「御巣鷹山ホームページ」へ戻る

御巣鷹山事故ゲストブック過去ログ4

御巣鷹山ゲストブックの書き込みログです。書き込みを消去したいという方はご連絡ください。


[331] 交信記録 返信

 見出しの件、最初に発表されたものも、重視すべきと思います。最終報告のものは、疑問が多すぎますので。

99/07/28(水) 22:40 SEE


[330] Re:ファイルをお持ちの方 返信

 京田さんへ

 このゲストブックの過去ログでも紹介されているgeocitiesのサイトにさっきアクセスしてみましたが、
File Not Foundになります。(間違えていたらごめんなさい)
 
 そのかわりといっては何ですが、私の知っているWEB SITEを紹介します。
 URLをここに書いてもいいものかどうか判断がつきかねるので、申し訳無いですが、ヒントのみと
させてもらいます。
 キーワードは、「アテナ」です。サーチエンジンで検索してみてください。
 wav.ファイルと、交信の筆記録をテキストファイルにしたものがダウンロードできるはずです。

99/07/28(水) 21:06 ニック・ジャガー


[329] ファイルをお持ちの方 返信

JL123の事故から14年経ちますが、わたしはいまだに心を痛めております。
交信記録を読んでも、涙が出てきます。残念でなりません。
この交信記録がWEBで公開されていたそうですが、どなたかファイルを
お持ちの方はいらっしゃいますでしょうか?
もし、いらっしゃったら頂きたいのです。
宜しくお願いします。

99/07/28(水) 16:29 京田 猛


[328] ハイジャック・横田 返信

 先日のハイジャック事件、本当に残念でした。羽田は到着口からは、自動ドアが
開かないようになっていましたが、現在は、どうでしょうか?関西空港は出発・到着とも同一階なので、逆流しやすいです。わずかな油断が、時に、重大な結果を引き起こすことがあることを、関係者は再認識して頂きたい。犯人の指定したルートは、横田の方へ行ってますが、123便を意識していなかったと思います。
 ところで、123便が横田へ着陸できなかったか、論点になっています。
 ボイスレコーダーの記録を見ると、フラップを下げていません。下げたのは山間部に行ってからです。電動でフラップを下げるのには時間がかかるので、万一、着陸できないときは、フラップを上げる必要もあり、また、横田は滑走路も長く、ぎりぎりまで、フラップを下げないつもりだったかも知れません。「機長の、これは、だめかも」の発言は「横田は人家等で無理」の意味にも取れます。
 山間部でフラップを下げているのも不可解です。不時着する場合、フラップを下げるか否かも論点です。日航のマニュアルは、どうなっていたのでしょうか?
 長々と失礼しました。

99/07/27(火) 21:13 SEE


[327] ちょっと、本の紹介を・・・(2) 返信

 みなさん、こんばんわ。

 「沈まぬ太陽」(三)〜御巣鷹山篇〜の発売日が判ったのでとりあえずお知らせしておきます。
 7月29日(木)です。

 ところで、先日のANAのハイジャック事件には驚かされましたね。亡くなられた機長のご冥福をお祈りします。
犯人が指定した飛行ルート・・・JAL123便を意識していたんでしょうか?何となく気になります。
 それから、事前に犯人が送付していたと言う警備上の問題点を指摘した文書に対して、何も対応しなかった
関係者の責任問題について、マスコミが言及する様子の無いのは、疑問に思います。
 迅速に対応していれば、あるいは犠牲者を出さずに済んだかもしれないのにと思うと・・・ 

99/07/26(月) 23:14 ニック・ジャガー


[326] 返信

>同じであるような印象を受けました (゜o゜)!!赤い車を使って・・・?w(☆o◎)wドヒャ-

って、やはりこれですか?

江崎勝久・グリコ社長宅(兵庫・西宮)東隣の母親方に、短銃を持った2人組みの男が侵入。
夫人が1千万近い現金を差し出したが、男の一人は「金はいらん、勝久はどこや」とはねつけ、
子供と入浴中の江崎社長を裸のまま連れ出し、表に待機させていた仲間の運転する”赤い車”
に乗せ、逃走。大阪府茨木市の水防倉庫に監禁。

誘拐、アベック襲撃事件については既に時効。来年の2月で残される薬物菓子に関して時効だそうです。
戦後の誘拐事件で未解決なものはこれだけ。

99/07/22(木) 21:18 hiraga


[325] ちょっと、本の紹介を・・・ 返信

 最近、書店で山崎豊子氏著作の【沈まぬ太陽】アフリカ篇上・下巻を買ってきました。この本を知ったきっかけ
というのは、これを連載していた当時の週刊新潮を、日航が機内サービスから除外した、というニュースを以前
読んだことからです。
 労組の委員長として妥協をしらない対決をした主人公が会社『国民航空』から報復人事を受け、パキスタン・イラン・
ケニアと約10年にも及ぶ“島流し”に耐え忍び、帰国するまでの様子が描かれています。当時(昭和30年代後半〜
40年代前半)の日航(おっと、『国民航空』だったな)の社内事情のみならず、赴任地での生活の様子なども非常に
緻密に描写され、かなりの取材がなされたことが伺える力作です。一読の価値ありです。

 日航が問題視した「御巣鷹山篇」については7月刊となっており、そろそろ発売される頃かと思われますが、連載
は読んでいなかったので、どんな内容になるのか期待して待ちたいと思います。


 

99/07/20(火) 23:00 ニック・ジャガー


[324] はじめまして 返信

 初めて書きこみます。標的機・衝突説は、レーダーに、それらしいものが写っているかどうかがポイントだとおもいます。標的そのものは八ッポースチロール製で、標的機から4キロくらい、引っ張るようです。最近、JASのHPの中のCAさんのコーナー「こぼれ話」(99年春号)に「飛行中に黒くて大きな物体が視認された」という記事があり、メールで問い合わせたところ、「レーダーで捕捉していないので、正体不明」という趣旨の回答でした。何ともなければよいのですが。

99/07/18(日) 21:51 SEE


[323] Re:Re:Re:Re:うーん、わからん 返信

>monakaさん

少々、誤解を与える書き方をしてしまったと思われますので、補足させて頂きます。まず、私としては陰謀・謀略の線は限りなく
薄いと思っています。おっしゃるとおり、最初から仕組まれたものであれば、あそこまで杜撰な処理にはならないと私も思います。
当時の政府首脳、自衛隊幹部、事故調委員、日航幹部を挙げたのは、あくまでも「真相を知る者たち」の意味なのです。
例にとった731部隊がそのような印象を与えてしまったのかも知れませんが、それとて、陰謀・謀略の意味合いはなく、「国ぐ
るみで秘匿した悪業」としての一例に過ぎません。私としては、この事故は「突発的に起こってしまったものであり、なんらかの理
由で真相を秘匿せざるを得なかった」性格のものだと見ています。

99/07/18(日) 04:13 一般市民


[322] Re:Re:Re:Re:うーん、わからん 返信

>果たして、これだけの人が関係している事件なんでしょうか?
>もしそうだとしたら、突発的な出来事ではなく、初めから仕組まれた物でしょうね。

関係してることは十分想像できるのではないでしょうか?
今、名前をあげられているものすべてが政府関係です。
事件そのものを計画的に起こすために関係したというのではなく、突発的に起こった事故を隠すということに対してですが。

当時、日航はまだ民間企業ではなかったわけだし、国が何かのミスによって引き起こしたかもしれないこの事故に対して、日航の上層部が隠蔽工作に荷担させられたとしても不思議ではないと思います。

国の一機関である自衛隊が演習中か何かの行動において、民間人を多数巻き込んだこの事故を起こしてしまったとすると、必然的に政府筋は事実の隠蔽に走るのでは。
また、これほど大掛かりな人物や機関などが絡んでいるがために事実関係が未だに明らかにならないのではないのでしょうか。

99/07/18(日) 00:13 pink crocodile


[321] Re:Re:Re:うーん、わからん 返信

こんにちわ。
ちょっと疑問に思いましたので、カキコします。

>中曽根元首相はじめ、当時の政府首脳、自衛隊幹部、事故調委員、日航幹部のほとんどが
>亡くなってから、徐々に明かされてくるのではないでしょうか?

果たして、これだけの人が関係している事件なんでしょうか?
もしそうだとしたら、突発的な出来事ではなく、初めから仕組まれた物でしょうね。
初めから仕組まれた謀略であるのなら、逆にあんな穴だらけの事故調査報告にはならない
と思いますよ。もっと完璧に、誰も疑わないような物に仕上がると思います。
急減圧が起こったようにCVRの記述に手を加えれば済むことだし、だいたい何回も、CVR
の記述を訂正しないでしょう。初めから仕組まれている物なら、事故調査報告書のアウト
ラインも事件前に出来ているだろうし。

あの事故調査報告を見ていると、突発的に起こった事故を、関係各方面に当たり障り無く、
また不利益をもたらすことがないよう、何度も何度も練りに練り直して、妥協点を見い
だした結果の物(過去の事故調査と、基本的スタンスは何ら変わりのない物)、と思いますが、
謀略、陰謀説を主張されている方々のご意見をお聞かせ願いたいと思います。

99/07/17(土) 16:08 monaka


[319] Re:Re:うーん、わからん 返信

この事件、真相が明らかになるのは数十年後のような気もします。例えば、満州731部隊の所業も、戦後30年以上経って、
ようやくその1部が明らかになりました。当時の中心人物はほとんど物故者となって、一部の元部隊員が良心の呵責に耐え
きれず、一人また一人と重い口を開き、何年もかかって明かされてきました。今回の事件も、中曽根元首相はじめ、当時の
政府首脳、自衛隊幹部、事故調委員、日航幹部のほとんどが亡くなってから、徐々に明かされてくるのではないでしょうか?
もっとも、残った関係者に良心があれば、の話ですが・・・。

99/07/12(月) 03:39 一般市民


[318] Re:うーん、わからん 返信

うーん、全くその通り。グリコ森永事件の犯人を抹殺?? その必要がないんじゃないかな・・・
事故現場に札束が散らばっていたっていう話も耳にしたけれど、信憑性はとても低いと
おもいます。
 それよりも、どうやって真実を浮かび上がらせていくかを議論したいものです。まぁ、
グリコ事件も、JAL123便事故(事件)も時効が過ぎているので、責任は問えないんです
が・・・。

99/07/11(日) 23:54 Vaio


[317] うーん、わからん 返信

 みなさん、はじめまして、こんにちわ。土日だってのに、書き込みがないですね。

 このところ、グリコ・森永事件との関連性が噂になってますが、なんで今になってこんな話が出てきたんでしょうか?
事実関係だけでも疑問点が多いのに、雲をつかむような噂話が加わると、ボクの出来の悪い頭はますます混乱して
きちゃいましたよ。ちょっと感じたことだけ、書かせてもらいます。

○素朴な疑問その1
 犯人を物理的に除去(つまりは暗殺)するためだったら、あらかじめ123便に搭乗することがわかっていたってこと?
乗らなかったら、待ち構えていても何にもならないわけですから。
 仮にわかったとして、それから準備して間に合うんですかね?(状況設定が大掛かりすぎる)

○素朴な疑問その2
 これはmonakaさんも書かれていますが、なぜ一撃必中の方法を採らなかったのか?
 不時着するなりしてしまえば、そこで目的は達成されなくなりますよね。そうなれば相手側のガードも固くなるし。

○素朴な疑問その3
 なぜ、ハウス食品の社長を巻き添えにするのか?
 直接的ではないにしても、犯人に対しての利害関係は一致してるわけで・・・それだけでなく多くの乗員を巻き添えに
する必要は?

○素朴な疑問その4
 なぜ、暗殺なのか?
 123便に搭乗したことがわかっていたのなら、到着先の大阪で網張って待ってれば身柄拘束もできただろうに・・・

 なんかちょっと“つくり”っぽいって言うか、ありえないんじゃないかなあと考えてますけど。
 それから、U.G.な話は、それ系の掲示板が他にもあるわけで、そっちにまかせておけば・・って個人的な感想です
けど、思ったりしてます。 

99/07/11(日) 10:32 カンタス航空は無事故


[316] Re:Re:JAL123便墜落とグリコ・森永事件 返信

私も考えすぎだと思います。520名の命と引き換えに? こんなことが
行われてたとは思えません。確かにそんな事件もあったけど、どう繋がる
のかが分かりません。(もしかして、その辺は書けないのかな??)
いずれにせよ、このままでは終われないんですよね。「本当にあったこと」
が明らかになるまで。

99/07/09(金) 20:16 Vaio


[315] Re:JAL123便墜落とグリコ・森永事件 返信

う〜ん、仮にJAL123事件に誘拐犯が絡んでいたとしたら
どういう絡み方なんでしょう?
搭乗していた、ハウス食品の社長も関係しているとしたら
身代金の引き渡しを機内で行うため、くらいかな。
じぁ、なぜ123便は墜落させられたんだろう、犯人を
暗殺するため?
でも、犠牲が大きすぎるような・・・。
しかも、それなら一撃必中の方法を採るだろうし。

ちょっとこれは無いと思いますよ。
まあ、あの事故調査報告を見ると、いろんな事を考える
人が出て来ても不思議はないですけど。

99/07/07(水) 14:07 monaka


[314] JAL123便墜落とグリコ・森永事件 返信

はじめまして。
「アングラ系」といわれてしまえばそれまでなのですが、
ちょっと調べものをしていて気になっていることがありますので書かせていただきます。
それは、戦後最大の脅迫事件といわれた「グリコ・森永事件」
とJAL123便墜落の奇妙なリンケージについてです。

「グリコ・森永事件」という名の通り江崎グリコと森永製菓への
脅迫が有名ですが、ハウス食品工業に対しても脅迫が行われました。
そしてJAL123便にはこのハウス食品工業の浦上郁夫社長(当時)が搭乗していました。
この日(昭和60(1984)年8月12日) は「かいじん21面相」の
脅迫終結宣言が郵送された日でもあります。
社長の搭乗理由は「脅迫終結宣言を前社長の墓前へ報告するため」だったそうです。

昭和59(1983)年3月18日 江崎グリコ社長 自宅から誘拐される
      :
昭和59(1983)年11月7日 ハウス食品工業への脅迫開始
昭和60(1984)年8月12日 「くいもののかいしゃいびるのもうやめや」
            事実上の脅迫終結宣言
昭和60(1984)年8月12日 JAL123便御巣鷹山(高天原山)へ墜落

たんなる偶然でしょうか?
「グリコ・森永事件」の背後にもなにか巨大組織の影が見え隠れ
してなりません。

お目汚し、失礼いたしました。

99/07/07(水) 07:10 KY


[312] K・SUZUKIさん、 Vaio さんへ 返信

書き込みありがとうございました、と言うのも変ですが、
今回のお二人の発言でなんか気持ちがスッキリしたような感じです。
初心に帰ったというか・・・。
最近のあの書き込みの事もありますが、確かに煮詰まって来てました。

>こんないい加減な“処理”はまかり通っちゃいけないんです。

私達から見れば、なんでそんな簡単な事がわからないの
という感じですが、一つ言えるのは、分かっているのに
見て見ぬふりをしている人達もいるという事ですね。
(政府関係以外で)

monakoさんニック・ジャガーさんも書いていらっしゃるように、
123便以前、そして現在も、航空事故ではパイロット・ミス、
原因不明にされてしまうものばかりです。
海外の事例にしても日本よりはマシといった程度でしょう。
(コメット、パンナム103便の件等は見習うべき点は多々ありますが。)
私は123便事件に関心を持つようになる前から、
航空事故の事を調べていて日本の事例も含めてそういう事を知っていたので、
123便について改めて知った時には驚くというより
「やっぱりそうだったか」という感じでした。
日本人がお上意識を捨てて、国民(つまりは自分)の利益を守るという意識を
持つようにならなければ、同じ事が繰り返されるのは必至です。

航空機の様々な経済的影響力が大多数の利益を優先
させてしまうんですよね。かといってテクノロジーを
捨てられない状況になっている訳で・・・人類のジレンマですね。

>>>>ニック・ジャガーさんへ
>「航空大事故の予測−日航ジャンボ機墜落の謎」 井上赳夫著 大陸書房発行

APU・・・聞いてないよ〜ですね。ハハ。
教えてくださってありがとうございます。
とりあえず探してみます。

99/07/06(火) 00:27 lakes


[311] Re:Re:Re:ちょっとまって2 返信

>くだらない事を書いてるんじゃないよ!! ホントに・・・
>ココは、アングラのサイトじゃないんだからさ!!
>ROM野郎ならROMだけにしとけやバーカ!!

なにムキになってんの(笑)

99/07/05(月) 22:45 ROM野郎


[310] 123便羽田離陸時のビデオ 返信

 再び登場ですみません。 
 最近図書館で見つけた本「航空大事故の予測−日航ジャンボ機墜落の謎」 井上赳夫著 大陸書房発行 
に、こんなことが書いてありました。

 (略)著者は、その原因の最初の徴候と思われる現象を発見し、13日午前3時15分、航空事故調査委員長
に電話で「御参考までに」とこの徴候を解説しておいた。

 この現象は、調査の進行に妨げとなるおそれがあるので(注)、詳細記載を避けるが、羽田空港離陸後300
メートル上昇頃のビデオ画面に極めて憂慮すべきものがあった。

 以上、本文より抜粋。(注)この本の初版は85年11月9日。

 そして、「羽田を離陸する事故機午後6時13分 300m上空 NHKテレビ、T・Iさん撮影より著者スケッチ」
として図示されているのですが、上昇するJA8119号機のAPU排気口から部品が飛び去った様子が描かれて
います。

 これが本当だとすると、「APU爆発または爆発的破壊説」はかなり信憑性を帯びたものになるのでは?

 だれかこのビデオ見た人いませんか?

 ただし、これでも「考え得る原因の一つ」を超えるものではありませんけどね(APU本体は未回収)。
最終報告の出ていなかった当時だからこそ、「詳細記載」をして欲しかった・・・

 ところで、事故調の委員長は、著者の進言を額面どおりに受け取ったのか、はたまた深夜の電話だった
ので寝ぼけて忘れてしまったのか、本当に「参考」にしかしなかったようですね。

99/07/05(月) 22:07 ニック・ジャガー


[309] Re:事故調査委員会 返信

 同感です。

 官庁・航空会社・メーカーその他のしがらみから独立した形態でない限り、機長が死亡すれば、「機長のミス」となり、
機長が生存していれば、やっぱり機長に責任が「押し付け」られる、という日本の事故調の方向性は、残念ながらこれ
からも変わることはないでしょう。

 K桐機長の「逆噴射」にしても、「実際にレバーを引いて作動する前に、東京湾に着水した」とする意見もあります。

 「個」よりも「組織」が優先される日本人社会の縮図?とも言えるかもしれません。
 
 だからといって、諦めてばかりもいられませんがね。事故再発防止のためにも。

99/07/05(月) 15:23 ニック・ジャガー


[308] 事故調査委員会 返信

こんにちは、久しぶりに書き込みます。

>単純に考えて、こんないい加減な“処理”はまかり通っちゃいけないんです。

日本の事故調査なんて、「全日空羽田沖事故」以来、いい加減な”処理”が
まかり通ってます。この辺は「マッハの恐怖」「続、マッハの恐怖」を読んで
いただければよく理解ると思います。いずれの事故も、「パイロットミスを
におわせながらの原因不明」と言う信じられないような結果報告ばかりです。
事故機が外国籍の場合は、きっちり事故報告をしているのも、また不思議です。

驚かされるのは例の「逆噴射」の事故です。
あの事故の場合、機長の異常操縦と言うことで片づけられましたが、驚く無かれ
いい加減な機体の検分しかしていない事実があります。
まず、機体を収容したら、主翼フラップが消えていたそうです。
モスクワ事故で問題になった、グランドスポイラーのロック機構も、海水に
さらさたため、溶けてしまった、と事故調はふざけたことを言っています。

どこかからの大きな圧力、壁の前には、事故調なんて飾りでしかない、
と言うのが、我が国の現状ですね。

99/07/05(月) 13:51 monaka


[307] お久しぶりです 返信

コンピューターが壊れてしまったのでしばらくページの更新・メールの返事ができません。
> ROM野郎さん
発言はもうちょっとソフトに

99/07/05(月) 13:23 suzan


[306] Re:Re:ちょっとまって2 返信

くだらない事を書いてるんじゃないよ!! ホントに・・・
ココは、アングラのサイトじゃないんだからさ!!
ROM野郎ならROMだけにしとけやバーカ!!

99/07/05(月) 13:16 天


[305] 久しぶりに書き込みします 返信

 みなさんこんばんは。Vaioです。この掲示板が初期の頃に書き込んだことがあります。
ちょっと仕事が忙しく、今日、久しぶりに覗いてみましたが、びっくりしました。
内容が難しくなって(高度になって)いる。ログは全て読みました。が、正直言って、
そろそろ「ネタ切れ」のような気がします。決して悪い意味ではありません。みなさん、
真剣に議論していて、頭が下がる思いなのですが、話の流れがずれてきている感は
否めません。
 今日、ログを時間をかけて読んでみて、「真実の追求」を実行していくための方法
を模索するほうがよいのではないか? と思ったのです。そんなことは分かってる!
と言われるかもしれません。
でも、実際、我々一般市民が出来ることは何なんでしょう??  >>みなさん

インターネットが発達し、社会現象として定着、こうしてみなさんが、ここでこうやって
議論している。ここからさらに進めるにはどうすればいいの?? >>みなさん

 私はWaveファイルをあらためて聞いてみて、もどかしくなりました。「ここは
なんて言ってるんだろう?」とか「これは報告書に載ってない」じゃなく、
いい加減な原因追及しかしなかった事故調査委員、政府に対してです。
単純に考えて、こんないい加減な“処理”はまかり通っちゃいけないんです。

99/07/05(月) 02:26 Vaio


[304] Re:Re:ちょっとまって2 返信

こん**は,K・SUZUKIです。
どうも情報源がどうの,それにかかわる人がどうのといった買い込みが最近多いとみますが,「そんなら書き込むなよ」
と,言いたくなっちゃうんですよね。
インターネットと言う開かれた場所に発言されるんでしたらすべてオープンに出来ない物は発言しないほうがいいのでは・・・?
私のように,ゴミ発言をまき散らす輩もいますが,多くのROM専門の方がいらっしゃると思うんですね。
その人達から
「これはどういうこと?なんなの?」
と,聞かれて公にRes出来ないことは,こう言う場で発言される事ではないんじゃないかな?
私は自分の書き込みに対して,この場でResを付けられない事は書き込みません。(ゴミばっかですからねぇ・・・)
個々の発言に対して色んなRESがあり,それに対して又自分の意見を書き込む。
この「ゲストブック」はオープンな場所であってもらいたいです。
折角少し前に遺族の方から書き込みがあったのに・・・・
私はそう言う広がりをこのコーナーに期待してるんですよ。

なんか,偉そうなことを長々と書いてしまいましたね!
スミマセンです・・・・・

99/07/05(月) 02:06 K・SUZUKI


[303] Re:ちょっとまって2 返信

>P.S.
>ROM野郎さんもアドレス入れて書き込んでね!!φ(.. )メモメモ
>_ρ(^^ )ノ イッテミヨー!_ρ(^^ )ノ サァドーゾ !!

たわけた事ぬかすな!!!!!!

あんたらがその組織の人間じゃないって証拠はあんのかい?
その可能性は絶対に否定できないのにアドレスなんか書くか、馬鹿!!
二次災害にあったりしたらたまんねーからな。
こちとら遺族でもなんでもないから
このまま事件が風化したって腹はちっとも痛まねえ。
親だろうが友達だろうが、自分の命の方が大事だっつーの。
否定できる奴いるかい?
そんなのあるわけないって言う奴もいるだろうが、
どいつもこいつもそう言って死んでいったんだよな。

妄想狂が!!!

99/07/04(日) 18:10 ROM野郎


[301] ちょっとまって2 返信

ここからは、
[295]ROM野郎さんと
[296]一般市民さんも

また、私は、書けることは書きたいと思っています。
しかし、軽率に計画性もなく書き込むことはよくありません。
理由は2つあります。
(1/2)
被疑者グループに隠蔽工作を促がすことにつながるからです。
この事故に陰謀があった場合、加害者は追究する人たちを警戒し
隠蔽工作をより高度に行います。
下手に掲示板で書くよりも、交流を深めて多数で相談し、
計画性を持った行動で正義を実現すべきです。
例えば、警察が被疑者を逮捕する時、早朝や寝込みに
逮捕状を持って突然押しかけるのと似ています。
加害者に大切な内容を安易に知らせてはいけません。
事後の結果を考えて、情報は提示するものです。
(2/2)
刑法や民法に接触します。
私は仕事がら法律に接触することが多い職業ですが、名誉毀損・侮辱などの
行為は、それが真実であっても、民法、刑法の両方で訴えられる場合があります。
公益を図るためで、それが真実であった場合のみ認められますが、部分的に
失敗する場合もあり、慎重さが必要です。

軽率に情報を提示するよりも、真剣に考えている人たちとネットワーク化
していくことが大切だと思います。
その為、簡単な説明とアドレスを入れるのも一考かと。
私の情報はすべて自分で調査したもので、リーク先などありません。
また、隠蔽する力を恐れてもいません。
この掲示板の常連さんたちと友達になって、ネットワーク化することが
私の目的です。

P.S.
ROM野郎さんもアドレス入れて書き込んでね!!φ(.. )メモメモ
_ρ(^^ )ノ イッテミヨー!_ρ(^^ )ノ サァドーゾ !!

99/07/03(土) 11:32 こける


[300] ちょっとまって 返信

[295]ROM野郎さんへ
>あんたら・・・いい加減にしろよな!!

勘違いしていませんか?
あの書き込みは、互いの交流を求めるもので
他の人に情報を教えないで楽しんでいるものではありません。

あのカキコは、まず最初に、私がダビングを広く依頼し、
自分の考え方を紹介したことから始まります。
そこにレスがあり、聞かれたことに対して返答したわけですが、
あの時点ですべてを書くことなどできません。
互いにどの程度か分からないからメール交換しようというきっかけを作り、
接触の一歩を踏み出そうとしているのです。
また、その他、興味を持った人ともメール交換しようという趣旨で、
「この掲示板で真実を追究する力をリンクさせましょう!」
という言葉を入れ、アドレスを入れています。
アドレスを入れること、それは、交流を求めているのです。
アドレス無しの冷やかし的な書き込み、すなわち、
アングラサイトに多い形態ではありません。

続く

99/07/03(土) 11:29 こける


[299] 返信

ここの掲示板は真面目に議論されている方ばかりなのでどうかとは思ったのですが、ちょっと前から2チャンネルで123便の話題が出ていたので、知っている方もいると思いますが一応紹介しておきます。

2チャンネルの日航123便スレッド
http://www.ohayou.com/2ch/test/readall.cgi?bbs=main&key=929301722

2チャンネルメイン
http://www.ohayou.com/2ch/main/index2.html

>297さん  あめぞうさんのところは大変でしたね。

99/07/02(金) 18:11 ROM組ですが


[298] >297 返信

>デリケートな問題

カ○ドウですね。
この日本にも確かにアンタッチャブルは存在する。

>お化け
国家の方ですか? このネタを握り脅かし続ける総会屋の方ですか?
またはカ○ドウかな?

ちなみに、ここまでの絞り込み話となると確かにアンタッチャブルです。
マスコミ、警察などからは正式な発表はされないでしょうね。
分かる気がします。

下のサイトのHTML拡張子ををEXEに換えて自己解凍してみて下さい。>ALL
http://www.geocities.co.jp/Colosseum-Acropolis/6246/

検討はずれだったらごめんなさい。




99/07/02(金) 17:07 >297


[297] おさがわせしました。 返信

一般市民さん、ROM野郎さん

BBSの媒体で公にしたら、リーク先に多大な迷惑を与えますで拒否します。
当然、上記の点が無ければオブラートに包みつつも吝かではないのですが。
個人と個人の話で出来うる範疇を超えている上、デリケートな問題も存在します。

また、私がこける様に直接メールを差し上げれば済んだ事、反省しお詫び致します。

煽るわけではないのですが、日本も一見法治国家ではありますが、
内実は違うように思います。
私自身もお化けには出くわしたくありませんので。

99/07/01(木) 14:22 APU


[296] オープンで討論すべきでは? 返信

>こけるさん、777さん、APUさん

123便事故と、過去2つの大きな事件との関連がここで取りざたされているようですが、感情的な意見は置くと
しても、もし、それらとの関連を検討することで、123便事故の真相に迫る事ができるのであれば、ここでオープ
ンに述べる事によって、皆さんの意見や情報と総合することが大切だと考えます。そうする事がこの掲示板の持
つ目的にも適うのではないでしょうか?

99/07/01(木) 04:17 一般市民


[295] Re:Re:ダブルレス 返信

>詳しくはメールでお話できれば。
>その折、遺族の方の心境や社会的な正義、根拠、調査実績をポイントに
>アングラ系のような話しは止めましょう。
>この掲示板で真実を追究する力をリンクさせましょう!

あんたら何言ってんの?
それこそアングラ系じゃないの。
何か知ってんだったら書いたら。
ふざけんのもいい加減にしろよな!!

99/07/01(木) 01:25 ROM野郎


[294] Re:ダブルレス 返信

APUさん、777さん、レスありがとうございました。\(^O^)/

APUさん
>もしかして、その接点とは私と同じであるかもしれませんね。
同じであるような印象を受けました (゜o゜)!!赤い車を使って・・・?w(☆o◎)wドヒャ-
>その様であれば、こちらの情報を多少なりとも提供致します。
ありがとうございます、私からも提供させていただきます。

777さん
>2つとも当時大きな騒ぎになったと思うのですが・・・いかがでしょうか?
そういう感じです。起点はもっと古いのですが・・``r(^^;)ポリポリ。

APUさんも777さんも同じかもしれませんね!
詳しくはメールでお話できれば。
その折、遺族の方の心境や社会的な正義、根拠、調査実績をポイントに
アングラ系のような話しは止めましょう。
この掲示板で真実を追究する力をリンクさせましょう!

99/06/30(水) 20:24 こける


[293] Re:ありがとうございました 返信

>ニック・ジャガーさん てつさんありがとうございました。
>参考にします。
>ところでここの掲示板で行った方はいませんの?
>やはり自分の目でこの事故のことを噛み締めたいと思います。
>情報だけだと人事にしか聞けません。
>こんな事書くと 怒られるかもしれないけど。。。

99/06/30(水) 00:21


[292] ありがとうございました 返信

ニック・ジャガーさん てつさんありがとうございました。
参考にします。
ところでここの掲示板で行った方はいませんの?
やはり自分の目でこの事故のことを噛み締めたいと思います。
情報だけだと人事にしか聞けません。
こんな事書くと 怒られるかもしれないけど。。。

99/06/29(火) 23:15 teru


[291] ちょっと思った事を・・・
返信

Webで123便関連の情報を全文検索していると、
マスコミ関連のもので、慰霊登山やあれから何年といった
ものがいつも出てくる。それらにも、また関連書籍から
読みとれる限り、過去に事故調の調査について疑問を示す報道は
ほとんどなかったのが分かる。

急減圧はなかったという生存者の証言との食い違いや、
CVRの公開拒否。そして、乗員組合の再調査要請などが
きちんと大々的に報道されていれば、現在とは違った世論が
形成されていたかもしれない。
これらの事は航空マニアでなくとも、ある程度の教養
のある人間なら必ず疑問に感じるはずのものばかりである。

要はマスコミがジャーナリズムの役割を放棄し、
情報を独占しコントロールしている訳である。
(もちろん政府からの圧力もあっただろうが)
主権者たる国民が国政に参加する為には自分の国で
何が起こっているかを正確に知らなければならず、
その為にはジャーナリズムが必要なのだが、
現在のマスコミはその機能を果たしているとは
言い難い。(御用放送局とはよく言ったもの)

この事件に関心を持っていない人の中にも、
正しい事実を知れば、疑問を持つようになる人が
大勢いると思う。その意味でマスコミは真実の究明を
妨害しているといえる。

報道する側に真実を究明しようという姿勢が皆無でも、
マスコミの報道力を利用して世論を動かす
という事が考えられる。先日のTV放送のように、
番組の目的はどうであれ、123便事件の事を今報道するという
だけでも意義はあったと思う。

個人一人では集団にはどうあがいても立ち向かえない。
集団には集団で対抗するしかなく、政府、日航という組織に
対処するには、世論を形成して圧力をかけるしかない。

一般の人でも、極一部のコネのある人は真実(?)を
知っていると思うが、そんなのを知りたいとも思わない。
国民全ての記憶として未来にも語り継がれるようにならなければ、
残された者としての責任を果たした事にはならない。

99/06/29(火) 01:56 lakes


[290] Re:事故現場 返信

久しぶりのカキコです。
墜落現場への登山ですが、上野村から車で40〜50分、更に登山道を徒歩で50分程度だと、書いてありました。私自身三月に、登山道手前までは行って来ましたが、登山道は積雪のため閉鎖されていました。
現在ならば、入山できるはずです。

99/06/29(火) 01:12 てつ


[289] Re:事故現場 返信

teruさんへ 

>登山時間は、1時間くらいで登れるでしょうか?
 
 1986年当時、遺族の方が登山したときは、登山口から徒歩で2時間以上の道のりだったようです。
 ただ、現在はかなり整備されているようなので、もうすこし早く着けるのでは?
 (古い情報ですみません。部屋がちらかっていて、資料が見つからないもので・・・)

 なお、現場の上野村では、ウエブサイトを開設していますので、よろしかったら参考にされてはいかがでしょうか?

 http://www.gunmanet.or.jp/uenomura/WORKS/uhp04.html

99/06/29(火) 01:05 ニック・ジャガー


[288] 事故現場 返信

御巣鷹山の事故現場に,ずいぶん前から行きたいと思ってました。
このようなHPが有るなんて知らなかったです。
場所が御巣鷹山としか知らなくて 登山時間は、1時間くらいで
登れるでしょうか? ぜひ行きたいです。
ちなみに東京から車で行きます。  予定

99/06/28(月) 23:40 teru


[287] 別の事件とは・・ 返信

APU様 こける様
別の事件との接点ということで調査されてるとのことで、さしつかえなければお聞きしたいのですが、私の考えるに2つの事件が浮かんできます。
1つは、兵庫、大阪を中心に起きた誘拐、脅迫事件。もう1つはOO組とOO会との抗争事件です。2つとも当時大きな騒ぎになったと思うのですが・・・いかがでしょうか?

99/06/28(月) 22:17 777


[285] ビデオダビングしてください m(._.)m 返信

年末に放送されたTBSの特別番組、どなたかダビングして
頂けないでしょうか m(._.)m。
この掲示板に出てくる本などは一通り読みましたが、
年末の放送を見ていません。
私は、別の未解決事件を長い間個人的に調査してきましたが
この事故と接点があるのでは?と疑問を持ち勉強しています。
決していい加減な冷やかしではありませんので、
皆様よろしくお願いします。

追伸
SUZANさん、お返事遅れていて、申し訳ありません。
仕事が忙しくて・・、まもなく届くと思います。

99/06/28(月) 00:43 こける


[284] Re:重大な写真2 返信

ご無沙汰してました。lakesです。

うさぎの眼さんへ。

>異常発生の6分前から飛行物体が123便の付近をうろ
>ついていたというのは十分考えられます。次に高度の点ですが飛行物体は123便と
>ともに12600ftも上昇したことになります。このような高度域を飛行可能な
>(もしかして(防)関係の)航空機は存在するのでしょうか。

私も以前から、この事故発生以前の緊張状態について
考えていました。

一つはもしそれが標的機だったとしたら、
クルーが何もせずにただ見物していた
という事はないのではないかという事と、
もう一つは、ジェット戦闘機又は同程度の機動力
のある機種が、123便に接近して来て、
あやまってぶつかってしまったというものです。
これなら緊張状態の持続も一応説明がつきます。

最近はTCASの装備や民間との調整で少なくなったそうですが、
事故当時そしてそれ以前には、軍の戦闘機が冷やかしに
寄って来て周りをぐるぐる飛び回ったという話を、
様々な本で読んだ事があります。

ある程度航空に関して知識のある人なら、
誰でも、すぐに思いつく事だと思います。

もちろん単なる物理的可能性の一つです。
参考以上の話ではありませんので悪しからず。

99/06/27(日) 23:22 lakes


[283] はじめまして 返信

 ニック・ジャガーと申します。
 この事故は、私が20歳の時に発生しました。NHKを見ながら、何とも形容し難い不安と恐怖を感じながら事態の
推移を見守っていたのを覚えています。
 その後、朝日新聞の「日航ジャンボ機墜落」を読みましたが、この事故(事件?)には公表されていない何かが
あるのでは?と思うようになったのは、本屋でふと目に入った角田氏の「疑惑」を購入し、読んでからです。
 ところで、一点質問があるのですが、NO202でK・SUZUKI氏は、「日航では、羽田に保管してあるJAL123便
の残骸も破棄する意向だそうです」と書かれておりますが、私の読んだ本によりますと、8・12連絡会の方が残存
機体保管部会を作り、1991年9月12日に日航利光社長以下との会談で、日航側は、原則的に遺族側の要求を
認め、前向きに対処すると約束したそうです。
 日航は遺族の方との約束を守らないつもりなのでしょうか。
 このことについて、どなたかご存知であれば、教えてください。

99/06/27(日) 19:13 ニック・ジャガー


[282] 重大な写真2 返信

訂正、報告および検証をそれぞれ1件ずつ。
(1)問題の写真が載っている池田昌明氏の著作は、【JAL123便空白の14時間】ではなく一般市民さんご指摘の通り、【JAL123便は自衛隊が撃墜した】の方でした。失礼いたしました。
(2)発言No279で触れられていますアサヒコムですが、これは過去の記事の場合、記事本文は検索できますが、写真等画像は添付されません。記事によりますと、問題の写真は乗客の方が撮られた全10枚のうちの8枚目で、9枚目は異常発生直後酸素マスクが降りてきている写真、最後の10枚目は全体に光が走っていて被写体不明で墜落の瞬間とされています。
(3)問題の写真は江ノ島と富士山の位置関係や相模湾の見え方から考えて18時18分頃の撮影と思われます。これは機体異常発生の6分前で、また高度は11300ftあたりです。因みに異常発生時の高度は23900ftです。
さて写っているものが飛行物体だとしてこれが本当に123便に接触したのだと仮定しますと、まず検証しなければならないのは時間と高度変化の点です。
ボイスレコーダ等より異常発生の前からコックピット内に緊張が走っていたといいますし、また異常発生の前に、それまで一旦消していたシートベルト着用サインを再点灯したということですから、異常発生の6分前から飛行物体が123便の付近をうろついていたというのは十分考えられます。次に高度の点ですが飛行物体は123便とともに12600ftも上昇したことになります。このような高度域を飛行可能な(もしかして(防)関係の)航空機は存在するのでしょうか。

以上、現時点での私の意見ならびに疑問点です。

99/06/27(日) 01:44 うさぎの眼


[281] 話題の写真 返信

今話題になっている写真は年末のTBSの特番でJAL123便の特集をやっていたときに数秒ですが紹介されました。そのときの番組をビデオに撮っており、よくみてみるとやはり黒い点のようなものがはっきりと写っているのがわかります。
角田四郎さんの「疑惑」の中で日航の元パイロットの方達との話しのなかで出ていた写真の話しはこの写真のはなしなのでしょうか?

99/06/26(土) 22:11 777


[280] 写真 返信

これですね

http://www.interq.or.jp/earth/suzan/zyoho/pic.jpg

99/06/26(土) 12:12 SUZAN


[279] 写真の件 返信

多少なりともガスが晴れるのなら見てみたいです。
私も過去この写真は見た筈ですが(乗客が富士をバックに・・)、その様な
ことは知りませんでした。または上記のよく見かける写真以外のものなのか?
どなたかスキャナーで採り込んでアップしていただけないでしょうか?
ご報告お待ちしております。
またアサヒコムの会員の方がいらっしゃいましたらHPからその記事に
辿り着けます。

99/06/25(金) 19:12 写真の件


[278] Re:知りませんでした 返信

>その写真を見てみたいです。
>早速 探してみます。

この写真ですが、池田氏の著書「JAL123便は自衛隊が撃墜した」によると、1990年10月14日付で朝
日新聞に掲載されたもののようです。
この本に掲載されているものは、「新聞からの転載につき不鮮明のため、読者各位で縮刷版等で確認さ
れたい」とあります。

99/06/24(木) 23:11 一般市民


[277] 知りませんでした 返信

うさぎの眼さん 私は そのような写真の
存在すら知りませんでした。
朝日新聞の転載でもいい。
その写真を見てみたいです。
早速 探してみます。

99/06/23(水) 23:57 100年プリント


[276] 重大な写真 返信

初めて書き込みさせて頂きます。私は仕事の関係で毎週のように羽田と関西方面の往復をするようになった事から飛行機関係の事に興味を持ち、このページに遭遇しました。江ノ島の上空あたりを通過するたびに複雑な心境になります。123便の事故も他人事とは思えません。
さてこの掲示板の過去ログを一通り拝見しさせて頂きましたが、ここで2点ほど質問をさせて下さい。
(1)池田昌明氏著作の【JAL123便空白の14時間】は、この掲示板では「トンデモ本」扱いで不評ですが、この本の中ほどのページに掲載されている写真は重大なものではないでしょうか。123便の乗客の方が機内で撮った写真です。窓の外の風景を撮った写真ですが、江ノ島や遠く富士山をバックにして飛行物体らしきものが写っています。その大きさや鮮明度から見て123便のすぐそばを飛んでいるのではないでしょうか。この掲示板ではこの写真についての議論が全くなされていませんが、興味をもたれた方、是非ご意見をお寄せ下さい。なおこの写真は朝日新聞からの転載ですが、もっと鮮明な画像ファイルなどはインターネットで入手できないものでしょうか。
(2)(防)関係の仕事に携わった事のある知人から聞いた話ですが、(防)関係でオレンジ色といえば、それは練習用を意味するそうです。練習機や練習弾など・・・。墜落現場にあったオレンジ色の物体ですが、このような観点から考えてみる事は出来ないでしょうか。

それでは皆様よろしくお願いいたします。

99/06/23(水) 23:50 うさぎの眼


[275] 返信

最近書き込み無いっすね。

http://home.att.ne.jp/gold/washu/hob2.html

99/06/21(月) 04:40 矢追純一


[274] 日本航空乗員組合 返信

日本航空乗員組合のホームページに,新たに
「123便事故、真の事故原因調査を求めて!」
という文書が掲載されていました。

参考まで。

99/06/16(水) 17:53 こがね


[273] 吾妻さんへ 返信

そうでしたか。
わざわざありがとうございます。

ちょっと私の言葉が足りなかったようですが、
あくまで一般論としての事です。
私はアドレスは書かなければいけないとは書いてません。
アドレスがない事で、他人がどういう受けとめ方をするかは
読む人次第であり、私はそれについて疑問なしとはしない
という考えなのです。

アドレスに関して問題が起こっているのは
十分知っています。
実際私も初めてここに書き込む時は躊躇しました。
また、発言内容を読めばだいたい
その人の考えている事は皆さん判断できると
思いますが、単にそれとアドレスの有無は
分けて考えているだけの事です。

自分にとって重要と思える発言なら、
十分参考にさせてもらいますが、
それとアドレスの有無は別問題という事です。

123便と関係ない話ですいません。

99/06/14(月) 23:31 lakes


[272] まっしろさんへ 返信

損害賠償などの件で、詳しい書き込みありがとうございました。

まだ、考えがまとまっていないので、整理できたら書き込みます。
取りあえず、お礼まで

99/06/14(月) 01:49 吾妻


[271] Re:猫左衛門さん & ノアさんへ 返信

lakesさんへ

>あなたに限らずメール・アドレスを書かずに発言される人がいますが、
>それではいくらもっともらしい事を言われても説得力に欠けると思うのは
>私だけでしょうか。

 最初の書き込みで、無人標的機の運用を知っているとしたのは、業務に若干関係しているからです。
 123便に関する書籍を書いた人や航空評論家よりも、無人標的機や兵器については、
詳しいつもりです。

 その知っていることを話題にするのは、「業務上知り得た秘密を明かすべからず」とした
ルールに反する内容の場合もあります。

 その為に、基本的には既に知られていることをベースに書き込んでいますが、関係者など
に迷惑をかける可能性も考えられるので、メールアドレスを書いていません。

 なお、他のページでの書き込みでは当然メールアドレスを明記しています。

99/06/14(月) 01:40 吾妻


[270] 言い訳 返信

lakesさま、アドバイスありがとう ございます。
文章力も時間もなく、なにより知識も乏しいもので。
今後は折角アドバイスを頂いたので なるべくそう心掛けたいと思います。
それから、メアドの件ですが私の場合 はっきりいって小心者なので
書けないのです。私の知人にある掲示板(政治・社会関係)に某宗教団体
について批判的な書き込みをしたところ、どこで調べたのか脅迫的な電話
がかかってくるようになった人がいます。彼自身は一向に気にしてないようで
あいかわらずメアドをだして書き込みしてますが。

ネットって 多くの人が時間と物理的な距離の制約をあまり受けずに
様々な情報・意見を出し合えるところによさがあるわけですよね。
前にどなたか言われたように、ROMだけの人も多いと思います。
どんなささいな情報やちょっとした意見・感想なども大勢がそれを
持ちよれば、一つ一つは一見何の意味のないようなことでも
それらの蓄積・検証により何か意味のあることがわかるかもしれない
と思うわけです。
私のようなヤツでも生意気に書き込みしてるのを見て
それなら自分も と思って書き込みする人が出てくる事は
いいことなんじゃないかな、と思ったりもするのです。

99/06/13(日) 05:55 猫左衛門


[269] なかなか難しい 返信

みなさん ご無沙汰いたしております。
私は 滅多に書き込みをしないので
私のHNを 初めて見る方も多いと思います。
最近 激論が交わされているようですが
その中に「マスコミ・・・」という言葉が
たま〜に見受けられます。
実は私 某TV局の関係者なのです。
信じるか 信じないかは皆さんの判断に任せますが
はっきり言って この問題については
もう 取材されていないのが実状です。
多分 21世紀を目前に控え 20世紀の大事件や大事故を
振返るといった企画で扱う程度となってしまうと思います。
私 個人としては もうちょっと深く掘り下げた取材が
できないものかと思うのですが 日々発生する事件に追われ
昔の事件に関わっている時間がない というのが現実です。
それに マスコミ関係者なら 何か知ってるのでは
と思われるかもしれませんが これは 取材した人間と
その上司ぐらいしか知らないでしょう。
しかも 取材した人も たいした事は わかってないと思います。
はっきり言って 私のような 末端の者には そんな情報なんて
全く下りてこないし ここの書き込みを見る限り
私よりも 皆さんの方が知識が豊富です。
働いてる人間が こんな事言うのは おかしいかも知れませんが
はっきり言って マスコミは あてになりません。
これは 就職して感じた 私のホンネです。

99/06/13(日) 02:51 100年プリント


[268] 猫左衛門さん & ノアさんへ 返信

猫左衛門さんへ

いきなり何の根拠も示さず、あのような仮説を
展開されたら、妄想であるとしか思いません。

その後、根拠とする報道があると分かりましたが、
それなら最初から、皆さんはご存知ないようですが、
これこれこういう報道があり、自分はこう思うのだが、
皆さんの意見はどうですかとか、誤解を招かない発言の
仕方があったはずです。

特定の仮説を信じるのは個人の自由ですが、
あのような主張の仕方では他人を説得する事はできないでしょう。
発言する前に、自分の発言が他人にどのような印象を与えるかを
考えてみてはいかがですか。
しかし何も証拠がないのにあそこまで自分の意見に固執する理由が
分かりません。

また、
>それともギアの油圧は操舵用とは別系統なのでしょうか。
このような基本的事項は関連書ですでに語り尽くされています。
どのような環境にあるかは分かりませんが、
出ている本はお読みになっておいた方がよいでしょう。


ノア さんへ

>以前、遺族の方からの書き込みがあり、哀悼の意を表された方もいたようですが、
>本当にあの方は遺族の方だったんでしょうか。実際にお会いになって確かめられたのですか。
>いたずらの可能性だって大いにあったんじゃないですか。
>そんな簡単に遺族と信じてしまっていいのですか。

>ここでやっている疑惑の解明について、あくまで「趣味」や「遊び」の範囲でやるのならば、
>どうやろうと構わないでしょうが、団体をつくるといったように本気で疑惑解明を考えているのなら、
>論証方法が少し甘くはありませんかと思います。

ご指摘はもっともで、理解できますが、
あなたに限らずメール・アドレスを書かずに発言される人がいますが、
それではいくらもっともらしい事を言われても説得力に欠けると思うのは
私だけでしょうか。

団体等の件についてですが、
私は自分が「動かない」事に対しては心苦しく思っています。
具体的に行動していない以上、何を言っても所詮は「興味本位」でしかないでしょう。
ただ、この事件に関心を持っている人の大多数は誰に言われるのでなく、
「自発的」に関心を持っているのですから、強制はできないと思います。
指摘するだけでは、所詮は「他人まかせ」にしているのと同じです。

相手は国家権力です。(日米含む)
なまなかな事では解決は難しいでしょう。

99/06/13(日) 00:04 lakes


[267] 感想 返信

最近の書き込みを見てますと、猫左衛門さんに対する反論、批判が相次いでいるようです。猫左衛門さんを弁護するつもりはありませんが、それらに対する考えを述べたいと思います。

猫左衛門さんへの反論を大雑把にまとめてしまうと、「マスコミ報道をそのまま鵜呑みにし、またはいかにも自分が見たように捉え、自説を展開している。そして、自分に都合の悪い情報は信じない」というものかと思います。

しかしながら、それではみなさんは、マスコミ報道に限らず本事故に関する書籍・論文等全てに対し、鵜呑みにせず、多角的な検証を全て済ませた上で自説に引用したり反論したりしているのですか。あるいは、閲覧でき得る限りの公式記録等を全て自ら当たって確認なり検証なりをされたのですか。

以前、遺族の方からの書き込みがあり、哀悼の意を表された方もいたようですが、本当にあの方は遺族の方だったんでしょうか。実際にお会いになって確かめられたのですか。いたずらの可能性だって大いにあったんじゃないですか。そんな簡単に遺族と信じてしまっていいのですか。

猫左衛門さんへの反論についても、昔のあいまいな記憶に基づく反論や心情的な反発による反論(例えば、機長ノイローゼ説への反論)が少なくないように思います。まあ、猫左衛門さんの一系統生存説も根拠があいまいではありましたが。

私にはむしろ、猫左衛門さんの説がみなさんの自説とかけ離れている(というか都合が悪い)ために、みなさんの方が猫左衛門さんの説を信じないように思えます。正直なところ、私も猫左衛門さんの説は心情的に受け容れがたいものがあるのですが、それと彼の説を認めないこととは別だと思います。

ここでやっている疑惑の解明について、あくまで「趣味」や「遊び」の範囲でやるのならば、どうやろうと構わないでしょうが、団体をつくるといったように本気で疑惑解明を考えているのなら、論証方法が少し甘くはありませんかと思います。

99/06/12(土) 20:12 ノア


[266] Re:いろいろ どうも 返信

>でも、私は隔壁破壊により垂直尾翼が破損したとは信じられないんですよね。

 事故調査委員会の委員以外は、皆そう思っているのではないですか。

>急激な減圧状態にさらされると、人間って血液中の窒素ガスが気化して
>死ぬんじゃないかと思うんですけど。

 その為にも、酸素マスクがあります。
 圧縮酸素をボンベから供給するので、時間制限があり、747の場合、全員が吸うと
約18分間は、酸素が出るようです。

 123便では落合証言で、10分程度経過した後、酸素マスクを外しても苦しくなかったとあります。
 また、コックピットでもマスクはしていませんでした。
 ところが、その時は高度がほとんど下がっていなかったのです。
 圧力隔壁に穴があいていれば、エンジンから客室に酸素が供給されていても、外に漏れて
しまうので、高度が下がっていない状態で苦しくないのはあり得ないはずです。

 このことは、圧力隔壁の破壊が事故原因としている意見を、否定します。

99/06/12(土) 13:15 吾妻


[265] Re:ギアダウン 返信

>>すると、15分間は油圧があったということですか。
>>それともギアの油圧は操舵用とは別系統なのでしょうか。
>油圧を使ってギアを降ろしたのではなくオルタネート(電動)で降ろしたはずですよ。
>電気系統は使えたのだからフラップも使えたわけですよね。

その通りです。
 油圧で降りないので、航空機関士がオルタネートで降ろしては、と提案したものと
思います。


99/06/12(土) 12:25 吾妻


[264] ギアダウン 返信

>すると、15分間は油圧があったということですか。
>それともギアの油圧は操舵用とは別系統なのでしょうか。
油圧を使ってギアを降ろしたのではなくオルタネート(電動)で降ろしたはずですよ。電気系統は使えたのだからフラップも使えたわけですよね。

99/06/12(土) 07:59 SUZAN


[263] いろいろ どうも 返信

皆様、無知な私にいろいろレスして下さってありがとうございます。

No.258吾妻さん、
すると、15分間は油圧があったということですか。
それともギアの油圧は操舵用とは別系統なのでしょうか。

No.257 SUZANさん、
私もそれ思いました。隔壁のせいなら事故機固有のもので、
しりもちしてない他の機は安全だといえますから。

でも、私は隔壁破壊により垂直尾翼が破損したとは信じられないんですよね。
撮影された飛行中の写真を見ると外板だけでなく骨材部分まで欠落してる
みたいですし、外板がとんでその影響で後から壊れたというのもどうも。
機体をあんなに破損させるほどの圧力差があるとも思えないし、
急激な減圧状態にさらされると、人間って血液中の窒素ガスが気化して
死ぬんじゃないかと思うんですけど。


世間には無線の傍受を趣味とする人が沢山いますが、
事故機の交信を傍受してた人っていないのでしょうか。
777さんご指摘のように公開されている資料は削除(や場合によっては
改竄)されている可能性もあると思いますが、それを裏付ける資料は
ないのでしょうか。

99/06/12(土) 06:11 猫左衛門


[262] 機長の応答は・・ 返信

ACCとの交信において「どのような緊急事態か?」の問い掛けに対して機長は絶対に答えているはずだとおもうのですが、なぜならば他のACCからの問い掛けに対してはすべて機長は答えているからです。意図的に削除されたのだと思います。ここに墜落原因の大部分がかくされている(なぜ垂直尾翼が壊れたのか)に違いないと思うのですが・・やはりボイスレコーダーの公開が原因究明には絶対必要です。

99/06/11(金) 19:58 777


[261] Re:Re:ボーイング社は 返信

>油圧4系統がフェイルセーフになっていなかったので、設計ミスとして責任を問えるのか?

ご参考の続きです。

1989年11月23日 東京読売新聞 朝刊特集A 15面
 日航ジャンボ機墜落事故は、発生から四年三か月を経て「刑事責任なし」の結論が下された。(略)検察の捜査は、五十三年の大阪空港での「しりもち事故」後の修理ミスが起きた過程を詳細に「再現」することに集中した。これは運輸省の航空事故調査委員会でも解き明かせなかったことだったし、実現するためには、ボ社作業員からの聴取が不可欠だった。(略)国際捜査共助の要件の一つに関係両国で処罰できる法律が存在する「双方可罰性」がある。わが国の刑法で規定される業務上過失致死傷罪は、故意に犯罪を犯し死傷に至らしめる合衆国法典一八編一一一二条や各州法上の「故殺罪」(Manslaughter)にあたるとみられた。(略)しかし、これは米国での航空機事故の場合、事故原因の徹底的な解明が優先され、刑事責任を問う習慣がないことから、米司法省との協議や法務省内での検討でも、今回の修理ミスは「故殺罪」にあたらないという結論に達し、嘱託尋問の前提となる「双方可罰性」を見いだせなかった。(略)また、米国の法律では証言拒否権も保障されており、検察当局も「仮に嘱託尋問の請求を米国側に行っても、ボ社作業員が一切の証言を拒否することは捜査経緯から確実」と判断。結局、ボ社作業員からの直接聴取の可能性は、八方ふさがりの中でその道を断たれてしまった。(略)

ただ、上記記事は設計ミスに関するものではなく、修理ミスに関するものですが。 

99/06/11(金) 14:13 まっしろ


[260] Re:Re:ボーイング社は 返信

> ・ 油圧4系統がフェイルセーフになっていなかったので、設計ミスとして責任を問えるのか?

> ・ ボーイング社に損害賠償したご遺族はいたのか?

ご参考まで。

1988年 8月11日 東京読売新聞 朝刊 26面
 六十年八月の日航ジャンボ機墜落事故で、犠牲になった電通社員(当時二十九歳)の妻(30)(大阪府池田市)ら大阪、兵庫などの四遺族十一人が、十日、日航や米ボーイング社を相手に、計約五億八千万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。両社の不法行為責任の時効成立(十二日)を前に、示談交渉が難航している遺族らが踏み切った提訴で、二遺族は日航だけを相手取っている。

1988年 6月14日 東京読売新聞 朝刊 1面
 乗員、乗客合わせて五百二十人の死者を出した六十年八月の日航ジャンボ機墜落事故で、犠牲者五十九人の遺族百四十二人が、十三日までに、日航、ボーイング社(本社・米国ワシントン州)との間で賠償金支払いの和解に合意した。(略)
 日航によると、これまで賠償交渉がまとまった犠牲者数は、今回の集団和解を含め二百八十七人。乗客の犠牲者五百五人の半数を超えた。
 残る犠牲者のうち、五十八人の遺族百五十人は、今年一月、ボ社を相手取り、犠牲者一人当たり「恐怖の慰謝料」一億円を上乗せした総額百五十八億円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に提訴している。

1988年12月 2日 朝日新聞 朝刊 31面
(略)
 86年4月12日 遺族が、日航、ボ社、運輸省の幹部を業務上過失致死傷、航空危
険罪で東京地検に告訴。
 7月26日 遺族131人、日航、ボ社を相手に米国ワシントン州キング郡地裁に損
害賠償を求め提訴。

なお、訴訟の結果まではフォローしてません。

99/06/11(金) 13:59 まっしろ


[259] Re:ボーイング社は 返信

>日本側から指摘もされないうちになぜ隔壁の修理ミスを認めたりしたか。
>これは疑問です。交通事故を起こして、自分の方に過失割合が大きい場合でも
>けっして「I'm sorry」とは言わない国の企業がああいった行動をとるのは
>通常ありえないことです。

 その通り、本ページでも何度か出てきているので、過去のレスも参考にされたし。

 この件で、損害賠償の窓口を日本航空に一本化したことなどから、PL法による
懲罰的な慰謝料の支払いを回避するためではないか、といった意見があります。

 私も、次の点などを検討してみたいと思っています。
 ・ 油圧4系統がフェイルセーフになっていなかったので、設計ミスとして責任を問えるのか?
 ・ ボーイング社の作業ミスは、PL法で責任を問えるのか?
 ・ ボーイング社に損害賠償したご遺族はいたのか?

 例えば、修理ミスではPL法による責任を問えないのであれば、フェイルセーフになっていない
設計ミスに人々の目が向かないように、早期に示談交渉の決着をつけたかったのではないでしょうか?


99/06/11(金) 09:31 吾妻


[258] Re:747のランディングギアは 返信

>油圧ダウンしたときに、降りる構造ではないのでしょうか。
>また、事故機は墜落時にギアを降ろしていたのでしょうか。

 事故発生から約15分経過した時点で、航空機関士の提案がありギアダウンしています。


99/06/11(金) 08:56 吾妻


[257] Re:ボーイング社は 返信

べつに猫左衛門さんを攻撃するつもりではありませんが…
B747の問題点を123便1機固有のものにしたかったからでは?

99/06/11(金) 06:33 SUZAN


[256] 747のランディングギアは 返信

油圧ダウンしたときに、降りる構造ではないのでしょうか。
また、事故機は墜落時にギアを降ろしていたのでしょうか。

99/06/11(金) 05:46 猫左衛門


[255] ボーイング社は 返信

日本側から指摘もされないうちになぜ隔壁の修理ミスを認めたりしたか。
これは疑問です。交通事故を起こして、自分の方に過失割合が大きい場合でも
けっして「I'm sorry」とは言わない国の企業がああいった行動をとるのは
通常ありえないことです。

99/06/11(金) 04:59 猫左衛門


[254] 横浜緑区では 返信

パイロットは脱出して無傷でした。住宅地上空で乗員二人が脱出した機体は
住宅に突っ込み、火災を発生させました。
当時、日米安保に反対の人々は格好の攻撃材料にして騒いでましたよ。
米軍は日本人を守ることはないことが証明されたっていって。

救助しなかったことについては既述の通りですが、
脱出前に機体を人家のない方向に向ける等の処置を全く講じようともしてなかった
のは彼らの意識を推測する要素にはなります。

99/06/11(金) 04:55 猫左衛門


[253] 猫左衛門さんへ 返信

がんばってください。応援してます。

99/06/11(金) 03:55 矢追純一


[252] Re:在日米軍 返信

猫左衛門さんへ

>それから、昔 厚木を離陸した海兵隊のRF4が横浜に墜落したとき米軍の
>レスキューヘリは無傷のパイロット達を回収して、目の前にいる重傷を負った
>日本の民間人は放置していましたよ。

 見ていたのですか?
 どこかのマスコミ報道を鵜呑みにしていませんか?

>ただ、これとの比較で米軍が日本の民間機を救助しようとしたとかいうのは
>著しく不自然であると感じただけです。

 万が一、横浜の時は日本人を放置していたとして、(信じられませんが)
 私だったら
 その時の反省もあり、123便では進んで捜索したもの、と考えますが・・・
 ただし、けいさんも言われているように、比較すること自体に無理があります。

>当初は、たまたま通りかかった機が発見した と言ってたんです。
>言ってる事がつじつまがあわないんですよね。

 在日米軍の発表を直に聞いたのですか?
 色々な人や機関を経由すると、誤った情報が伝わりやすいものです。
 あるいは、在日米軍の広報部門がC130の行動を十分把握していなくて間違えたかもしれません。(当然、故意ではなくて)

 このように、色々な見方があるものです。

 しかし、自分の都合の悪い情報は信じない、と言うのであれば
 お引き取り願うしかないですね。

99/06/11(金) 03:48 吾妻


[251] たけみさんへ 返信

240番に対する返信です。
>再調査依頼に対する著名運動や活動など、そういったことを推進して行くべき
確かにその通りだと思います。しかしこのHPの管理人である私はまだまだガキなのであんまりエラそうなことは言えません。大体このHPを作ったときはここまで人が集まるとは思いませんでしたし、ゲストブックもたまに誰かが感想を書いてくれればいいぐらいに考えていました。それが今では航空事情について詳しい方にたくさん集まってもらえるようなHPになり、それ故に(航空関連についてそれほど詳しくない私にとって)HPの作成に責任を感じているような状態です。他の航空関連の団体や8・12連絡会の方にコンタクトするとか、思い切って団体を発足させるといった方法があると思います。何か具体的なご意見はありますか?何か活動に進展があればいいんですけどね。

99/06/10(木) 18:01 SUZAN


[250] Re:K・SUZUKIさんへ 返信

>このライトターンについてですが、
>私にはなぜライトターンなのか今一つはっきりしません。

すでにご存じでしょうが、あくまでご参考に。
知らない方も多数いらっしゃると思いますので。

読売新聞より抜粋(87年のもの。日付は確認し忘れました)
少し長いですがご容赦ください。

運輸省航空事故調査委員会は、六十年八月に墜落した日航ジャンボ機の乗員が、異常発生直後に海側でなく山側への「ライトターン(右旋回)」を決断した理由について調べていたが、二十四日までに、「当時、機長が操縦室の右席に座っていたため、旋回するのに自分の視界のきく右側を選んだ」との見方を固めた。
(略)
 事故調査委は、事故機が山岳部へ向かうきっかけになった“運命のライトターン”をなぜ乗員が決断したのか、現役パイロットから事情聴取するなどして分析してきた。
 この結果、(1)事故機ではこの日、副操縦士の機長昇格訓練のため、左右二つの操縦席のうち、左側の機長席に副操縦士、右側の副操縦士席に機長が座って離陸、副操縦士が操縦を行っていた(2)「ライトターン」を指示したのは右席にいたとみられる機長だった(3)緊急引き返しの場合、パイロットは、他機などの見張りを担当する乗員の視界がきく方向を選ぶ傾向が強い――などから、事故調査委は「見張り役の立場にあった機長が、自分の視野が開けている右側へのターンを選んだ可能性が強い」と判断した。
(略)
 一方、ライトターンについては、見張り役乗員の視界に合わせた旋回方向の選択はパイロットの通常の傾向に沿ったものであり、その後、山岳部へ向かってしまったのは、機の主な操縦機能が失われたことが大きく影響しているとみられることなどから、ライトターンが適切だったかどうかの評価は行わなかった。

99/06/10(木) 16:35 まっしろ


[249] Re:在日米軍 返信


こんにちは。少々、反論します。

>猫左衛門様

>それから、昔 厚木を離陸した海兵隊のRF4が横浜に墜落したとき米軍の
>レスキューヘリは無傷のパイロット達を回収して、目の前にいる重傷を負った
>日本の民間人は放置していましたよ。

この横浜の事故については、あまり記憶が無いので、反論しにくいですが、
RF4が墜ちた場所とパイロットが脱出着地地点は、離れていたと思われます。
放置したのではなく、場所が違った為に救助出来なかっただけなのでは?

もしくは、救助出来る状態ではなかったのかも。

>私はそのこと自体、不当なことだとは思いません。彼らにはそんな義務はないばかりか、むしろ救助などする事は法的には不適切なことですから。

法的に不適切とか適切とかじゃなく、目の前にいたら助けるでしょう。ましてや、間違いなく
米軍が悪いのですから。パイロット救出地点では、他に負傷者が見あたらなかっただけ
なのでは、ないでしょうか?

>ただ、これとの比較で米軍が日本の民間機を救助しようとしたとかいうのは
>著しく不自然であると感じただけです。

ずっとROMしていましたが、あなたは、自分の考えを他人に押しつけているようにしか
思えません。大体、横浜の事故と123便の事故を比較するのも変な話です。
全く事故経緯がちがいますし、当時の国政もまた違っています。どう見たって比較出来ない
と思われます。自分の仮定にほぼ間違いないと思われるのは、結構なことだと思いますが、
もう少し状況をわきまえて発言してほしいです。自己主張でしたらご自分のHPでどうぞ。

99/06/10(木) 13:54 けい


[248] Re:私の視点 返信

>全ての情報は鵜呑みにすべきではなく、様々な角度から可能性を検討したり、
>裏の意味を検証したりすべきであるという立場です。

 この意見には賛成しますが、
 不倫報道や1系統生存記事は鵜呑みにしていませんか?

99/06/10(木) 08:18 吾妻


管理者:SUZAN