なぜ飛行機にのってたの?」
「遺体を確認するとき行ったんでしょ?どうだったの?」
こういうことを事故後しばらく言われました。毎日家で泣いている母と近所の方の目同級生の心無い質問に傷がいえるどころかえぐられる思いでした。私たち家族頭がおかしくなる思いでした。
私の家も連絡会の方から電話がかかって来たりしていますがあまり活動に参加していないんです。いろいろな活動に参加することが事故の解明や父に対する供養かもしれないけど私たちはあの事故でもう何もかも変わってしまったんです。
命日には慰霊登山をしていますが、そのこと意外はもう早く忘れたいんです。
今日は父の53回目の誕生日でした。仏壇の前に座ってお酒を飲んでいてこのページを見ていました。
ちょっと飲みすぎてしまってよくわからないこと書いてすみません。
もう二度と事故が起きないことを願っています。
私たちの様に苦しむ人が増えない様に・・・


99/05/29(土) 00:28 匿名希望


[204] Re:&gtオレンジ色の金属片 返信

>どなたが、角田氏の最近の事情を知っている方いましたら、当然書ける範囲内で
>結構ですので、お教え下さい。

一度手紙で連絡をとった事があります。
現在東京都内に在住されています。
出版社経由で連絡されてみては?

99/05/28(金) 23:20 lakes


[203] Re:Re:オレンジ色の金属片 返信

管理人さん。
いつも お世話になっております。
>そういやあボイスレコーダーの処分の話し,私も聞いたことがあります。
>しかも日航では,羽田に保管してあるJAL123の残骸も破棄する意向だそうです。
それだけは 絶対に阻止したいですね。
>ただ,遺族でもない私たちに出来る事って何があるんでしょうか?
せめて 遺族会の連絡先かメールアドレスでも知っていれば
遺族会に連絡する事もできるのですが。
もしかしたら 遺族会の人達はこの事を知らないのでは?

99/05/28(金) 22:55 100年プリント


[202] Re:オレンジ色の金属片 返信

こん**は。SUZUKIです。
「ジャンボ墜落」は,私も以前読みました。

このオレンジ色の金属片と同じ物かどうか解りませんが,私は以前ある航空関係者から,事故直後,現場に派遣された技術者がB-747の物とは明らかに違う金属片を目撃した,と言う話を聞いたことがあります。
ただそれが何だったのかは確認していないそうです。
その人は,積み荷の何かだったのかもしれないけど・・・・と言っていましたが。

そういやあボイスレコーダーの処分の話し,私も聞いたことがあります。
しかも日航では,羽田に保管してあるJAL123の残骸も破棄する意向だそうです。
そうなる前にボイス・フライトレコーダーの公開と,再調査の早期実施が望まれますね。
ただ,遺族でもない私たちに出来る事って何があるんでしょうか?
何か出来ることがあれば,是非とも支援したいのですが・・・・・

99/05/28(金) 22:30 K・SUZUKI


[201] &gtオレンジ色の金属片 返信

吉原公一郎氏はその金属片は、標的機の一部であるとうたっているんですか?
また、そのオレンジ色の金属片、他の搬送物とは違った扱いがされたと言う事が
私は気がかりです。(調布飛行場の倉庫)

角田氏が持ち帰った最後のミサイル金属片とされている板を何処かで検査させて
みたら、何らかの道が開けるような気がするが、その事実すらも曲げられて
しまうのだろうか?

どなたが、角田氏の最近の事情を知っている方いましたら、当然書ける範囲内で
結構ですので、お教え下さい。


99/05/28(金) 14:40 >200


[200] オレンジ色の金属片 返信

標的機衝突説の根拠として、墜落現場にオレンジ色の金属片があって、123便には
使っていないという、吉原公一郎氏の著書「ジャンボ墜落」があります。

昨日、ジャンボ墜落を手に入れたので、読んでみました。
その、口絵にオレンジ色の金属片が写っていますが、これはファイヤービーやチャカの
物ではありません。
(私は、ファイヤービー,チャカ,低速標的機の本物を見たことがあります)

1.ファイヤービーの塗装色は、オレンジというより赤茶色で、全体に濃く塗られています。
  (尾翼の一部やノーズコーンは、黒色や白色を使用している)

2.チャカの翼は、160×50cmより、かなり小型です。

参考に、ライセンス元のテレダイン・ライアン社のホームページです。
http://www.tdyryan.com/Aircraft/FireBee/fbnav.htm
なお、海上自衛隊が使用しているのはBQM−34AJです。

99/05/28(金) 01:43 匿名希望


[199] Re:WAVファイル 返信

>真実の解明を!といいながらも
>WAVファイルのこと(在処)を秘密にするのは
>どういうことなんですかね?
>ただ楽しんでるだけなんじゃないの?
>日航と変わらないジャン。

電波法との絡みもあるんだよ。
わかってる?

楽しくて、こんな事に興味持ってなんかないよ。
ただ腹が立ったから、それだけさ。

ちょっかいは過去ログよく読んでからにしてね。

99/05/27(木) 23:45 lakes


[198] Re:WAVファイル 返信

>竜騎士さん
Waveファイルのある場所ですが別に秘密にしているわけではないですよ。そこら辺のことは過去ログを読んでもらえれば分かってもらえるかと思います。ただWaveファイルを公開していた人が無断リンク禁止とか言っていたので、ここに直接アドレスを書き込むのはマズイかな〜と思ってみなさん書き込まないのと思いますが。以前Waveファイルを公開していたサイトのアドレスを公開します。今は”公開”していないのでリンク張っても構わないと思いますんで…。そこからあることをすればWaveファイルを手に入れることができるはずです(過去ログを読んでください)。質問があればどうぞお気軽に。
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Kouen/2884/

>100年プリントさん
>管理人様 もし この内容がマズイと判断された時には
>どうぞ 削除してください。
おかまいなく。真剣な意見ならなんだって(どんな内容だって)OKだと考えてます。

あの〜、ページの更新遅れてますがそろそろ更新しますんで…。

99/05/27(木) 19:41 SUZAN


[197] WAVファイル 返信

真実の解明を!といいながらも
WAVファイルのこと(在処)を秘密にするのは
どういうことなんですかね?
ただ楽しんでるだけなんじゃないの?
日航と変わらないジャン。
以上です。がんばってください。

99/05/27(木) 13:08 竜騎士


[196] Re:初めて書き込みます 返信

>近々、公開を求める裁判が起こされるかもしれないとも聞いております。
>詳しいことはここではあまり書き込めませんが、123便事故原因の究明を妨げる
>事が行われつつあるのではないかと思われます。

詳しいことはあまり書き込めないとのことですが、書き込める範囲で構いませんから教えてください。
「誰が」「誰を相手に」裁判を起こされるのでしょうか。
特に誰を相手としているのかが気になります。
日航?運輸省(事故調)?その両者?

99/05/27(木) 12:51 ゼブラ


[195] 初めて書き込みます 返信

初めてこのページを拝見させていただきました。

私の仲の良い友達に航空関係者がいます。
勿論、123便の話はたくさん聞いています。
関係者の間、つまりパイロット、スチュワーデスの間では事故原因は圧力隔壁の破損が
原因ではないと信じているそうです。
それも理路整然と語ってくれたことがあります。

100年プリントさんが書かれていたボイスレコーダーなどについてもすでに日航側に
あるらしく、ひょっとすると焼却されているのではないかとも聞きました。
(これは本人も未確認らしいです)
近々、公開を求める裁判が起こされるかもしれないとも聞いております。
詳しいことはここではあまり書き込めませんが、123便事故原因の究明を妨げる
事が行われつつあるのではないかと思われます。
つまり、日航の体質にかなり問題があるのではないかと私は思います。
「何かを隠すために何かを犠牲にする」

123便の事故では新聞などに出てこなかった乗務員の話なども聞きました。
乗務していた一人のスチュワーデスがいて、彼女は事故の一ヶ月前に結婚したばかり
だったそうです。結局、彼女の遺体は形がなく最後まで確認されませんでした。
唯一確認されたのはぴかぴかの結婚リングを付けた薬指だけだった。御主人はその薬指を
握りしめていたと。

決してこの事故?事件を風化させてはいけないと思います。
今後のためにも。

それから、wavのダウンロードをできるところをご存じの方、場所を教えて下さい。
公にできなければ個人的にメール下さい。
また、ここでは十分に書き込むことができないのでなにか私に聞きたいことがあれば
そちらも一緒にメール下さい。

99/05/27(木) 10:53 すきま風


[194] Re:不勉強で どうも失礼しました 返信

はじめて参加します。

>なんたって 事故を起した当事者なんですから
>少なくとも 遺族の希望には答えるべきだと思います。
>いや 義務です義務!

道義的には私もそうすべきと思います。

>法的に訴えても いいと思います。
>最愛の家族を失った人達にとって 当然の権利だと思います。
>日航側は「慰謝料も払ったし 社会的制裁も受けたし
>もう賠償責任は果たした」
>と 思っているのかもしれません。
>でも そういうものじゃないですよね。

でも、残念ながら法的には責任を果たしてしまっているのはないでしょうか。
日航側と被害者(遺族)の方々とはすべて和解が成立しているのではないでしょうか(成立していないときはごめんなさい)。
例えば交通事故が起こったときは、加害者と被害者で示談書を交わしますが、示談書のとおり賠償金が支払われれば、被害者はそれ以上損害賠償を請求する権利はなくなります。
それと一緒です。

法的に訴えるといっても、特に事故とは関係のない第三者が日航側を相手に訴えを起こすということはまず不可能です。

一方、運輸省の方はどうなのか。
先般、情報公開法が成立しましたが、施行されるのはもう少し先になるようですし、仮にこれに基づいてCVRの公開を請求しても、CVRは不開示情報に該当して公開されない可能性大だと思います。
ちなみに事故調ですが、これは報告書として結論が出てしまっているんですよね?
結論が出てしまっているものを再調査させる法的方法があるのか、ないのか。
この辺は全然判りません。
行政に携わっている人がいれば判るのでしょうが・・・。

なお、不勉強で、東京都の公開条例というのを私はよく知らないのですが、これは企業の持つ情報も公開させることができるものなのですか?

私もCVRの公開を願っている人間ですが、公開までの障壁は極めて高いと感じています。

99/05/27(木) 10:24 ゼブラ


[193] 不勉強で どうも失礼しました 返信

匿名希望さん ありがとうございました。
そうですか もう日航に渡ってるんですか。
でも 日航側にあるなら尚更の事。
なんたって 事故を起した当事者なんですから
少なくとも 遺族の希望には答えるべきだと思います。
いや 義務です義務!
遺族の人も きっと我々と同じ考えだと思います。
遺族会で 正式に日航側に申し入れしたのでしょうか?
法的に訴えても いいと思います。
最愛の家族を失った人達にとって 当然の権利だと思います。
日航側は「慰謝料も払ったし 社会的制裁も受けたし
もう賠償責任は果たした」
と 思っているのかもしれません。
でも そういうものじゃないですよね。
いろんな憶測が飛び交ってますが 私の知る限り
自衛隊批判ばかりで 何ひとつ 日航側に都合の悪い事は
書いてません。
ですから 日航側も安心しているのではないかと
私は 思います。
皆さんが言うように ボイスレコーダーを公開すれば
何があったのか わかると思います。
もし わからないにしても 少なくとも今よりは
詳しく一般人に知られると思います。
事故調の人間だけではなく 一般の人にも
教えてもらいたいものです。
その時 何があったのか 生の声で聴いてみたいです。
長くなってしまいましたが 私は 日航幹部の良心に期待したいと思います。
事故があって 被害を被るのは 圧倒的に一般人が多いのですから。
管理人様 もし この内容がマズイと判断された時には
どうぞ 削除してください。
管理人様に 迷惑はかけたくありませんので。

99/05/27(木) 00:21 100年プリント


[192] Re:ボイスレコーダ 返信

>隠しているとしか思えないボイスレコーダーですが
>東京都の公開条例に則って 法律的に公開請求をしてみたらどうでしょう?

 既に、ボイスレコーダ、フライトレコーダ、機体の残骸は、日本航空に返却
されていますので、無理でしょう。

 ボーイングから運輸省に圧力がかかり、運輸省から事故調査委員会及び日本航空へ
圧力がかかったら、なおさらのこと...(独り言モード)

>一日も早い公開を望みます。

 同感です。

99/05/26(水) 23:24 匿名希望


[191] ボイスレコーダ 返信

みなさん お久しぶりです。
隠しているとしか思えないボイスレコーダーですが
東京都の公開条例に則って 法律的に公開請求をしてみたらどうでしょう?
それとも もうやっているのかな?
運輸省の航空機事故調査委員会の方では
一応 事故調査は終了し 墜落の原因は圧力隔壁の破損による。
という結果が出たんでしたよね。
ならば ボイスレコーダーを隠す必要性がないわけです。
調査が終了すれば 「これは 重要な証拠物件なので」
なんて理屈は成り立たないと思います。
もちろん それを公開して都合が悪くなるかたがいるのなら別ですが。
一日も早い公開を望みます。

99/05/26(水) 21:01 100年プリント


[190] その後・・・ 返信

先日のフジテレビの番組で123便のご遺族のかたが今年1月運輸省に事故の再調査の要望書を提出されておられたんですが、その後運輸省や国会等で何か動きはあるんでしょうか?1日も早い再調査を願うばかりです。

99/05/26(水) 07:01 777


[189] Re:それにしても・・・ 返信

>今、議論されている諸説も、ボイスレコーダーの生音声さえ公開されれば
>ほとんど淘汰されるものだと思います。

全く同感です。
何はなくとも先ず公開を。

しかし、CVRの保管状態が気になります。
公開はいいが、読みとれないなんてことになっていたら・・・
日本航空乗員組合のページを読むと、
CVR破棄の危険性なんて書いてあってビックリしました。

99/05/25(火) 23:16 lakes


[188] それにしても・・・ 返信

久しぶりに書き込ませて頂きます。
私も前回の書き込み以来、「ジャンボ墜落」と「疑惑」を読ませて頂きました。例の池田氏の本は、その前に2冊目
まで読んでいたのですが、内容がほとんど「疑惑」の焼き直しと、自衛隊機衝突説の強調に終始しているだけの物
であると知って、少々残念でした。3冊目は読む気はありません。
今、議論されている諸説も、ボイスレコーダーの生音声さえ公開されればほとんど淘汰されるものだと思います。
速やかな公開を願ってやみません。

99/05/23(日) 23:25 一般市民


[187] はじまして 返信

不特定の方々に書き込みするのは始めてなので乱文失礼します。
さて、JAL123については私も大変興味があり関連図書は目に付けは読むようにしてまいりました。特に最近でたあのとんでも本については作者をぶん殴りたい衝動にかられます。
今後、このHPにおいては謎と呼ばれている部分の客観的な事実の描写をつとめてください。
また、謎とよばれている部分が本当に謎なのか?人間だれでもミスや自分にとって嫌なこと、不利になる事は公表はしないでしょう。
本件は特にそのあたりがごっちゃになったまま長い月日がたっているように思います。評論家風にいうと日本人の悪い性となるでしょう。
とくに事故を誰かのせい、というか陰謀?にしたがる事が今回の件で非常に大きなポイントのような気がします。
特にジャンボにミサイルがぶち当たったとか夜間救出がでいなかったのはなぜとか、すこしでも航空機の関係のこと調べてみれば謎とはいえないことが大きく取り上げているのはなんともいえないです。
最後に密度の濃いHPになる事をきたいします。

99/05/23(日) 15:34 Honest John


[186] Re : はじめまして 返信

>それにしても、TWA800便の墜落再現CGには鳥肌が立ちました。乗客乗員の
>恐怖は想像を絶するモノがあったでしょう。
>また、あそこまで徹底的に調査するというのもまず日本ではむりでしょうねえ。

私もあのCGには驚きました。
遺族達も参加している公聴会での公開ですからね。

またFBIに屈しず原因究明に当たったNTSBも,
日本は見習って欲しいものですが。

99/05/23(日) 10:46 こがね


[185] はじめまして 返信

はじめまして。私は航空ファンですが、
御巣鷹山事故についての疑問は角田氏の「疑惑」を読むまでは知りませんでした。
それ以来、関連図書を読み、このページを見つけました。

ところで、昨日21日にNHKでTWA800便の事故に関する番組をやっていましたが、この事故にもやはりJAL123便と同様「軍の秘密演習が絡んでいる」的な説があることを知りました。このような悲惨な事故が起こると「誰か」のせいにしたくなるのが人情なのかなあ?と思うと同時に、でも解明されない疑惑が残るのもまた事実、冷静にみていかなければ・・・と思いました。
(私自身は123便事故に関しては疑惑説を否定するものではありません、念のため)

それにしても、TWA800便の墜落再現CGには鳥肌が立ちました。乗客乗員の
恐怖は想像を絶するモノがあったでしょう。
また、あそこまで徹底的に調査するというのもまず日本ではむりでしょうねえ。

では。

99/05/22(土) 16:30 HABU BLUE


[184] 課題 返信

再調査実施の運動に関してこのホームページやあの事故に疑問を持っている人達にできる事って具体的になんでしょうか?この事が一番重要なことではないかと思います。「御巣鷹山事故の真相を究明する会」みたいな感じの団体とかってないんですか?

99/05/22(土) 07:16 SUZAN


[183] Re:ホームページ 返信

>>>>>匿名希望さんへ

>そのホームページをlakesさんから確認のご依頼があったので、他の交信記録をチェック
>せずに紹介しましたが、まずかったでしょうか?

私もあれを見てすぐ虫返しの海賊版だと分かりました。
検索かければ出て来ちゃう訳で、見るなと言う事もできませんし・・・
それにしても海賊版なのにメールアドレス載せているのは
理解に苦しむところですね。

>ここのホームページに投稿されるような方であれば、事実と推定を取り違える可能性は
>ないことと思いますが、衝撃的なタイトルカバーのあの本を見た時、中を読まないで
>自衛隊などに対して間違えた印象を抱く人がでるかもしれません。

残念ながら、大部分の日本人は、この事件の事など、どうとも思っていないでしょう。
(実際私もあのきっかけがなければ、今ここに書き込んだりしてはいなかったかもしれません。)
それだからこそ、あのような、国民をなめきった調査報告書程度で済んだ訳です。
もしこれが、例えばイギリスで起こっていたら、正確で非の打ち所のない
厳正な調査が行われていたか、或いはもっと巧妙な嘘でうやむやにされていたかの
どちらかでしょう。

大多数のイギリス人に、あんな馬鹿げた説明が通る訳がありません。
航空に無知というより、相手が「日本人 」だから、それが分かっていたから事故調も、
平気ですぐばれるような嘘をつく「手間」 しかかけなかったのです。
まるで面倒くさいとでもいうように。

マクロだなんだという話が出てきましたが、事故後14年目に入ろうとしている今、
マクロも何もありません。「隔壁説」が世間に浸透した時点で、あちら側にとっては、
この事件の処理は完了しているのです。

>再調査実施の運動に対して〜取り上げて貰えなくなります。

もし再調査が行われるとしたら、その時は日航の乗員組合や、日乗連が中心メンバーに
加わるでしょうから、そこら辺は心配ないでしょう。

99/05/16(日) 03:54 lakes


[182] ホームページ 返信

>SUZANさん
>lakesさん
>匿ちゃんさん

 ボイスレコーダのことで、勘違いをlakesさんにご指摘頂き、yahooで交信記録を検索し
ダウンロードしました。

 そのホームページをlakesさんから確認のご依頼があったので、他の交信記録をチェック
せずに紹介しましたが、まずかったでしょうか?
(オリジナルは、本ページのリンクに紹介してある、虫返しにあったとのことですが、
そこまでチェックしていませんでした。)

 池田氏の本について、
1冊目は、やや過激ですが皆さんの指摘されているように、ソース源を明確に書いていて
真実の部分も多くあるように思われたので、それはそれでいいかなと思っていました。
 ところが、2冊目、3冊目になると、事実と推定がごっちゃになっていて、読者を
惑わすような内容になっています。

 ここのホームページに投稿されるような方であれば、事実と推定を取り違える可能性は
ないことと思いますが、衝撃的なタイトルカバーのあの本を見た時、中を読まないで
自衛隊などに対して間違えた印象を抱く人がでるかもしれません。

 また、再調査実施の運動に対して、疑惑がトマホークに似た新型ミサイルの開発では、
馬鹿らしくて、取り上げて貰えなくなります。

 実例として、某Y大学の安全工学科教授が故武田事故調査委員長と平成6年の4月に、
色々な疑惑についての会談を行い、その後も手紙のやり取りをされていました。
 その中では、角田氏の「疑惑」から多くを引用しており、無人標的機やミサイル等の
質問もありました。

 この教授(故人)には、「御巣鷹山事故再調査委員会を設置して頂きたい要請」を
総理大臣に提出するなどの、計画もあったようですが、その中に無人標的機や
ミサイル云々があると、どうかなあ・・・

 この教授のレポートがホームページにありますが、URLの紹介は控えておきます。

99/05/16(日) 02:21 匿名希望


[181] Re:こんにちは 返信

>>>>SUZANさんへ

>「Re:急減圧について」について

与圧するためには、それなりの構造及び機構が必要な訳です。
本来の与圧構造でない部分は「ざる」みたいな物と思ってください。
いい例かわかりませんが、建物の構造部材と、飾り壁のようなものです。
旅客機の外板や圧力隔壁があんなに薄くて済んでいるのは、
円筒及びドーム形状をしているからです。
コクピット後方に与圧隔壁を設けようとしたら、
分厚い隔壁と潜水艦のようなドアが必要です。
(実際エアバスのA300-600STベルーガはそのようになっています。)
普通の旅客機でそのような事をしても重量増加でペイロードが減るだけなので、
旅客機では 設計段階から、減圧が起きたら酸素マスクと緊急降下で対処
するようになっているのです。
つまり、与圧漏れを止めるのではなく、与圧がいらない高度に降りるという考えです。

> 池田氏の本について厳しい批評がありますがあれはあれでいい部分もあると思います。

そうですね。事実部分だけ取れば、それなりに使い途があるわけですが、
事実と嘘の見極めが付かなければ無意味な訳で、
要は「自分」がどうかという事ですね。

>>>>匿ちゃん さんへ

なんかアングラ掲示板みたいなカキコですね。
そういうのやめません?

99/05/15(土) 20:52 lakes


[180] Re:re:Re:Re:ボイスレコーダ 返信

>匿ちゃん さん
この事故はどのくらい”マクロ”で見ればいいんですか?「隔壁説(事故調の調査)はこれこれこういう理由でおかしいから再調査の必要がある」と世間の人に知らせるだけでもこのページはいいと思いますが。”自分の身が危険にさらされる事は無い”って一般人がこの事故について疑問を抱いたりそれを口に出したりしても国家に消されるようなことはないということでしょうか?だとしたら運輸省とか自衛隊に対してボロカスに書いても大丈夫って事ですね。最後にミスリードを恐れていては事故の真相には一歩も近づけないと思います。
もしよろしければフォローお願いします。

99/05/15(土) 14:11 SUZAN


[179] こんにちは 返信

「Re:急減圧について」について
コックピットとキャビンの間にあるドアは人の力には強く(ハイジャック対策のため)、減圧には弱く(クルーの孤立防止のため)できているんですよね。747の2階部分と1階部分を結ぶ階段に機械式のシャッターがあったと思うんですがそれは2階部分の減圧をくい止めるには役立たないんですか?(どのみち減圧してからじゃ遅いだろうが)
池田氏の本について厳しい批評がありますがあれはあれでいい部分もあると思います。あの独特な文章は気になりますが、引用の出所・参考資料が章ごとにきっちり書かれてあって参考になります。特に雑誌・新聞について日付とかが詳しく書かれてあって資料探しに役立つと思うんですが。でもあれだけ参考にしたものがあるのならもう少し落ち着いたものを書いて欲しかったですね。

99/05/15(土) 13:33 SUZAN


[178] re:Re:Re:ボイスレコーダ 返信

>http://kenji.fureai.or.jp/data/jal123/index.html
虫返しVol.4の丸写しだよ。
このkenjiってのは、何を考えてアップしているんだろうか?
でも、虫返しの方は更新が進んでない事から、半年前くらいに
作者にメールで連絡を取ったが、米兵にコンタクトするとかいってたな。

JAL関係が一段落したら、○○○教団関係の裏を暴くつもりだとか。
皆さんも、目先の考察をするのも一つの方法だが、もっとマクロで
導き出さないと全体像がぼやけて、結果、幾段階もあるミスリードの
一つを掴ませられるのがオチ。
だからと言って、池田氏を支持するわけでもないですが、あれも事実から
目を背けさせる為の混乱した情報であるらしい。
つまりあんな事を描いても、自分の身が危険にさらされる事は無い、一種の
飼い犬だとか。

99/05/15(土) 12:26 匿ちゃん


[177] Re:やはり挫折しました 返信

>池田氏の本について、みなさんもだいぶ辛いご意見のようですね。
>やはり前作同様に…だろうか? 調子で、トマホークミサイルが出てきた段階で読むのをやめてしまいました。
 
 池田氏は、トマホークミサイルやレーザ誘導ミサイルについて理解していないし、新型ミサイルの
開発の為に民間航空機をターゲットにする(日本人の発想にはないはずだけど)なんて、
馬鹿らしいだけです。

>前作のファイヤービー説はどこへ行ってしまったの?

 ファイヤービーを発射/コントロールするためには、訓練支援艦「あづま」が不可欠で、
その「あづま」が事故当日、呉に停泊していたことが分かったからではないですか?

 逆に、事故調の報告書に対する疑問点、事故調が主張する事故原因に対する検討、破壊経過についての考察
などに関し、色々なデータを元に科学的に理路整然と記述してあるホームページを見つけました。
 日本乗員組合関係者が書かれたもので、方向舵のフラッターが原因とされています。

 http://www.phenix.or.jp/jffcu/issue/genatsu/MOKUJI~1.HTM

99/05/15(土) 01:27 匿名希望


[176] Re:急減圧について 返信

>客室に急減圧があっても
>コックピットだけある程度の気圧が
>保たれるということはないんでしょうか?

ありません。

99/05/15(土) 00:47 lakes


[175] 急減圧について 返信

急減圧について素人の質問で申し訳ないんですが、客室に急減圧があってもコックピットだけある程度の気圧が保たれるということはないんでしょうか?

99/05/14(金) 23:57 777


[174] Re:Re:ボイスレコーダ 返信

>それは、そのような回路及び機能が実装されているという事ですか。
>それとも単に理論上だけの話ですか。

ハウリング防止のように、アンプの入り口で無線交信の音声の極性を逆にして加えれば
出来るので、そのような回路を作ることは可能ですが意味がないので、CVRに実装されては
いません。


>確認したいので、そのページのURLを教えて頂けませんか。

http://kenji.fureai.or.jp/data/jal123/index.html
http://www.lab06.ee.u-tokai.ac.jp/~7jeem005/JL123Comm/

ついでに、勘違いしたホームページです
http://www2s.biglobe.ne.jp/~tatumi/jal123/kousin01.htm

99/05/14(金) 23:14 匿名希望


[173] やはり挫折しました 返信

池田氏の本について、みなさんもだいぶ辛いご意見のようですね。
やはり前作同様に…だろうか? 調子で、トマホークミサイルが出てきた段階で読むのをやめてしまいました。 前作のファイヤービー説はどこへ行ってしまったの?
さて、話は変わって、図書館で見つけた本を紹介しましょう。
川北宇夫氏著作の【墜落事故のあと】と言う本を見つけました。川北氏はこの事故で娘さんを亡くしたそうです。
事故原因等については記述が少ないですが、その当時の家族の気持ち、警察及び日航の対応など非常に詳しく書いてあり、一読の価値ありです。

99/05/14(金) 23:00 てつ


[172] わたしもちょっと・・・ 返信

初カキコです、よろしくお願いします。
私も池田氏の本を3冊とも読みましたが、1冊目より2冊目、2冊目より3冊目
と進むほど、理路整然としてこない珍しいシリーズ本だと感心しています。
あそこまで具体的な根拠を挙げずに自衛隊、米軍に原因をなすりつけていいのか?
この事件を踏み台にして、自衛隊、米軍を非難してるだけじゃないでしょうか?

私は大学時代(昭和57年)、衝撃波管を使った高速流体の研究をしていました。
具体的に言うと、全長15メートル、直径20センチくらいの密閉された
鉄管の中を端からIメートルくらいのところに隔膜をつくり、高圧部と低圧部
に2分します。高圧室には加圧(数値は忘れました)した炭酸ガスを満たし、
低圧室は限りなく真空に近づけます。ある一定条件で隔膜を破ると、音速以上
(数値は忘れました)の速度の衝撃波が発生します。

事故原因が隔壁だと聞いたとき、大学時代に研究していたメカニズムそのまま
だったので「なるほどな」と思って長らく信じていました。
しかし、最近、キャビン内に減圧はなかったことを知り、垂直尾翼破壊の原因
に興味を持ち始めました。
政治的にか、軍事的にか、とにかく何らかの利権が絡んでうやむやにされている
のだと思います。今後も私たちが安心して航空機が利用できるよう、国民の立場
に立った事故調査報告書を作ってもらいたいものです。

99/05/14(金) 19:04 monaka


[171] 池田氏の本はちょっと。。 返信

池田氏の本は私も読みました。あの本は本当に「ないだろうか?」調の仮説文ばかりで「どういう根拠でそうなるの?」と読んでいて首をかしげることばかりで、
トンデモ本に近い類の本だという印象です。
ひきかえ、角田氏の「疑惑」は、実体験で御巣鷹山に事故後すぐに登るシーンなど
ドキュメンタリーとして読んでも非常に面白く、仮説も筆者の性格か控えめだが、
読んでいて「もしかしたら」と思わせるものがありました。
言うなら、池田氏のは「机上の空論」という印象でした。

 この事故は、私の住んでいる群馬県高崎市の近くで起きたということもあり、事故のときに「雷が落ちるようなすごい音がした」という話を藤岡に住む友人などから聞いて前から興味をもっていました。
 事故のとき、私はたまたま北海道に旅行中で、「なぜ、東京発の便が群馬なんかに?」と非常に不思議に思ったことを記憶しています。
こういうページで問題提起し、真相を考えて行くことは、今後同じような事故をなくすためにもまた犠牲者のためにも重要じゃないかと思います。

99/05/14(金) 17:48 西ヤン


[170] Re:ボイスレコーダ 返信

>>>>匿名希望さんへ

> lakesさん、ありがとうございます。
> ご指摘の通りでした。

ご理解いだだけて幸いです。

> 実は、コックピット内の会話が記録できて、交信記録のみ入らないのは不自然だなとは
>思いましたが、対空無線機への音声信号を使ってCVRの入力から差し引くのは、不可能
>ではないので・・・・(言い訳モード)

それは、そのような回路及び機能が実装されているという事ですか。
それとも単に理論上だけの話ですか。

> 早速、事故調報告書によるCVR全記録をホームページからロード致しました。
> lakesさんの書かれた通り、4チャンネル+警報音等が1秒単位で記載されていました。

確認したいので、そのページのURLを教えて頂けませんか。

99/05/14(金) 01:24 lakes


[169] ボイスレコーダ 返信

 lakesさん、ありがとうございます。
 ご指摘の通りでした。

 事故機と地上管制との無線交信記録ー運輸省公開部分ーと、ボイスレコーダー(操縦
室音声記録装置)の記録内容が、並べて書いてあり、ボイスレコーダー側には交信記録
が入っていないホームページや、
3回分のボイスレコーダーの解読結果を並べて書いてあり、この中に交信記録がない
別のホームページもあったので、
誤解してしまいました。

 なお、これらのホームページにも、CVRの説明には地上との交信記録も録音される
と書いてありました。

 実は、コックピット内の会話が記録できて、交信記録のみ入らないのは不自然だなとは
思いましたが、対空無線機への音声信号を使ってCVRの入力から差し引くのは、不可能
ではないので・・・・(言い訳モード)

 もっとも、地上で認識している交信内容と、機上で認識しているそれが異なった場合も
事故になる可能性があるのだから、交信記録が入っていないのはあり得ないですネ。

 早速、事故調報告書によるCVR全記録をホームページからロード致しました。
 lakesさんの書かれた通り、4チャンネル+警報音等が1秒単位で記載されていました。

 また、航空実用辞典でCVRのブロック図や写真も確認しました。
 B747の場合は、乗員の会話等を入力する為に、操縦士の頭上にある操作パネルの
中央付近に、エリアマイクという名前で取り付けられていることも分かりました。
(SRと配置が違うかもしれませんが・・・メーカはコリンズ?)

 このような間違いをしない為もあり、ジャンボ墜落、墜落の夏、日航ジャンボ機墜落
の3冊を、昨日本屋に注文しました。

99/05/14(金) 00:59 匿名希望


[168] 御無沙汰です 返信

皆さん ホント詳しいですね。
勉強になります。

99/05/13(木) 23:35 100年プリント


[167] Re:Re:Re:Re:「あっ!」について 返信

>>>匿名希望さんへ

> 勘違いがありましたので、訂正をさせて頂きます。
> パイロットの無線交信音声は、ボイスレコーダには記録されないようです。
> 事故調査報告書の85.8.27解読,86.3.28解読,87.6.19解読された
>記録をみると、この中には無線交信の内容は含まれていません。

それはちょっとおかしいのでは?

事故機のCVRは4トラックあり、
1/コックピット内音声
2/機長のマイク
3/コパイのマイク
4/FEのマイク
の4つから音声が入力されるように
なっています。

パイロットの使うヘッドセットには
マイクとイヤフォンがついています。
ATCの音声はイヤフォンでも聞けますし、
コクピット天井のスピーカーからも
流せるようになっています。
なお、酸素マスクをつけた場合には、
セレクターで入力を酸素マスクにしないと、
酸素マスクのマイクからの入力はできません。

私は報告書は持っていないのですが、
Internetで集めた筆記録のスキャン画像を見ると、
次の欄にわかれて記入されています。
1/警報音等
2/操縦室内音声収録用マイク
3/副操縦士(右)席=機長
4/機長(左)席=副操縦士
5/航空機関士席

それを見ると2/操縦室内音声収録用マイクに
123便のATCへの交信内容が載っていますし、
3/副操縦士、4/機長にも、123便とATCの交信内容が
記載されています。

マイク入力はラジオだけでなく、
コクピットクルー間のヘッドセットによる通話や
キャビンとのインターホン通話にも使われますので、
ラジオへの入力だけをカットするというのは、
CVRの性格上不自然だと思いますが、
何か確実な資料をお持ちなのですか。

もしそうだったとしても、
酸素マスクをつけていなかった以上、
コクピットクルーの発言はATCに向けたものも含めて全て
操縦室内音声収録用マイクで録音されているはずです。

99/05/13(木) 04:04 lakes


[166] Re:Re:Re:「あっ!」について 返信

>かなり初期の段階から「あっ!」の記録は表に出ていたのですね。

勘違いがありましたので、訂正をさせて頂きます。
 パイロットの無線交信音声は、ボイスレコーダには記録されないようです。
 事故調査報告書の85.8.27解読,86.3.28解読,87.6.19解読された
記録をみると、この中には無線交信の内容は含まれていません。
 従って、ボイスレコーダに「あっ!」がなくても、おかしいわけではなく、ボイスレコーダ
と交信記録を時間を合わせて重ねて書いている資料が多くあったので、誤解したようです

 ただし、「あっ!」と言ったと思われる時の、ボイスレコーダ解析結果を1回目と最終回を比べると
1回目の機長の発言は
48:49 パワー、パワー
48:58 パワー、ふかしましょう(コパイの発言?)、ああ、だめだ・・・
3回目の発言は
48:54 ハー、ハー、ハー、ハー、ハー(荒い呼吸音)
48:59 パワー
49:00 ハー、ハー、ハー、ハー、ハー(荒い呼吸音)
と微妙に変化しています。

報道特集によると48:54に無線マイクのスイッチが入り、59秒に「あっ!」と悲鳴の
ように聞こえ、49:04にスイッチが切れています。
また、フライトレコーダの解析結果から、この悲鳴の前は急降下しておりその後には急上昇
していることが分かっています。
何度もこの発言を聞いてみましたが、「パワー」よりも「あっ!」に聞こえました。
(地上に衝突する恐怖を感じた悲鳴ではないかな?)

従って、事故調査委員会の1回目の発表は、ほぼ真実で、3回目は圧力隔壁破壊による減圧
で、パイロットたちが低酸素で操縦していると思わせる為に改竄した可能性があります。

>ふれ込みで遺族に聞かせているのを見て、ほんとシラけました。事故の記憶を大衆に思い出さ
>せる点では成功でしょうけど、過去の放送を知っているものとしてはバカにされたような気分
>でした。

 確かに、交信記録は2度目なのでスクープでも衝撃の発表でもないのですが、元日本航空乗員組合
の藤田さんが事故調査委員会の実験では低酸素でも操縦できるとした発表を疑問に思い、退職後に
ご自分で低酸素での操縦は不可能との実験結果を公開された部分は、意義あると思います。

99/05/13(木) 01:48 匿名希望


[165] Re:爆発物 返信

> ただし、APUはあの程度の高度(7000m)になると動作を止めるとのことなので
>可能性は薄いようです。

APU燃料パイプから漏れた燃料が気化し,それが何らかの理由で引火して
爆発(ラダー,エレベータの破損,バルクヘッド(隔壁)にヒビ発生)という
事故が737で数件発生しSBが出されたという事例から,事故直後はこの
原因も考えられていたようです。

99/05/12(水) 19:14 こがね


[164] Re:Re:「あっ!」について 返信

lakesさん、匿名希望さん、ももじろうさん ありがとうございました。

かなり初期の段階から「あっ!」の記録は表に出ていたのですね。

> 一方、事故発生から2年程度経過したとき、TBSの報道特集で初めて生の交信記録が
>スクープという形で、放送されました(VTRに録画しております)

 もう12年前になりますかぁ、私も当時の放送を見ました。去年のTBSの放送も12年前
の交信テープを引っぱり出してきて短くカットしただけなんでしょうね。衝撃初公開みたいな
ふれ込みで遺族に聞かせているのを見て、ほんとシラけました。事故の記憶を大衆に思い出さ
せる点では成功でしょうけど、過去の放送を知っているものとしてはバカにされたような気分
でした。
 最近ネットで出回っている交信wavファイルは、あの中途半端なファイルの区切り方からし
て、12年前のTBS報道特集の音声を誰かがそのままwavに起こしただけなのでは?と考え
ているのですが、実際どうなんでしょうか?それとも両者は全く別物でしょうか?

99/05/12(水) 19:06 727


[163] Re:Re:「あっ!」について 返信

こんにちは、ももじろうです。

>> やっとのことで、押入の中から航空無線ハンドブック89年版(イカロス出版)を見つ
>>けだしました。1988年出版の本です。
>>やはりこの本にも「うあっ!(48分58秒)」との記載がありました。
>
> ところが1年後に出版された航空無線HAND BOOK1990では、
>ボイスレコーダの内容として、
>48.58 パワー(キャプテン)「警報音」(ビーポン)始まる。・・・・
>となっており、前後にも「うあっ!」の記述はありません。
>
> また87年6月16日の最終報告書による筆記録公開部分によると、
>48:54 機長「ハー、ハー、ハー、ハー、ハー、(荒い呼吸音)」
>48:59 機長「パワー」
> となっており、やはり「あっ」の発言はありません。
>
> 一方、事故発生から2年程度経過したとき、TBSの報道特集で初めて生の交信記録が
>スクープという形で、放送されました(VTRに録画しております)
> それを、聞くと確かに「あっ」と悲鳴のような、音声が聞こえています。
>
私も去年の年末にあったTBSの特集で確かに「あっ」を聞きました。
私の解釈では、「ハー、ハー、ハー」「パワー」の一部が偶然にも交信が
繋がった状態ではいってしまった、と思いますがどうでしょうか?

「ぱうあぁーっ」「はあっ、はあっ、はあっ」という感じで。

この部分はあまり改竄の余地はないような気がします。
他に気になるのは、

「PO2 ボトル」
「フラップみんなでくっついちゃダメだ」
「たいとおっしゃる方が」        です。

やはり真実を公開してほしいですね。

99/05/12(水) 09:52 ももじろう


[162] Re:爆発物 返信

>垂直尾翼の破損について急減圧が原因ではないとすると爆発物が仕掛けられていた可能性が
>あるのではないでしょうか?

 たしか、事故現場の検証結果で爆発物等によるテロの可能性はないと報道されたように記憶
していますが・・・。

 また、尾翼付近が若干吹き飛ぶような爆発をさせようとすると、外からでは無理だし、
圧力隔壁より後方に入り込む必要もあり、まず無理でしょう。

 残る可能性は、フラッターとAPU爆発説かな?
 ただし、APUはあの程度の高度(7000m)になると動作を止めるとのことなので
可能性は薄いようです。

99/05/12(水) 00:43 匿名希望


[161] Re:「あっ!」について 返信

> やっとのことで、押入の中から航空無線ハンドブック89年版(イカロス出版)を見つ
>けだしました。1988年出版の本です。
>やはりこの本にも「うあっ!(48分58秒)」との記載がありました。

 ところが1年後に出版された航空無線HAND BOOK1990では、
ボイスレコーダの内容として、
48.58 パワー(キャプテン)「警報音」(ビーポン)始まる。・・・・
となっており、前後にも「うあっ!」の記述はありません。

 また87年6月16日の最終報告書による筆記録公開部分によると、
48:54 機長「ハー、ハー、ハー、ハー、ハー、(荒い呼吸音)」
48:59 機長「パワー」
 となっており、やはり「あっ」の発言はありません。

 一方、事故発生から2年程度経過したとき、TBSの報道特集で初めて生の交信記録が
スクープという形で、放送されました(VTRに録画しております)
 それを、聞くと確かに「あっ」と悲鳴のような、音声が聞こえています。

> しかし、何故この「あっ!」という交信が123便から発せられたものだということに
>なっているのでしょうか?報告書ではボイスレコーダーにも記録されていないとされてい
>るのに・・・。叫ぶといった状態は123便くらいだろうという単なる憶測なのか?

 私は、今までこの「あっ」は事実で、ボイスレコーダの解析結果にも記載があるものと
思っていました。

 可能性としては、
1.ボイスレコーダからは読み取れなかった(発表の度に内容が変わっている)。
2.ボイスレコーダの解析結果として、故意になかったことにした。
3.報道特集でねつ造した、又は他の航空機の通信を123便のものと勘違いした。
  などが考えられますネ。

99/05/12(水) 00:26 匿名希望


[160] Re:今日も晴れ 返信

>墜落翌日の毎日新聞には、当日の123便飛行予定コース
>(羽田、伊豆半島、串本、大阪)の図が載っているのですが、
>どのような理由で通常飛行コース(羽田からほぼ一直線で
>大阪となってます)を飛ばなかったのでしょうか。

羽田から西へ向かう場合は、
大まかに分けて、座間経由、横須賀経由、大島経由の
3つがありますが、大阪に降りる場合は、そのどれもが
愛知県知多半島南端の河和VORTACを通過します。
河和通過後、紀伊半島を3分の2程西進ののち、
伊丹へ南東の方角からアプローチします。

123便の予定していたコースは、この通常とられるコースより
大幅に遠回りで、経済的に宜しくないコースです。

通常コース変更の理由としては天候ですが、
当日、本州内陸部に雷雲が発生していたそうなので、
この雷雲を避ける為とも考えられます。

鎌田 慧(またか・・)の「大空港25時 」に、
これと同じ話が載っています。
横須賀を通過後、前方に積乱雲が急速に発達してきたため、
太平洋に逃げて紀伊半島を北上して伊丹に着いたそうです。

99/05/12(水) 00:24 lakes


[159] Re:「あっ!」について 返信

>やはりこの本にも「うあっ!(48分58秒)」との記載がありました。

詳しい事は知りませんが・・・
私の手元にある航空情報85年11月号にも載っています。
少し前、偶然古本で購入したもので、事故後の最新号です。
筆記録が掲載されていて、それの48分58秒のところに
(「うわっ!」をACCで聴取)とありますから、
123便のものと考える事もできますが・・・

ちなみにこの筆記録は
「スイッチを押している方が〜」
で始まっています。

99/05/11(火) 23:51 lakes


[158] 今日も晴れ 返信

はじめまして。
墜落翌日の毎日新聞には、当日の123便飛行予定コース(羽田、伊豆半島、串本、大阪)の図が載っているのですが、どのような理由で通常飛行コース(羽田からほぼ一直線で大阪となってます)を飛ばなかったのでしょうか。
失礼しました。

99/05/11(火) 23:31 考える人


[157] 返信

lakesさんご教授ありがとうございます。
ということは、123の前後に自衛隊機が飛んでいたのだとしても
直接交信はしていなかった可能性が高いというわけですね。
参考になりました。ありがとうございます。

99/05/11(火) 23:16 Tomoki


[156] 爆発物 返信

垂直尾翼の破損について急減圧が原因ではないとすると爆発物が仕掛けられていた可能性があるのではないでしょうか?その理由として
1、垂直尾翼に何かが衝突して破損した可能性が極めて薄い。現在推測されている物は根拠に乏しすぎるのでは。
2、急減圧がなかったのは明かに近く、圧力隔壁が破損してしまいそこから垂直尾翼が破損したことは考えにくい。
3、垂直尾翼付近が破損することは油圧系統をすべてダウンさせることができ操縦不能に落ちいらすことができることで墜落させようとしたのではないか、つまりその構造をよくしっている物が爆発物を使用して墜落させた。しかもそれを隠して他の原因で墜落したように見せかけることができた。

なぜそのようなことをしなければならなかったかはわかりませんが・・・
推測の推測ですがありえるのではないでしょうか。

99/05/11(火) 22:41 安全運行祈願


[155] 「あっ!」について 返信

 やっとのことで、押入の中から航空無線ハンドブック89年版(イカロス出版)を見つけだしました。1988年出版の本です。たしかこの中の「緊迫の交信記録」というコーナーで123便の交信記録が紹介されていた記憶があったからです。去年のTBSの放送で紹介されていた123便の「あっ!」という交信の部分を確認したところ、やはりこの本にも「うあっ!(48分58秒)」との記載がありました。
 しかし、何故この「あっ!」という交信が123便から発せられたものだということになっているのでしょうか?報告書ではボイスレコーダーにも記録されていないとされているのに・・・。叫ぶといった状態は123便くらいだろうという単なる憶測なのか?本物のボイスレコーダを聞いた人が漏らした?その辺の経緯がいまいち良くわかりません。詳しい事を知っている方、是非教えていただけませんでしょうか?

99/05/11(火) 22:04 727


[154] Re:そもそも 返信

>救助活動が明らかに操作されています。現場が特定できている
>のに、不特定だったという理由もつけられますが、何故、消防団等の地元の救助
>隊の活動を妨害したのでしょう。それと、技術的根拠としてみられる外部からの
>力が機体にあったということは、なにが外部からその力を与えたんですか?

え〜、私には両方とも分かりません。

と言ってしまうと、身も蓋もありませんが、
現在出版されている書籍又は巷の噂で、
明白な証拠を提示しているのは、
私の知る限りありません。
(どなたか知っていたら教えてください。
私からもホントお願いします。)

まあ、だれが救助を遅らせたかと言えば、
これはもちろん日本政府以外の何者でもないんですが・・・

事故原因、救助の遅れ等について巷間いろいろ言われていますが、
証拠がない限りは、いくら真実であっても陽の目を見ない訳です。
まあ、真実を知っている人は墓まで持っていくんじゃないでしょうかね。

再調査が開始されるまで、事件が風化しないよう頑張るしかない訳ですが、
仮に再調査が行われたとしても、
絶対に真実が分かるとは限らないかもしれません。

ま、お互い頑張りましょう。

99/05/11(火) 01:17 lakes


[153] Re:自衛隊機はVHFを積んでいたか? 返信

>当時の自衛隊機はVHFの無線機を積んでいたのでしょうか?

85年当時、F-1とF-4EJはUHFのみです。
RF-4EはVHFとHFも積んでました。
F-4EJは「改」になってからVHFも積んでいます。
T-33もUHFのみでしょう。

F-15Jは最初からUHF・VHFです。

F-4EJ・T-33の場合123便と
直接交信はできなかった事になります。

ただ、誘導する場合は、前に出て翼を振れば、
「誘導する」を意味するという事は
パイロットならだれでも分かります。

123便の場合、無線機も計器も生きていたので、
横田のレーダーベクターを利用できる条件は、
操縦不能以外は揃っていたわけで、誘導という
点では他機の援助はどちらかというとあまり必要ではなく、
むしろ重要なのは機体外部の目視点検で、垂直尾翼の喪失が
伝えられていたらという点です。

もっとも、それで何が変わったという事もなかったでしょうが。
ハイドロが切れてるのは分かっていたようですし・・・

99/05/11(火) 00:55 lakes


[152] そもそも 返信

初めて書きこまさせてもらいます。
墜落原因に関する発言は勉強不足なので出来ませんが、墜落後の活動について。
リンク先(添付)の日本乗員組合等のHP、当時の新聞記事などから書くことが
できる事実として、救助活動が明らかに操作されています。現場が特定できている
のに、不特定だったという理由もつけられますが、何故、消防団等の地元の救助
隊の活動を妨害したのでしょう。それと、技術的根拠としてみられる外部からの
力が機体にあったということは、なにが外部からその力を与えたんですか?

http://www.phenix.or.jp/jffcu/issue/genatsu/PART2~1.HTM

99/05/10(月) 02:06 きび


[151] Re:教えてください 返信

私は去年の今頃
クロネコヤマトのブックサービスで購入しました。
買うのなら書店で取り寄せてもらっても
別にいいんじゃないですか。
「疑惑 角田四郎 早稲田出版」
でOKですし、(まだ絶版ではないよね。)

99/05/09(日) 23:33 lakes


[150] 教えてください 返信

大阪か兵庫県で角田氏著書の「疑惑」を常時販売している書店、または置いてある図書館をご存知の方教えてください。お願いいたします。

99/05/09(日) 23:07 ゼロファイター


[149] ありがとうございました 返信

てつさんこんばんは。
詳しく書いていただいてありがとうございました。私は関西在住の者ですので出来るだけ近くまで電車で行き、そこからレンタカーを借りて行く事にします。

99/05/09(日) 20:31 今村


[148] 慰霊登山について 返信

〉今度機会があれば御巣鷹山事故現場へ慰霊登山をしたいと思っているんですけど
こん××は、今村さん。
現地への交通手段ですが、車で行った方がよろしいでしょう。私は、三月に行って来ましたが、積雪のため登山口手前で断念し、慰霊の園へ行って来ました。山開きは、五月以降となっていましたので、今ならば積雪もなく入山可能だと思います。
さて、交通手段ですが私は埼玉県に住んでいるので、国道299で行きました。
上野村からは山道に入りひたすら上っていきます。バス等は出ていないので、やはり車がないといけないでしょう。道路状況は、途中まで発電所工事に伴う拡幅でだいぶ広くなっており、問題はないです。ただし、ダンプカーの往来が激しく要注意!! 工事現場をすぎると、比較的細い林道になっていますが、舗装はされているので、登山口までは問題ないでしょう。そこからは、徒歩になるそうですが、掲示板によると、墜落現場まで一時間程度とのことです。
私も近々登ってこようと思っています。

99/05/09(日) 15:23 てつ


[147] 返信

今度機会があれば御巣鷹山事故現場へ慰霊登山をしたいと思っているんですけど、現地までの交通手段等詳しくどなたかおしえていただきたいのですが、よろしくお願いいたします。

99/05/08(土) 23:39 今村


[146] 間違えました。 返信

すみません。下の書き込みの周波数は122.60か121.50の間違いです。

99/05/08(土) 17:46 Tomoki


[145] 当時の自衛隊機はVHF機を積んでいたか? 返信

ひとつ教えていただきたいことがあります。
角田氏は「疑惑」の中で。123便と自衛隊機が交信していたという推論を
出しておられますが、当時の自衛隊機はVHFの無線機を積んでいたのでしょうか?
V/U両方積むようになったのは最近のことだと何かの本で見た覚えがあるものですから。
交信するとすれば、122.60MHzか123.10MHzしかないはずですし。
どなたかご教授お願いいたします。

99/05/08(土) 17:43 Tomoki


[144] Re:Re:新刊が出たのですが… 返信

> 完璧にいっちゃています。
> 私も、前作、前々作を買ってしまいましたが、新作は馬鹿らしくて止めました。
こん**は,ハンプです。
先日は,私の書き込みミスを指摘していただいて有り難うございます。
私も,前回,前々回作を買った口ですが,前回作は途中まで読んで放り投げてあります。
今回の著書も今度は何を書いたんだかと,違う意味では興味有りますが,現物はまだ
見ていません。
たぶん,買わないと思います。
前回,前々回で懲りました・・・・
最近出版された書籍では,「墜落遺体」意外,まともな本は無いと思っています。

> 前々作のファイヤービー衝突説が読者からの指摘で不都合があることが分かると、
>前作ではファイヤービーを改良したトマホークのような艦対空超精密レーザ誘導兵器を
>「まつゆき」から発射したことになっています。
なんたって,人工知能!!ですからねぇ。
しかも自衛隊と米軍の共同開発の秘密兵器らしい?
だったらなおのこと日本上空で秘密の実験なんてやらないって!!
機密保持能力は後進国以下の日本上空で米軍がそんな機密事項のテストをやる分けないね。
自動識別,自動攻撃の技術があれば,最近問題になっているユーゴへの誤爆なんて簡単に
防げると思います。
>
> これらに反論するのは馬鹿らしいのですが、この著者がよく知らないで、推論に推論を
>重ね、自衛隊を故意に悪者にして書いている点を一部指摘しておきたいと思います。
> この著者が、書いた内容を確認もせず出版するのは勝手だが(自衛隊から名誉毀損で
> 訴えられるかな?)、急減圧発生に対する疑問から、再調査を希望している人たち
> (小生も)の運動に悪影響がないか心配です。

情報公開法も可決されたみたいだし,(問題だらけだけど・・)
ホント邪魔しないで貰いたいってな感じですね。
まぁ,自衛隊の人達も笑って読んでるとはおもいますが・・・・

この事故の犠牲者名簿の中の乗務員の名前の中にに友人の名前がなければ,こんなトンデモ本も面白おかしく読めたのかもしれません。
しかしCAとして乗務していてわずか24歳で死んだ友達の事を思うと笑って読むわけにはいきませんね。

99/05/08(土) 04:40 K・SUZUKI


[143] Re:新刊が出たのですが… 返信

>今日、書店で池田昌明氏著作の【JAL123便空白の14時間】と言う本を買ってきました。
>前作、前々作と読みましたが、内容に仮説的な部分が多く …ではないのか?、…であろうか? 
>と言う記述が多々見られ、かなりいっちゃてるなぁー!?と言うのが感想でした。 

 完璧にいっちゃています。
 私も、前作、前々作を買ってしまいましたが、新作は馬鹿らしくて止めました。

 前々作のファイヤービー衝突説が読者からの指摘で不都合があることが分かると、
前作ではファイヤービーを改良したトマホークのような艦対空超精密レーザ誘導兵器を
「まつゆき」から発射したことになっています。

 これらに反論するのは馬鹿らしいのですが、この著者がよく知らないで、推論に推論を
重ね、自衛隊を故意に悪者にして書いている点を一部指摘しておきたいと思います。

1.何度もコメントしているように、造船所が艤装した装置の確認の為に行っている公試中
  (試運航となっているもの)に、新型兵器の実験など行う訳がない。

2.トマホークミサイルは、地上施設など動かない物を破壊する為の兵器で、発射する前に
  読み込ませた地形データと航行中の高度データ(以前は電波高度計で、最近はGPSで
  取得する)と比較しながら飛んで行き、ターゲットを破壊する物である。
  従って、対空目標(この場合JAL123便とされている)とトマホークミサイルは
  相容れない。

3.超精密レーザ誘導兵器とは、レーザ光が照射されている場所をターゲットとして、
  ミサイル自身が飛んで行く物であり、弾着するまでターゲットにレーザ光を照射する
  必要があることから、地上施設か戦車がターゲットになる。

4.ファイヤービーに似た兵器の中に、敵味方を識別する装置などの人工知能が組み込まれて
  いるとあるが、敵味方識別装置は約1GHzの電波を送受信する必要があり、それだけで
  ファイヤービーより遙かに大きくなる。

 この著者が、書いた内容を確認もせず出版するのは勝手だが(自衛隊から名誉毀損で
 訴えられるかな?)、急減圧発生に対する疑問から、再調査を希望している人たち
 (小生も)の運動に悪影響がないか心配です。

99/05/07(金) 08:26 匿名希望


[142] 補足:関係ないですけど・・・ 返信

すいません
下の[141]の件、

URLが表示されませんでした。
Unusual Aviation Pictures

http://www.n-w.de/top/

です。

99/05/07(金) 00:44 lakes


[141] 関係ないですけど・・・ 返信

123便事件とは関係ないのですが、
面白い航空関連サイトを見つけたので
紹介します。

Unusual Aviation Pictures


その名の通り”Unusual”な状態の
飛行機の写真満載です。
あんなのやこんなのや、
えーっ!!と思うものまであります。

ま、ご飯が食べられなくなる
といった類のものではありませんから
安心して見てください。

珍しいところでは
367-80のバレルロール、
コンコルドの香港カーブ、
C-130の空母着艦のムービー(リンク)
があります。

あと恐らくスコットランドの
パンナム機爆破に関連した実験 (だと思ったが・・) で、
実機の747を上空で加圧した状態で
プラスチック爆薬で爆破する実験の
ムービーもあります(リンク)。

あちらさんはきちんと実機で
実験してるんですね・・・

重いので、寝ている間に
ダウンロードしておくのが吉。

99/05/07(金) 00:39 lakes



管理者:SUZAN