「日航123便御巣鷹山墜落事故の真実」へ戻る

御巣鷹山事故ゲストブック過去ログ20

御巣鷹山ゲストブックの書き込みログです。書き込みを消去したいという方はご連絡ください。


[1940] Re:N・Mさんへ

>そこに専用の掲示板とか置いたらいいじゃないですか。

 読者さんへ!
 私は、その掲示 板は置かない方がよいと思っております。その理由は以前にも記しましたが、私見は常識外の、とても信じられないことであり、罵りが続出することが予想され るからです。罵りは私見が抹殺されていくことであり、事故調は、そのことを待っておられると思うからでもあります。この点、SUZANさんには大変申し訳 なく存じます。従って、もし、SUZANさんが「書き込みを止めてくれ!」と言われるのであれば、そのように致します。
 なお、私は半年以上に 亘って、この掲示板で、ご質問にお答えしてきたつもりですが、ご質問は未だ、多々あると思います、しかし、著書『天命の陳情』と、そのHPに記述した内容 が、私見の全てでありますので、それらを精読して頂き、当事故原因に関しては、ご自身で審判を下して頂きますよう、ここにお願い申しあげます。

02/09/16(月) 10:38 N・M [ YahooBB219023066117.bbtec.net ]


[1939] Re:Re:Re:Re:Re:NMさんに質問です。

>なぜN.Mさんが妄想呼ばわりされているかと言うとですね、
>爆弾だのグリコだの言っているからなのではないでしょうか?

 ILさんへ!
 あなたは以前、実名まで挙げて「○○さんは笑っておられましたよ!」と罵っておられた方ですね。その方へ次の三点を、是非お伝えして頂くよう、ここにお 願い致します。
@ 私が主張する確証(客室高度警報音が正規に鳴り始めて時刻・18時25分04秒)に、もっと注目をして頂きたい。

A 当事故原因に関する日乗連見解は、この確証を主軸とした内容に書き換える必要があるのではないか。

B 関係乗員組合はこの確証の発見をもって、また先頭に立ち、事故調への再調査の陳情を続けるべきではないか。

 以上の三点です。なお、私は日乗連に対しては、1999年8月12日に、事故調へ提出した意見書の写しを送付し、私見について検討をして頂くよう、お願 いをしているということを、ここに申し添えます。

 上記の書き込みの件ですが、事実、当機墜落の夕刻には、中年の男性の声で過激派と名乗り、当機を「爆破した」との怪電話が、防衛庁と日航にあっているで はないですか。
 あなたは、どうしてこの怪電話に注目をされないのでしょうか。この点についての貴見解をお聞かせ下さい。
 なお、この怪電話の詳細については、著書『天命の陳情』のHPで紹介していますので、必要なら参照して下さい。

 

02/09/16(月) 09:48 N・M [ YahooBB219023066117.bbtec.net ]


[1938] Re:Re:N・Mさんへ

>貴方は一度管理人様より警告されているはずです。

North Windさんへ!
あ なたは以前、私見は門前払いされていると、勝手に決め付けて、憶測で、そのように罵られた方だと思います。しかし、私見は門前払いされた訳ではありませ ん。事故調は真剣に私見を検討しておられます。また事故調は、事故調見解の隔壁破裂説及び事故原因が、真っ向から否定される、大変な確証が発見されたとい うことにも気づいておられます。この点、再調査に関する事故調の、目下の本音は、「そっとしておいてくれ!」であろうと私は思っております。
 上 記書き込みの件ですが、確かに私は、どのような書き込みがあろうとも、目をつむり、書き込みはしないと申しました。しかし、あなたのように、N・Mさん へ!との名指しで書き込みがあった場合は返事をしない訳にもいかないでしょう。あなたも、その返事を待っておられるのでしょうから。
 なお、管理人さんは私へ、「書き込むな!」と警告された訳ではありません。管理人さんは「本の宣伝をしていると思う人があるから、書き込みには本のHP をリンクさせないで下さい」と言われました。以後そのようにしているつもりです。この点、管理人さんにご確認下さい。
 

 

02/09/16(月) 08:48 N・M [ YahooBB219023066117.bbtec.net ]


[1937] 事故機の破片回収・・・

事故当時の記憶・・・

尾翼を回収した 試験運用中の自衛艦は
中東(確か・・)で 民間機を軍用機と間違えて撃墜した。
アメリカのイージス艦と同型。

123便の事故当時も色々とテスト中???

02/09/16(月) 00:36 もぐ [ SAPba-27p209.ppp13.odn.ad.jp ]


[1936] Re:オレンジ色の物体??

事故現場から薄いオレンジ色が付着している板のような金属が回収され、それを無人標的機を知らない人が記事にしたものです。
回収している場面が、単行本にカラー写真で載っています。

しかし、本HPのトップページに私が提供した、無人標的機の写真を見れば分かるように、無人標的機の塗装は鮮やかなオレンジで
回収された物とはまったく異なります。

私は、回収された物は荷物コンテナではないかと考えています。

>事故直後 123便(通称ジャンボ)に使われていないはずの オレンジ色の物体が 事故現場で発見って!! 
>新聞 or 週刊誌で 煩雑に記事になっていたのですが・・
>
>ある日突然 マスコミから ”オレンジ色の物体”の記事が無くなりました・・・

02/09/15(日) 02:55 吾妻 [ usr005.be17ps.ns3.im.cyberhome.ne.jp ]


[1935] Re:N・Mさんへ

「読者さん」に同感です。
N・M 氏はご自分のBBSを持つべきですね。

N・M 氏は「天命を待つ」と、こちらのBBSには書き込まないと一度約束されたはずです。
約束を守れない人を誰が支援するというのですか?
また池田氏も、貴方は一度管理人様より警告されているはずです。
貴方もご自分のHPを持つべきでしょう。

02/09/15(日) 01:22 North Wind [ ACCA1Aaa188.hkd.mesh.ad.jp ]


[1934] 沢山の方々に感謝・・・

Re、してくれている方々に それ以上の疑問や質問が出来ない未熟者です・・・ 
事故当時や近年の123便事故関連で 自分自信で疑問や未消化の部分を ここにカキコミさせて頂いています。



02/09/15(日) 01:00 もぐ [ SAPba-27p209.ppp13.odn.ad.jp ]


[1933] オレンジ色の物体??

事故直後 123便(通称ジャンボ)に使われていないはずの オレンジ色の物体が 事故現場で発見って!! 
新聞 or 週刊誌で 煩雑に記事になっていたのですが・・

ある日突然 マスコミから ”オレンジ色の物体”の記事が無くなりました・・・

02/09/15(日) 00:48 もぐ [ SAPba-27p209.ppp13.odn.ad.jp ]


[1932] Re:Re:Re:Re:NMさんに質問です。

思うにですね、調査報告書の矛盾点は皆さんわかっていると思います。
なぜN.Mさんが妄想呼ばわりされているかと言うとですね、
爆弾だのグリコだの言っているからなのではないでしょうか?
でしょ?ドクター氏

02/09/14(土) 23:53 IL [ E3DAD.rivo.mediatti.net ]


[1931] N・Mさんへ

やっぱりご自身のHP持った方がいいですよ。
そこに専用の掲示板とか置いたらいいじゃないですか。
ここだと書込みするにも躊躇いがあります。
同じように思う方もいるんじゃないでしょうか。
N・Mさんと同じような考え方を持つ人は決して少なくないと思います。
そういう方々の為にもそういう場をご用意していただければと思います。
無料のレンタルもありますし、ご検討願います。

02/09/14(土) 17:24 読者 [ O220093.ppp.dion.ne.jp ]


[1930] Re:Re:Re:NMさんに質問です。

>仮にあなたが747SRのライセンス承認を受けていたとしましょう。
>実際に当該機を運航している方が、あなたのような妄想をおもちならば、
>恐ろしい事だと感じたからです。
>片桐機長の例もありますし・・

 ドクターさんへ!
 上記の書き込みについてですが、勝手に、私の妄想であると決め付けて、得意満面のようですが、このように実名まで挙げて反論されたということは、名誉毀 損罪が成立していると思われますが、如何でしょうか。
 あなたが私見に対し、反論される目的及び理由は何でしょうか? 再調査は必要がないということでしょうか? もし当事故原因に関し、確たる見解をお持ち であれば、その見解を是非お聞かせ下さい。単なる罵りでは返事の仕様がありません。

 皆様へ!
 日航は独自の社内調査で当事故原因ついては、国と同じような結論を出すようですが、この掲示板では「みんなで一丸となって!」との、再調査実現へ向けて の建設的な意見が出されています。
 当事故原因に関しては、当掲示板上でも十人十色の考えがあるのであり、一丸になることは至難の技であろうとは思います。しかし、一丸になれる道はあると 思います。
  私は事故調査のために、わざわざ航空機への設置が義務付けられた、当該機のCVR上に事故調見解の隔壁破裂説及び事故原因を、真っ向から否定する確証を発 見致しました。その確証とは18時25分04秒にCVR録音されている客室高度警報音が正規に鳴り始めた時刻のことです。この時刻というものは事故調が CVRを解読され、事故調が公表されたものであり、誰も否定することが出来ない証拠であります。しかし殆どの人が、この時刻が何を意味しているのかについ ては理解が出来ずにおられると思います。また、この時刻が如何に重大で重要な発見であるのかについても気づいておられないと思われます。
 私は、 この確証(客室高度警報音が正規に鳴り始めた時刻・18時25分04秒)をもってすれば、皆が一丸となれる道が切り拓かれていくと思います。その理由は、 この確証は皆が同意を出来るものであり、誰も否定することが出来ない証拠であると思うからです。私は、これ以外の方法では再調査の実現は難しいと思いま す。
 私は世のご支援と、この確証の発見をもってすれば、再調査の実現が可能になると信じていますが、問題となる点は、この確証が、どうして事故 調見解の隔壁破裂説及び事故原因を真っ向から否定していると断言が出来るのか、また、どうして再調査の必要があるとの陳情が出来るのかについて、一般の人 への説明が、非常に難しいことです。この点は専門的なことであり、非常に難解なところです。従って、私の説明では理解できないということであれば、乗員等 専門家に尋ねて頂くより仕方がないと思います。
 私は、皆が一丸となれるか否かは、この難解な点を一般の人が、真に理解できるか否かに掛かっていると思います。
 この侭では当事故原因は事故調見解の侭となり、迷宮入りすると思いますので、この掲示板にお集まり方々が、まず、この難解な点を理解して頂きますよう、 ここに、重ねてお願い申し上げる次第です。

02/09/14(土) 14:41 N・M [ YahooBB219023066117.bbtec.net ]


[1929] Re:Re:Re:Re:Re:NMさんに質問です。

>NMさんへ。要するに「本を買ってください。」と、いうことですね?

 のぞき見さんへ!
 いいえ、そうではありません!それは全く見当違いであると、はっきり申し上げておきます。本は買ってもらわなくても結構です。
  私のお願いは、何故に私が事故調へ、当該機の事故原因再調査の陳情をしなければならなっかたのか、その理由を、当事故原因に疑問をお持ちに方々に、是非 知ってもらいたいと云うことだけです。私は、当掲示板にお集まりの方々は、当事故原因に疑問をお持ちの方が殆どであろうと思っております。
 その理由だけででもよいから知りたいということであれば、天命の陳情というキーワードで検索し、『天命の陳情』のHPを訪ねてみて下さい。もちろん無料 でご覧になれます。

02/09/14(土) 10:52 N・M [ YahooBB219023066117.bbtec.net ]


[1928] Re:Re:行方不明の標的機・・

>3項で見失って回収できなかった場合を行方不明としたのではないかと思います。

 あくまでも、飛行を停止しパラシュートが開いて海上に落ちてくる間に風で流されたりして、落下地点に到着するのが遅れ、
波間に漂っている無人機が見つからないことを示します。

02/09/14(土) 01:39 吾妻 [ usr005.be17ps.ns3.im.cyberhome.ne.jp ]


[1927] レス1923補足

こんなのはいかがでしょ?

http://www.mars.sphere.ne.jp/hacyando-/airusa.htm

02/09/14(土) 01:25 雪風@自衛隊板からきました [ P061198175193.ppp.prin.ne.jp ]


[1926] Re:行方不明の標的機・・

無人標的機はミサイルのターゲットになる為、下記理由により消耗していくので毎年予算要求しています。

1.ミサイルが直撃等して機体が破損し、回収できなかったか回収できても損傷が激しく、廃棄した
2.何度も使用し、機体の損傷が激しく廃棄した
3.色々な理由(詳しく書くとまずいと思われるので省略)で回収できなかった

3項で見失って回収できなかった場合を行方不明としたのではないかと思います。


>JAL123便の事故後に 
>自衛隊から標的機の購入が予算に組み入れられて(理由→ 標的機が行方不明になったそうです・・)
>国会の予算委員会(だと思ったけれど)で追求されていました(TVで見ました)

02/09/14(土) 00:29 吾妻 [ usr005.be17ps.ns3.im.cyberhome.ne.jp ]


[1925] 行方不明の標的機・・

JAL123便の事故後に 
自衛隊から標的機の購入が予算に組み入れられて(理由→ 標的機が行方不明になったそうです・・)
国会の予算委員会(だと思ったけれど)で追求されていました(TVで見ました)

02/09/13(金) 23:57 もぐ [ SAPba-27p209.ppp13.odn.ad.jp ]


[1924] Re:Re:Re:Re:NMさんに質問です。

NMさんへ。要するに「本を買ってください。」と、いうことですね?
わかりました。まだ本屋にあったら買ってあげましょう。
これで、満足ですよね?さようなら!

02/09/13(金) 23:38 のぞき見 [ cdu09b244.cncm.ne.jp ]


[1923] Re:Re:・・・・

レス1917に追加。

>電磁波吸収塗料(スティルス戦闘機or爆撃機)のテスト中の標的機
ステルス性は機体の形状で決まるのでは?
例:F/A-18CとF/A-18Eの形状比較

http://atode-sagasite-okimasu-node-kanben.

02/09/13(金) 22:41 雪風@自衛隊板からきました [ P061198175050.ppp.prin.ne.jp ]


[1922] Re:ここで問題です

>村岡氏の著書で記憶違いか勉強不足かで大きく間違った記述の個所があります。

 出題者さんへ!
 間違った個所とは、どこのことでしょうか?

02/09/13(金) 21:29 N・M [ YahooBB219023066117.bbtec.net ]


[1921] 紙飛行機さんへ

お元気でしょうか? この板もたまには閲覧しに来てますか?

その後の私は相変わらずコツコツとやってます^^

ちょっと進歩もしましたよ〜  それでは

02/09/13(金) 18:55 i_288 [ csc4-789.tokyo.mbn.or.jp ]


[1920] Re:Re:Re:Re:・・・・

>アメリカへ電波吸収塗料を輸出する民間企業のテストのために、自衛隊が支援することは
>あり得ません。
>
>航空自衛隊は、三角錐型の物体を戦闘機で曳航して標的として使用するので、チャカや
>FIREBEEの無人標的機を持っていません。
>
>それでは納得しない人に・・・仮に、このような飛行試験をおこなう場合には、複数の
>部隊が関与して複数の機体等を使用することになり、多額の費用が必要になります。
>当然この費用は税金の為、予め予算化する必要があり、年末の大蔵(今は財務)折衝を
>パスしなければなりませんが、子供でも分かるように、絶対無理
>
>無人機関連なので、久しぶりに投稿した吾妻でした。

非常に理にかなった事実を言っていると思われますが、某センセーはこれを見てもこういうでしょう。
「闇の政府が秘密工作のためにやっていることだから金は●●エモンの4次元ポケットから出されるのだ!だから予算折衝など必要もなく無人機もどこからとも なく調達される・・・」と。

02/09/13(金) 05:21 [ 212.15.17.210 ]


[1919] ここで問題です

村岡氏の著書で記憶違いか勉強不足かで大きく間違った記述の個所があります。(1箇所じゃないよ)
それは、どの個所でしょうか?
読んだ方のみの解答で結構です。無理して買うこと無いしね。

02/09/13(金) 02:58 出題者 [ 203.160.245.15 ]


[1918] Re:Re:Re:・・・・

アメリカへ電波吸収塗料を輸出する民間企業のテストのために、自衛隊が支援することは
あり得ません。

航空自衛隊は、三角錐型の物体を戦闘機で曳航して標的として使用するので、チャカや
FIREBEEの無人標的機を持っていません。

それでは納得しない人に・・・仮に、このような飛行試験をおこなう場合には、複数の
部隊が関与して複数の機体等を使用することになり、多額の費用が必要になります。
当然この費用は税金の為、予め予算化する必要があり、年末の大蔵(今は財務)折衝を
パスしなければなりませんが、子供でも分かるように、絶対無理

無人機関連なので、久しぶりに投稿した吾妻でした。

>>>私は スティルス航空機用(アメリカへの輸出・・)の
>>>電磁波吸収塗料(スティルス戦闘機or爆撃機)の
>>>テスト中の標的機(航空自衛隊練習用(オレンジ色))の接触事故と思っています・・・
>>
>> 1985年当時、電磁波吸収塗料は開発されていたでしょうか。現在米国で使用されているステルス機の電磁波吸収塗料は日本製でしょう か。
>
>電磁波吸収塗料 → 元々は 技術力のある日本の某メーカーが 一般向けの電子レンジ用に開発??(所詮 電子レンジも 元々は レーダーの技術 だし・・)
>
>追伸 某JAL123便関連の書籍には 123便の事故後に アメリカが”スティルス爆撃機を開発中”と発表したそうです・・・ 
>

02/09/13(金) 00:47 吾妻 [ usr005.be17ps.ns3.im.cyberhome.ne.jp ]


[1917] Re:・・・・

>テスト中の標的機
あれって無線操縦(誘導に非ず)だったような。
果たして旅客機にぶち当てることが可能かどうか。

02/09/13(金) 00:28 雪風@自衛隊板からきました [ P061198174151.ppp.prin.ne.jp ]


[1916] Re:Re:Re:NMさんに質問です。

>> ドクターさんへ!
>> あなたは以前、この掲示板で「ただのトンデモ本にしか思えないのですがね・・・」と罵られた方でしようか?
>> 上記のご質問の件、本にも記していますが、著書『天命の陳情』のHPが開設されており、そこにも記していますので、天命の陳情という キーワードで検索し、そのHPを訪ねてみて下さい。ご質問の意図はなんでしょうか?
>> 
>
>また本の宣伝ですか?
>私の質問に答えられないのでしょうか?
>質問の意図ですか? 
>仮にあなたが747SRのライセンス承認を受けていたとしましょう。
>実際に当該機を運航している方が、あなたのような妄想をおもちならば、
>恐ろしい事だと感じたからです。
>片桐機長の例もありますし・・

 ドクターさんへ!
 私は著書『天命の陳情』のおわりにの章に、次のように記述しているということを、ここに申し添えます。
  「私は一九九九年春、某航空会社を定年で退職したが、当該機と同型機で十八年と少々、乗務をしたことになる。何の文才もない私が、どしうて、このような ハードな内容の本を、つたない文章で出版しようとするのか、また、その力を何処から得ているのかが不思議でならない。強いて言えば、当機事故原因に関して は、種々の疑惑があることに、私だけが気づかされたための、私だけに課せられた天命!との考えが、その力を発動しているのかもしれない・・・」と。

02/09/12(木) 23:48 N・M [ YahooBB219023066117.bbtec.net ]


[1915] ドクター氏へ

「仮にあなたが747SRのライセンス承認を受けていたとしましょう。
実際に当該機を運航している方が、あなたのような妄想をおもちならば、
恐ろしい事だと感じたからです。」とNM氏に対し発言されていますが
NM氏の事故調に対する指摘は以下のとおりでどこが妄想なのか不明です

あなたはNM氏の本「天命の陳情」をしっかり読み理解された上で発言
したほうがいいと思います。空の安全を願っている物に対し「妄想」とは
誹謗中傷にあたりこの点はNM氏に対し謝罪ください
NM氏の指摘のどこがおかしいのかを明確に指摘した上で討論ください

まずコックピット内のアラームについては「客室高度警報音と離陸警報音は、一つで二つの役目をする」との指摘は乗員でないと知らないことであり
また知らないのであれば乗員に聞いてドクター氏は理解する必要が
あります 

以下にNM氏の指摘を載せて起きます

事故調は、私からの指摘があっているにも拘わらず、この時刻に対しては、全く注目をしておられません。その理由は、爆発音発生の2.5秒後に鳴った一秒間 の警報音を、急減圧の発生を報せる客室高度警報音であったと決め付けてしまっておられるからです。
客 室高度警報音と離陸警報音は、一つで二つの役目をする、同じ音の警報音であるため、識別が難しい訳ですが、この時の警報音は客室高度警報音ではなく、実は 離陸警報音であったということです。即ち、事故調は離陸警報音であったものを客室高度警報音であると勘違いをして、大規模な急減圧が発生したと想定をして おられるということです。この点は、事故原因を左右するのであり、この勘違いが、大変な調査ミスに繋がっていると思います。この点で、当事故原因に関して は、再調査が必要だということが言えるのです。

02/09/12(木) 19:20 事故調再調査 [ 61-205-106-172.eonet.ne.jp ]


[1914] Re:Re:NMさんに質問です。

> ドクターさんへ!
> あなたは以前、この掲示板で「ただのトンデモ本にしか思えないのですがね・・・」と罵られた方でしようか?
> 上記のご質問の件、本にも記していますが、著書『天命の陳情』のHPが開設されており、そこにも記していますので、天命の陳情というキーワード で検索し、そのHPを訪ねてみて下さい。ご質問の意図はなんでしょうか?
> 

また本の宣伝ですか?
私の質問に答えられないのでしょうか?
質問の意図ですか? 
仮にあなたが747SRのライセンス承認を受けていたとしましょう。
実際に当該機を運航している方が、あなたのような妄想をおもちならば、
恐ろしい事だと感じたからです。
片桐機長の例もありますし・・

02/09/12(木) 16:58 ドクター [ fw1.tgn.or.jp ]


[1913] 野次馬ではない

1912の方、独りよがりは言わない方がいいですよ。
あなたが思うような人はあなただけかも。
このようなページにわざわざ来ることは、金を掛けて面白半分でも来ないよ。
つまり本当は何があったのかという、素朴なしかも純粋な正義感だけだと思うよ!

02/09/12(木) 15:04 野次馬ではない [ isok0343.ppp.infoweb.ne.jp ]


[1912] ・・・・・・・・・

御巣鷹事故について色々な書き込みがあるようですけど、未確認物体やら攻撃やら
本気で思ってますか?資料を隠す 日航の対応にも呆れるが、遺族会の方々としては真剣に真実を知りたいと考えているんです。実際在職中に、元社長の連絡先を教えろと電話で激怒された遺族ま でおられました。あなた方がどういう方かは存じませんが、個人の想像や興味から他人事のように安易に物事を言わないでほしいと願います。もしあなた方が遺 族の立場だったらどんな心境になりますか?もう少し遺族に対し配慮をするべきと思いました。

02/09/12(木) 14:55 元日航関係者 [ p14001-adsao03yokoni-acca.kanagawa.ocn.ne.jp ]


[1911] Re:NMさんに質問です。

>あなたは現役のパイロットですか?
>あなたの操縦できる資格(機種)はなんですか?

 ドクターさんへ!
 あなたは以前、この掲示板で「ただのトンデモ本にしか思えないのですがね・・・」と罵られた方でしようか?
 上記のご質問の件、本にも記していますが、著書『天命の陳情』のHPが開設されており、そこにも記していますので、天命の陳情というキーワードで検索 し、そのHPを訪ねてみて下さい。ご質問の意図はなんでしょうか?
 

02/09/12(木) 00:08 N・M [ YahooBB219023066117.bbtec.net ]


[1910] Re:Re:・・・・

> 1985年当時、電磁波吸収塗料は開発されていたでしょうか。現在米国で使用されているステルス機の電磁波吸収塗 料は日本製でしょうか。

開発されていたかどうかは知りませんが、ステルス機の電磁波吸収塗料は日本でしか作れないそうです。

02/09/11(水) 18:41 嵐星 [ N083052.ppp.dion.ne.jp ]


[1909] NMさんに質問です。

あなたは現役のパイロットですか?
あなたの操縦できる資格(機種)はなんですか?

02/09/11(水) 17:23 ドクター [ fw1.tgn.or.jp ]


[1908] Re:Re:Re:Re:Re:Re:こんな返事が来ました。。。

>99%の確率で推察されているのですね?

 はいはいさんへ!
 はい、そうです。とても 信じられないこととは思いますが、私は当事故原因は人為的で意図的な航空機内部爆破(自爆行為との遭遇)にあると思います。その理由を要約して言えば、爆 発音発生直前に、そのことを示唆する奇異な会話がCVRに録音されているし、当機墜落後の夕刻には、すぐに防衛庁と日航に、当機を「爆破した」との爆破宣 言と思われる怪電話があっています。また生存者・目撃者の証言等からしても、機内で煙そのものが発生していると思いますし、甲高い音と煙を同時に発生させ る現象としては、これ以外のことは何も考えられないからです。
 グリコ・森永事件との関連に関しては、確証と言えるものがなく、論拠が稀薄である ため、一つの可能性ということに留めています。しかし、ハウス食品の浦上社長はグリコ・森永事件の犯行終結宣言文が出されることを、当便機に搭乗される以 前に、前もって知っておられたとの証言が、社長のご家族等から、今、もし得られるのであれば、この関連についても、確率がグーンと高くなると思います。
 なお、著書『天命の陳情』は単なる推理小説的な本ではなく、当事故原因を再調査して頂くための、事故調への陳情書であるということをお忘れなく!
 

02/09/11(水) 12:08 N・M [ YahooBB219023066117.bbtec.net ]


[1906] Re:Re:・・・・

>>私は スティルス航空機用(アメリカへの輸出・・)の
>>電磁波吸収塗料(スティルス戦闘機or爆撃機)の
>>テスト中の標的機(航空自衛隊練習用(オレンジ色))の接触事故と思っています・・・
>
> 1985年当時、電磁波吸収塗料は開発されていたでしょうか。現在米国で使用されているステルス機の電磁波吸収塗料は日本製でしょうか。

電磁波吸収塗料 → 元々は 技術力のある日本の某メーカーが 一般向けの電子レンジ用に開発??(所詮 電子レンジも 元々は レーダーの技術だ し・・)

追伸 某JAL123便関連の書籍には 123便の事故後に アメリカが”スティルス爆撃機を開発中”と発表したそうです・・・ 

02/09/11(水) 00:33 もぐ [ SAPba-11p215.ppp13.odn.ad.jp ]


[1905] Re:Re:Re:Re:こんな返事が来ました。。。

例の著書の販促用HPの更新をされると書き込まれるようですな。
以前よりも文字だらけになっております。面倒なので内容は読んでないけど。
続編を出版しそうな勢いですな。
カウンターは増えてないけど。。。

02/09/10(火) 01:34 出っ歯の亀さん [ 202.106.139.88 ]


[1904] Re:Re:Re:こんな返事が来ました。。。

静観するのではなかったですかね?

02/09/10(火) 00:53 のぞき見 [ cdu09b244.cncm.ne.jp ]


[1903]

推測の上に推測、妄想の上に妄想か。。。

02/09/09(月) 16:17 [ 212.15.17.210 ]


[1902] Re:・・・・

>私は スティルス航空機用(アメリカへの輸出・・)の
>電磁波吸収塗料(スティルス戦闘機or爆撃機)の
>テスト中の標的機(航空自衛隊練習用(オレンジ色))の接触事故と思っています・・・

 1985年当時、電磁波吸収塗料は開発されていたでしょうか。現在米国で使用されているステルス機の電磁波吸収塗料は日本製でしょうか。

02/09/09(月) 13:21 踊る大捜査線 [ apnc10 ]


[1901] Re:「スコーク77・76・75」

>
> JAL123便機長は「謎の飛行物体」に「攻撃」されたことを発声している。
> 2000年8月に、各テレビ局から放送されたボイスレコーダー中の、午後6時24分38〜39秒の発声は、何かがぶつかったことを言っているよ うに、聴取できる。

 機長さんが「何かがぶつかったことを言っているように、聴取できる」とおっしゃる根拠はいかがでしょうか。
>
> では「ドーン」の前の「謎の飛行物体」視認報告は、東京航空交通管制部の管制官には、聞こえなかったのか。
> この謎を解く唯一の鍵は、JAL123便の無線交信が、何者かの妨害電波によって、妨害されたと推測できる点にある。
> つまり「ドーン」に先立つ、無線機故障信号「スコーク76」の発信が、JAL123便機長によって為されたと推測すれば、謎が解決できる。

 「JAL123便の無線交信が、何者かの妨害電波によって、妨害されたと推測できる」「「ドーン」に先立つ、無線機故障信号「スコーク76」の発信が、 JAL123便機長によって為された」との根拠はいかがでしょうか。

02/09/09(月) 13:18 踊る大捜査線 [ 211.216.216.86 ]


[1900] 衝撃音

joggleさん、ご回答ありがとうございます。

それにしても、時速600kmで翼端をひっかけて山腹に突っ込むなんて、
壮絶ですね。ご遺体の損傷が激しいのもうなづけます。

バンク87度で翼端を引っ掛けたら、翼端を中心とする回転モーメントにより
胴体部は加速されたのではないでしょうか?
そして、わたしの想像ですがほとんど背面飛行の状態で機首から山腹に
突っ込んだのではないかと思います。

機首から突っ込んだため、機体がじゃばらを押し付けるような感じでつぶれ、
機内の空気が尾部へ追いやられ、また接触時の衝撃とも相まって、
小さく開口していた圧力隔壁が大きくめくれ上がったのではないかと
想像しております。

つまり、「壊れた尾翼」という書籍の中で、著者が、
「現場から回収された圧力隔壁は、大きくめくれ上がっている。これを見る限り、圧力隔壁は大きく開口したと思わざるをえない。」とのことを述べられてお り、急減圧論を補強するような形になっていますが、
この”圧力隔壁のめくれ上がり”は何も上空で起こったとは限らないと思う
のですが。

02/09/09(月) 10:14 もうもう [ pl099.nas922.d-osaka.nttpc.ne.jp ]


[1898] 「スコーク77・76・75」

 当日、午後6時24分35秒「ドーン」と、JAL123便垂直尾翼に衝突した「謎の飛行物体」について、JAL123便機 長は、7秒後ただちに、被迎撃信号「スコーク77」を発信。
 
 この「スコーク77」を受信した各部署は、すぐさま救援態勢を取った。

 JAL123便機長は「謎の飛行物体」に「攻撃」されたことを発声している。

 2000年8月に、各テレビ局から放送されたボイスレコーダー中の、午後6時24分38〜39秒の発声は、何かがぶつかったことを言っているように、聴 取できる。

 では「ドーン」の前の「謎の飛行物体」視認報告は、東京航空交通管制部の管制官には、聞こえなかったのか。

 この謎を解く唯一の鍵は、JAL123便の無線交信が、何者かの妨害電波によって、妨害されたと推測できる点にある。

 つまり「ドーン」に先立つ、無線機故障信号「スコーク76」の発信が、JAL123便機長によって為されたと推測すれば、謎が解決できる。

 ハイジャック信号である「スコーク75」は発信されておらず、JAL123便事件とは、まったく無関係である。

02/09/08(日) 17:00 池田昌昭 [ fi1004.noc.kanazawa.nsk.ne.jp ]


[1897]

凄いよね。我が日本国の政府に520余人の人命を巻き添えにしてまで特定個人を「暗殺」するガッツの有る奴が居るなんて信じ られないね。それも今現在に至るまで核心に迫ろうとする市井の一個人を「葬り去ろう」とする存在があるなんてね!
いやぁ、我が国の防諜・秘密工作能力がアメリカ・ロシア並みである証明ですね!感無量です。スパイ天国と言われた我が国が実は、こんな事を実行できる国家 だったなんてね。いやぁ、我が国の国家元首はよほどの「昼行灯」なんでしょうね!
ねぇ、池田、N・M先生!?

02/09/08(日) 03:35 ko [ 208.63.22.223 ]


[1896] ・・・・

私は スティルス航空機用(アメリカへの輸出・・)の
電磁波吸収塗料(スティルス戦闘機or爆撃機)の
テスト中の標的機(航空自衛隊練習用(オレンジ色))の接触事故と思っています・・・

02/09/08(日) 01:40 もぐ [ SAPba-19p222.ppp13.odn.ad.jp ]


[1895] Re:いますよ

>朝日新聞社が出してる文庫本(タイトル忘れたのでサーチしてみて下さい)
>に搭乗者の名前は載ってますから。

ありがとう御座います 調べてみます m(_ _)m

02/09/07(土) 20:38 i_288 [ YahooBB218136022116.bbtec.net ]


[1894] Re:バウンドは2回?

>みなさん、こんにちは!
>
>2回接触してから墜落しているので、墜落時の衝撃音を含めると衝撃音は
>3回記録されてなければなりません。
>しかし、CVRには、「もうだめだ!」の声の後は、2回しか衝撃音が
>ありません。
>
>これは、
>A)最初の接触は、樹木の先端をわずかにかすっただけで、
>  衝撃音が発生するほどのものではなかった。
>B)2回目の接触時にCVRが停止した。
>  つまり、墜落時の衝撃音は録音されていない。
>C)実際には2回しか接触しておらず、DFDRが間違っているか、
>  事故調の調査ミス。
>D)本当は3回目も録音されていたが、公表するとやばい音なので、
>  消してしまった。
>
>A)風切音でも録音されているのに、樹木に接触した音が録音されないと
>  いうことはあるのでしょうか?それとも、ほんのわずか木の頂上の     葉っぱを擦った程度なのでしょうか?
>  もしそうなら、接触したとどうしてわかるのでしょうか?
>B)についてですが、
>  翼端が樹木を切っただけで、CVRは止ってしまうのでしょうか?  
>  この時エンジンが脱落したようですが、電気系に影響を与えてCVRも
>  停止したのでしょうか?
>D)はいささか話しが飛躍して、ちょっと考えにくいですねえ。
>
>
もうもうさんの 墜落と CVR の記録の関係についてお答え致します

・ JA 8119 号機は 6 時 56 分 23 秒 一本から松(実は一本ではなく数本の
  樹木である)と接触した。 この時の音が一回目の衝撃音として CVR に記
  録された。 この接触によって接触部から1 メートル前方に取り付けられて
  いた Battery が衝撃によって落下した。 なお、この時、同じく落下した
  重要部品は第四エンジンと水平尾翼である。

・ JA 8119 号機は樹木と接触し、バウンドして高度を上げ、500 メートル飛
  行して、更にバンク角を 39°から 87°(右翼下げ ほとんど垂直 )に増
  し、右の翼端を山の稜線に接触させた。(U 字溝の形成)この時の音が二回
  目の衝撃音(最後の衝撃音)として CVR に記録された。 この接触によっ
  て残されていた総てのエンジンが脱落した。 このエンジンの脱落と ・ の
  Battery の落下によって JA 8119 号機は総ての電力を失った。 従って
  CVR はその機能を失った。

・ JA 8119 号機はさらにバウンドして 640 メートル飛行し、御巣鷹山から
  南南東 約 2500 メートルの「御巣鷹山」の尾根に、ほとんど機体を裏返し
  にした状態で墜落した。 この時の音はすでに CVR が機能を失っていたた
  めに録音されることはなかった。

http://www1.odn.ne.jp/~cck42770/

02/09/07(土) 20:38 Joggle [ YahooBB218132252046.bbtec.net ]


[1893] Re:Re:Re:こんな返事が来ました。。。

> なお、私見が罵られ、抹殺されることを事故調は待っておられるであろうということを、ここに申し添えてきます。

あぁ・・・もう見てらんない。

02/09/07(土) 12:42 IL [ E3DAD.rivo.mediatti.net ]


[1892] Re:Re:こんな返事が来ました。。。

>>>現在まで、当委員会あてにくる様々なご意見では、事故等の推定原因に変更を
>>>生じる可能性のある重大な証拠は出ておりません。重大な事実があれば
>>
> 288さんへ!
> 上記の情報、誠にありがとうございます。紙飛行機さんの「みんなで一丸となって!」との呼びかけに、すぐ同感され、再調査へ向けての熱意が感じ られます。
>  上記の事故調からの返事である「推定原因に変更を生じる可能性がある、重大な証拠は出ておりません」の件ですが、私は、その重大な証拠を事故調へ三回も 提示しています。その重大な証拠とは、爆発音発生の30秒後(18時25分04秒)に鳴り始めていた客室高度警報音のことです。これは事故調査のために、 わざわざ航空機への設置が義務付けられているCVRに録音されていたものであり、誰も否定することが出来ない証拠だと思います。
> 事故調 は、隔壁の修理ミス部が、遂に破裂し、客室の与圧空気が数秒で大気圧まで抜けたため、その時の衝撃波と風圧によって、垂直尾翼等の尾部が破壊されたと想定 しておられます。しかし、この時刻というものは、爆発音発生の30秒後に客室高度が500フィートから10,000フィートへ、やっと上昇したということ を意味するのであり、与圧空気は、もっと徐々に抜けていったという証であります。即ち、事故調見解のような大規模な急減圧は、決して発生していないという ことの確証であるということです。従って、この確証が発見されたことで、事故調見解の隔壁破裂説及び事故原因というものが、真っ向から否定され、必然的に 崩壊していると断言が出来るのです。
> 事故調は、私からの指摘があっているにも拘わらず、この時刻に対しては、全く注目をしておられません。その理由は、爆発音発生の2.5秒後に 鳴った一秒間の警報音を、急減圧の発生を報せる客室高度警報音であったと決め付けてしまっておられるからです。
>  客室高度警報音と離陸警報音は、一つで二つの役目をする、同じ音の警報音であるため、識別が難しい訳ですが、この時の警報音は客室高度警報音ではなく、 実は離陸警報音であったということです。即ちA事故調は離陸警報音であったものを客室高度警報音であると勘違いをして、大規模な急減圧が発生したと想定を しておられるということです。この点は、事故原因を左右するのであり、この勘違いが、大変な調査ミスに繋がっていると思います。この点で、当事故原因に関 しては、再調査が必要だということが言えるのです。 以下、1888に同文

 追記 皆様へ!
 この掲示板で、私見は門前払いされ ているとの書き込みがありましたが、そうではありません。また、私は、上記の確証の発見をもって、事故調へ当事故原因再調査の陳情をし、今もなお、その陳 情を続けていることになります。事故調へ提出した一回目の意見書に対しては、委員長から返書がありましたし、爆発音発生直前の奇異な会話についても、緊張 度等の緻密な調査がなされています。また二回目提出の意見書に対しては、元防衛庁の統合幕僚長であられた方が、私見に対する担当委員として、特別に人選さ れ、その方が、私見を真剣に検討しておられます。従って、事故調は重大な証拠が発見されたということを承知しておられることになります。また、上記の確証 が発見されたことで、最終報告書の事故原因が、真っ向から否定されるということにも気づいておられることになります。
 事故調は「再調査はしな い」との簡略的な表現で、私への返事をされました。また「重大な証拠は出ておりません」とのことですが、「再調査はしない」、「重大な証拠は出ておりませ ん」というよりも、「再調査はとても出来ない。大変なことになる、そっとしておいてくれ!」というのが事故調の本音であろうと私は思っております。この 点、事故調の怠慢だと言えるのかもしれません。
 私は世のご支援と、この確証の発見をもってすれば、「そっとしておいてくれ!」との考えをも打破 し、当機事故原因再調査の実現が可能になると思います。また、この確証が発見されたことで、事故調には国際法的にも再調査の義務が生じていると思います。 何故なら、この証拠は当該機のCVRに録音されていたものであり、事故調見解の隔壁破裂説及び事故原因を、真っ向から否定する確証であるからです。
 私は当機の事故原因は99%の確率で、人為的で意図的な航空機内部爆破(自爆)にあると思います。
 何故、犯人達が自爆をしなければならなかったのか、その理由については、本の第七章で説明しています。
 なお、私見が罵られ、抹殺されることを事故調は待っておられるであろうということを、ここに申し添えてきます。

02/09/07(土) 12:13 N・M [ YahooBB219023066117.bbtec.net ]


[1891] いますよ

朝日新聞社が出してる文庫本(タイトル忘れたのでサーチしてみて下さい)
に搭乗者の名前は載ってますから。

02/09/07(土) 07:27 電波君 [ i206216.ppp.asahi-net.or.jp ]


[1890] Re:Re:こんな返事が来ました。。。

> 事故調は私からの、このような指摘があっているにも拘わらず、「重大な証拠は出ておりません」とのことで、この確 証が発見されたことに注目をせず、この確証を無視しておられる訳です。
>

さ て、無知な私に出来る次のステップを考察してみました。 先日も申し上げた通り私は航空力学だの金属の強度だのと言った専門知識を語れるだけの権威を持ち 合わせておりませんし、世の中の大部分の人もまたそうだと思います。 なので大勢の人々に本件の疑問についての感心を持ってもらう為にはやはり素人でもわ かる(当然、何だこれ?って印象が持てるモノ)情報の提供が好ましいと思っています。 具体的には2年前位にTVで放映されたアメリカでの減圧実験映像と 事故調の実験映像が良いと思います。  その為にはその映像が必要なのですが、どなたかお持ちでしょうか? もしくわ入手の手段は?  知人の親類がたま たまフ○テレビの牧○アナウンサーなので聞いてもらってますが、現在のところ資料映像の入手が私の課題です。 その先については、私の恩師である教師が現 在はとある地域の権力者。。。〜中略  学校で生徒や父兄に講義(そんなカッコ良くない^^)をして広めていく手段と考えています。 最後に質問なのです が、搭乗者の中に外国人はいたのでしょうか? ご存知の方がいらしたら教えて戴ければ幸いです。

追 伸・・・事故調からその後の返事は来てません。 何を隠そう、一通目は出した翌日に返事が来ましたが。。。 さて今回は?

02/09/07(土) 00:07 i_288 [ YahooBB218136022116.bbtec.net ]


[1889] Re:Re:こんな返事が来ました。。。

N.Mさん。静観してるだけだったのでは?
失望です。

02/09/06(金) 23:30 のぞき見 [ cdu09b244.cncm.ne.jp ]


[1888] Re:こんな返事が来ました。。。

>>現在まで、当委員会あてにくる様々なご意見では、事故等の推定原因に変更を
>>生じる可能性のある重大な証拠は出ておりません。重大な事実があれば
>>それを証明する根拠も必要となりますが、具体的なものはありませんので、
>>当委員会では再調査を行うことは考えておりません。
>
 288さんへ!
 上記の情報、誠にありがとうございます。紙飛行機さんの「みんなで一丸となって!」との呼びかけに、すぐ同感され、再調査へ向けての熱意が感じられま す。
  上記の事故調からの返事である「推定原因に変更を生じる可能性がある、重大な証拠は出ておりません」の件ですが、私は、その重大な証拠を事故調へ三回も提 示しています。その重大な証拠とは、爆発音発生の30秒後(18時25分04秒)に鳴り始めていた客室高度警報音のことです。これは事故調査のために、わ ざわざ航空機への設置が義務付けられているCVRに録音されていたものであり、誰も否定することが出来ない証拠だと思います。
 事故調は、隔壁の 修理ミス部が、遂に破裂し、客室の与圧空気が数秒で大気圧まで抜けたため、その時の衝撃波と風圧によって、垂直尾翼等の尾部が破壊されたと想定しておられ ます。しかし、この時刻というものは、爆発音発生の30秒後に客室高度が500フィートから10,000フィートへ、やっと上昇したということを意味する のであり、与圧空気は、もっと徐々に抜けていったという証であります。即ち、事故調見解のような大規模な急減圧は、決して発生していないということの確証 であるということです。従って、この確証が発見されたことで、事故調見解の隔壁破裂説及び事故原因というものが、真っ向から否定され、必然的に崩壊してい ると断言が出来るのです。
 事故調は、私からの指摘があっているにも拘わらず、この時刻に対しては、全く注目をしておられません。その理由は、爆発音発生の2.5秒後に鳴った一秒 間の警報音を、急減圧の発生を報せる客室高度警報音であったと決め付けてしまっておられるからです。
  客室高度警報音と離陸警報音は、一つで二つの役目をする、同じ音の警報音であるため、識別が難しい訳ですが、この時の警報音は客室高度警報音ではなく、実 は離陸警報音であったということです。即ち、事故調は離陸警報音であったものを客室高度警報音であると勘違いをして、大規模な急減圧が発生したと想定をし ておられるということです。この点は、事故原因を左右するのであり、この勘違いが、大変な調査ミスに繋がっていると思います。この点で、当事故原因に関し ては、再調査が必要だということが言えるのです。
 減圧の規模及び警報音の勘違いについては、著書『天命の陳情』で、詳しく説明しているつもりですが、この点は、専門的なことであり難解なところです。私 は、最終報告書の事故原因は、全く見当違いのものになっていると思います。
 事故調は私からの、このような指摘があっているにも拘わらず、「重大な証拠は出ておりません」とのことで、この確証が発見されたことに注目をせず、この 確証を無視しておられる訳です。
  

02/09/06(金) 19:59 N・M [ YahooBB219023066117.bbtec.net ]


[1887] バウンドは2回?

みなさん、こんにちは!

さて、joggleさんのHPを拝見しますと、
墜落時の状況は、

>JA 8119 号機は樹木と接触し、バウンドして高度を上げ、
> 500 メートル飛行して、更にバンク角を 39°から 87°
>(右翼下げ ほとんど垂直 )に増し、右側の翼端を山の
>稜線に接触させた(U 字溝の形成)。
>JA 8119 号機はさらにバウンドして 640 メートル飛行し、
>御巣鷹山から南南東約2500 メートルの「御巣鷹山」の尾根に、
>ほとんど機体を裏返しにした状態で墜落した。

とありますが、この記述から拝見する限り、
2回接触してから墜落しているので、墜落時の衝撃音を含めると衝撃音は
3回記録されてなければなりません。
しかし、CVRには、「もうだめだ!」の声の後は、2回しか衝撃音が
ありません。

これは、
A)最初の接触は、樹木の先端をわずかにかすっただけで、
  衝撃音が発生するほどのものではなかった。
B)2回目の接触時にCVRが停止した。
  つまり、墜落時の衝撃音は録音されていない。
C)実際には2回しか接触しておらず、DFDRが間違っているか、
  事故調の調査ミス。
D)本当は3回目も録音されていたが、公表するとやばい音なので、
  消してしまった。

A)風切音でも録音されているのに、樹木に接触した音が録音されないと
  いうことはあるのでしょうか?それとも、ほんのわずか木の頂上の     葉っぱを擦った程度なのでしょうか?
  もしそうなら、接触したとどうしてわかるのでしょうか?
B)についてですが、
  翼端が樹木を切っただけで、CVRは止ってしまうのでしょうか?  
  この時エンジンが脱落したようですが、電気系に影響を与えてCVRも
  停止したのでしょうか?
D)はいささか話しが飛躍して、ちょっと考えにくいですねえ。



02/09/06(金) 14:37 もうもう [ pl698.nas923.d-osaka.nttpc.ne.jp ]


[1886] そこでこんな質問

あらてめて、こんなメールをしてみました。

どんあ解答が来るのでしょうか?。。。。。。



早速のお返事ありがとう御座います。

私は専門家ではありませんので航空力学などの知識はありません。

そんな中で本件についての著書を拝読したり、また知識のある方の

ご意見をHPなどで拝聴いたしました。

そこで私如きの無知が申し上げても致し方ないと思われるので

航空業界に従事される方々で組織されている場所から具体的に

指摘されている点は如何なのでしょうか?

それは「急減圧について疑問」など多岐にわたっているようですが。。。

あらためて私が記述する必要は無いと思いますので詳しい事は省略させて

戴きます。

更にマスコミ(具体的には、フジテレビが以前に特別番組を放映していました)

が番組で独自に急減圧実験を行った際、その結果が当時発表されたものと

正反対の結果が実際の映像の中で出ていました。

これは、今回のお返事中にあった「重大な証拠」に匹敵すると思えます。

如何でしょうか?

お返事お待ちしております〜



追 伸・・・この度、そちら様よりありがたいお知らせ?が最後に付記されて

      いました。

>一方、ご承知とは思いますが、事故を起こした日本航空株式会社では
>123便の事故のため独自で社内に事故調査委員会をもうけて、国とは別に
>調査を行っていましたが、事故原因については、国と同じような結論を
>出しており、そろそろ終結するとのニュース、新聞記事が最近発表されて
>います。参考まで。

      私からも付け加えさせて戴きたいと思います。

      「権威主義に溺れる事無かれ」と「素人ほど怖いものは無い」

      この2つをどうぞ頭の隅にでもお納め下さい。

02/09/06(金) 02:06 i_288 [ YahooBB218136022116.bbtec.net ]


[1885] こんな返事が来ました。。。

事故調査委員会宛てに出したメールの返事です↓


>○日航機(123便)墜落事故について

>日航機墜落事故に係る事故調査報告書について、「再調査をすべきである。
>なぜ再調査をしないのか。」とのご指摘ですが、航空・鉄道事故調査委員会
>では、「事故調査を終えた後に事故等の推定原因に変更を生じる可能性のある
>新しくかつ重大な証拠を得たと認める場合、調査を再開するものとする」
>の規程があります。従いまして、事故を再調査する道は開かれており、
>事実過去において、再調査を行った事故もあります。

>日航機の墜落事故については、すでに17年を経過しておりますが、現在でも
>「調査に疑問がある、再調査せよ」との意見がときどきあります。
>しかしながら、これらのご意見の多くは、具体的に調査報告書のどの部分に
>ついて、このような理由から事実と反するのではないのかといった根拠や
>証拠をあげた指摘ではなく、漠然とした意見が多くあります。
>これでは、当委員会ではお答えのしようがありません。

>ご承知のとおり、日航機墜落事故に係る事故調査報告書は3百ページ以上に
>わたるものです。事故発生当時、委員会では、調査官18名を指名し、
>さらに当時の運輸省職員6名の応援をうけ、航空技術部門の専門委員13名
>を調査に参加させております。専門委員は航空機機体構造などの損傷状況を
>調査するため、大学の工学部教授、科学技術庁航空宇宙技術研究所の研究官等
>また、操縦室用音声記録装置の分析、写真画像の解析等の専門家などに
>参加して頂いております。また、事実調査を行うにあたり、警察庁、防衛庁、
>科学技術庁、東京大学地震研究所、海上保安庁、気象庁、群馬県、上野村、
>地元消防団等多数の関係機関及び関係者の協力を得ています。
>事故機の製造国である米国からも代表者及び顧問も事故調査に参加して
>おります。
>このように幅広く関係機関や多くの関係者からの協力に基づいて作成された
>報告書であります。

>現在まで、当委員会あてにくる様々なご意見では、事故等の推定原因に変更を
>生じる可能性のある重大な証拠は出ておりません。重大な事実があれば
>それを証明する根拠も必要となりますが、具体的なものはありませんので、
>当委員会では再調査を行うことは考えておりません。

>一方、ご承知とは思いますが、事故を起こした日本航空株式会社では123便の
>事故のため独自で社内に事故調査委員会をもうけて、国とは別に調査を行って
>いましたが、事故原因については、国と同じような結論を出しており、
>そろそろ終結するとのニュース、新聞記事が最近発表されています。
>参考まで。

>航空・鉄道事故調査委員会では事故の原因究明を行い、悲惨な航空機事故の
>再発防止を目的として、日夜、航空事故調査に当たっております。

02/09/05(木) 23:06 i_288 [ YahooBB218136022116.bbtec.net ]


[1883] Re:Re:爆破説

>手荷物に隠そうとキャビン最後部のトイレでごそごそしている
>うちに、安全ピンがはずれ、爆発した物です。

ありましたね、そんな事が。

>いわば過失、テロとかそんな次元の話ではないです。 

そうですね。

02/09/04(水) 13:34 はいはい [ k113172.ap.plala.or.jp ]


[1882] Re:爆破説

> トイレ内でプラスチック爆弾が仕掛けられていたそうです。

当時、暴力団抗争の激しい時代で、ヤッちゃんが東南アジアに
武器の買い付けに行って密輸入しようとしたのです。
そろそろ大阪空港に近づいたため、買い付けた手榴弾を上手く
手荷物に隠そうとキャビン最後部のトイレでごそごそしている
うちに、安全ピンがはずれ、爆発した物です。
いわば過失、テロとかそんな次元の話ではないです。 

02/09/04(水) 08:55 monaka [ octs003.zaq.ne.jp ]


[1881] 爆破説

 1996年10月26日にタイ国際航空のエアバスA300がマニラ国際空港から
大阪国際空港に飛行中、土佐湾上空で爆発物が爆発して圧力隔壁破壊が起
き急減圧が生じたため大阪国際空港に緊急着陸しました。
 トイレ内でプラスチック爆弾が仕掛けられていたそうです。
 

02/09/04(水) 07:47 コトニ [ fkok1130.ppp.infoweb.ne.jp ]


[1880] Re:Re:金属にめり込んだ

対空ミサイルの弾頭は、基本的構造は第一次大戦からある『榴弾』です。
榴弾というのはもともと柘榴弾が短くなったもの。これが進化しただけ。
(ただし一定以内距離で爆発したりとかするが)
内部の高性能爆薬は秒速7000m超で燃え(この言い方は正しくないのかもだ
が)急激に膨張し、回りの弾体を細切れの金属にし(あらかじめそうされてい
る)散弾銃のように飛び散る。対空ミサイルに限らず、榴弾はこの金属片によ
って対象を破壊する。機体近くで機体自体をバラバラにしないほどの距離で爆
発したら?圧力で押されたとうになる?そんなワケない。細かい穴だらけにな
る。図書館行って、ベトナム戦争あたりの写真でも探してみてみそ。
 ミサイルだったら、逆に乗客が満員だから、金属体が体の奥まで刺さった遺
体がゴロゴロ出てきて隠せないよ。

 手榴弾から火薬だけ抜いて、5m後ろで爆発させても耳センしていれば、背
中に爆風が押すだけでまず無事。よころが正規の状態だと、10m後ろでも、
細かい破片が一人に数十突き刺さる酷い事になる。これが榴弾。

アメリカンイーグル4184便の事故のように、翼の表決原因の墜落だけで、
機体はコナゴナ、パイロットとコパイは歯が見つからずDNA鑑定で遺体?を証
明した、なんて事故もあったりするんだがね。もちろん墜落だけで。

02/09/04(水) 03:58 キルロ イ [ p293749.tokynt01.ap.so-net.ne.jp ]


[1879] Re:金属にめり込んだ

>機体金属にめりこむようにくっついた髪の毛が何より炸薬の証明をしている。
>これは最後にとどめを刺したミサイルによる。
>外見がきれいな多くの遺体の内部の細かいザクザクな骨折も。
>これらが自然の地面衝突によって起こると証明してから、下らない演説をしろよ。

あぁ、またおかしな人が現れましたね。
ミサイルによって、そのような状態になる(ザクザク骨折)事も証明できますか?
激突時のGは相当な物だったようですしね。

02/09/03(火) 09:44 ドクター [ fw1.tgn.or.jp ]


[1878] Re:爆破説

> タイ航空機の事件はどのように思われますか?
いつ起こった事件でしょうか?
詳細を教えてください。

02/09/03(火) 02:27 はいはい [ k113172.ap.plala.or.jp ]


[1877] 爆破説

>(2)爆破説
>  これも信憑性ゼロ&面倒くさい。成功の確率も低い。
>  ばれたら大事になるし。

 タイ航空機の事件はどのように思われますか?

02/09/03(火) 02:09 コトニ [ fkok1241.ppp.infoweb.ne.jp ]


[1876]

(1)自衛隊および米軍撃墜説
  はっきり言って信憑性ゼロ。
  そんな面倒くさくて、すぐばれそうなことやらないでしょ。
  かかわる人間が多すぎるもん。
(2)爆破説
  これも信憑性ゼロ&面倒くさい。成功の確率も低い。
  ばれたら大事になるし。

事故の再調査は必要だと思いますが、
「爆破された」とか「撃墜された」とか言って、
再調査してくれといっても相手にされないと思います。

02/09/03(火) 01:39 はいはい [ k113172.ap.plala.or.jp ]


[1875] 金属にめり込んだ

機体金属にめりこむようにくっついた髪の毛が何より炸薬の証明をしている。
これは最後にとどめを刺したミサイルによる。
外見がきれいな多くの遺体の内部の細かいザクザクな骨折も。
これらが自然の地面衝突によって起こると証明してから、下らない演説をしろよ。

02/09/02(月) 22:00 髪の毛 [ isok0301.ppp.infoweb.ne.jp ]


[1874]

[1799] の もうもう さん 先ず、ベントホールについてお答えします。
Vent Hole は客室の両側の Side Wall の床から約10 cm 、前後はドアー周辺
を除く全域に設置されている、アルミの板を網状にした部品で、通常は、客室
の排気穴の役割をしています。 ただし、飛行中にカーゴ・ドアーが開いたとか、
床下で急激な減圧が発生した場合、このベントホールが開き、客室の床が差圧に
よって破壊するのを防止する役割を兼ねている 機能部品でもあります。
事故後 3 日目、日航の平沢 取締役(元日航技術部長)が落合さんに会い、
「ベントホールは開かなかった」と証言させたことは、開いたか、開かなかった
かに係わらず、日航、または、事故調側に「情報を操作する」意志があったと
いう点を重視すべきであると思います。

[1854] の「ドカン、ボカンの音」について
あの CVR の音については もうもう さんの表現を含めて色々な聴き方がされて
おります。 私はあの「爆発音」を含め、公開された CVR の音とスクリプトは
事故調によって「情報を操作する」為に改竄されたものであると思っています。

その理由は;・ CVR のテープは公開されておらず、CVR に関する作業は全て
        密室で行われた。
      ・ 圧力隔壁が破壊したことを裏付ける「ドカン、ボカンの音」の
        は落合さんの証言 "http://www1.odn.ne.jp/~cck42770/Main1.html#anchor65246"  1-3-A の『ピストルを撃ったときに響くような
        音です。「バーン」ではなくて、高めの「パーン」です。
        とは明らかに異なる。
      ・ 客室の急減圧があったとされる唯一の証拠とされる減圧警報音
        が B 747 型機のそれとは全く異なる。 また、その警報音が
        所沢の ACC で録音されたとする「交信記録」には録音されて
        いない。 以上 ・ ・ に関しては、「ねこすけ さん」のサイト
        "http://www2.tkcity.net/~jal123/jal123/jal_frame.html"
       で CVR と「交信記録」を聴いてみて下さい。
      ・ 一昨年の 8 月 民放各局が事故機のボイス・レコーダーの音声を
        放映しました。 それも最初と最後の一部だけ、私は「圧力隔
        壁が破壊したよ」、「乗務員は最後まで奮闘したよ」国民よ こ
        れで納得しろ!  THE END という事故調の「情報操作」を感
        じてならない。 悪態のつきついでに、日本のマスコミもよく
        やるわ! ニュース・ソースも明らかにしないで、ある キャス
        ターは涙を流していた。

 私のライフワークである「空の安全」を目指すホーム・ページ の Hit 者数が、
二十二万人を突破しました。 あるメル友は「Joggle さん 個人のホーム・ページ
の Hit 者数が、二十万人を超すなんて、異常だよ、もうすぐマスコミものだね!」
などと云っておりますが、私は期待しておりません。 事故の真相に蓋をした人達
にはそれなりの狙いと、構えがあってのことだろうし。 しかし、最近の社会状況
を見るにつけ、その人達の狙いに破綻が生じはじめていることが増々明瞭になって
きました。 雪印食品のこと、日本ハムのこと、そして、最近の東京電力の事故隠
しのこと、 そして、陰で 政治家などが チョロ チョロ ゾロ ゾロ・・・・。 
 
「沈まぬ太陽」を書かれた山崎 さんは NHK のスタジオ・パークに出演なさった際、
かつて「不毛地帯」で警告した頃より現在の日本の方が「金、金、物、物」の社会
になってしまった、と、指摘しておりました。
社会派作家である 山崎 さんは「沈まぬ太陽」を通し、現在の日本を覆っている拝金
主義と企業倫理の欠如が一体 何によってもたらされたものなのかを。主人公「恩地
 元」の半生を通して人間活動の面から描たものと見ることが出来ます。
私は技術屋。 科学的事実に基づいて、現在、日本を覆っている拝金主義と企業倫
理の欠如が「空の安全」に何をもたらしたのかを明らかにしました。

                  2002 年 9 月 01 日   Joggle

http://www1.odn.ne.jp/~cck42770/

02/09/01(日) 22:27 Joggle [ YahooBB218132252046.bbtec.net ]


[1873]

巡航ミサイルは確かに地形を読みながら突入する方法がある。
近頃はGPSの方法でかなり正確に突っ込む。
その歴史の初期には日本の技術なしにはできなかったと、ある有力筋から聞いている。
下らないごまかしはすべて論破される運命にある。
今日中曽根がテレビに出ていたが情緒不安の兆候が著しかった。
あんな同性愛者がどうして首相にまでなって....

02/09/01(日) 20:41 秘密 [ isok0331.ppp.infoweb.ne.jp ]


[1872] 米軍関与説へのこれだけの疑問など、

◆米軍を始めとして海外の軍は、日本の機密維持体制を信用していません。
 まず『国家機密法』の類などが無いという事実もあります。
 最近では、防衛庁の情報公開希望者についての調査結果が外部にバレたとい
う事件がありましたが、これは海外の軍関係者からは呆れられました。
 また、日本向けのF−15も重要な部分はみな『機密維持』のためブラック
ボックスとなっており、ブラックボックスとなっている部分の故障は、丸ごと
外して製造元に送ります。
 このような『ブラックボックス』が有る自衛隊の兵器は、F−15だけでは
無く、F−4戦闘機、はてはF−104戦闘機、今となっては旧式極まりない
ターターミサイル等『数え切れない』ものです。

◆例えば90式戦車の主砲
 国産よりも性能は若干落ちるがコストと実績で優れているという事から、ド
イツのラインメタル社からライセンスを購入しようとしました。
(製造技術と権利の購入の事で、軍関係に限らず自動車や二輪もやっている事
です。たとえばスーパーカブなどは数十のメーカにホンダが許可しています)
 その最、ラインメタル社は『秘密法が無い国で、実際にも信用し難い』とい
う理由で渋りました。結局は民法の範囲で厳重な製造技術の秘密の保護、そし
て万一情報が流出したさいには賠償金を払うという形でOKとなりましたが。

◆米軍は、各国の兵器テストを自国内でやらせています。
 ヨーロッパ各国も日本も、自国に対して武器の射程が長い事もあります。
 米軍からすれば『他国の最新兵器の情報の重要な部分が掌握できる』という
メリットが有ります。最近では90式戦車も、あのSSM-1も実質的なテストを
始めて行ったのは、米国内でです。反米で右よりの人では『米国内での兵器テ
ストは止めよ』というヒトもいますが・・・・

◆逆に言えば、米軍が日本国内でミサイルの類をテストするメリットが無い。
 つまり、情報モレで『極秘作戦をするには』十分に信用できない航空自衛隊
の濃密なレーダーサイト配置の中で『作戦』を行う必要があります。
 そうなれば、航空自衛隊経由での情報モレを心配する必要が有ります。

◆米軍が国内で何らかをしたとすれば自衛隊に関わらない単独でしょう。
 日本領土内を、事前許可なしでレーダーに映らない超低空侵入して騒ぎを起
こしたりとかよくやってましたからねえ。

◆実は私が高校生の時に体験した事。
 東北某所の夜近くにジェットの轟音がしたので、外に出たら夜間に数百フィ
ート以下!という超低空を二機のジェットが飛んで行きました。双発のジェッ
トの間が広い事から、即座に米軍のF−14の可能性が強いと判断しました。
 当時は未だに核戦争の恐怖が消えていない時でした。
 もしあれが私の知らないソ連機だったら・・・・?
 翌日の地方紙のトップは『米軍機、住宅地の超低空を無断飛行』

◆中射程地対空ミサイルは、民間航空用レーダーに映ります。
 実際、冷戦時にNATO側が自国側の民間航空機を誤って地対空ミサイルで撃墜
した際に、航空管制官は高速で目標に飛んでゆく『小さな高速の物体』をレー
ダーで確認しています(昔のニュースなのでどの国がとかはのソースが不明)
 あの123便の起きた地域が国内線の銀座通り的な所で、民間用レーダだけ
でも十分に確認できるでしょう。ことにあれだけの高度であれば、地上近くと
違って地表のレーダー反射による妨害もありませんし。
(SSM-1を始めとする巡行ミサイルが超低空を飛ぶのは上の目的です)

◆ミサイルよりは大きいでしょうが・・・・
 JALの貨物機46E便(93年)の事故です(無事着陸しました)
 アラスカの国際空港から離陸後、1000フィート前後で極めて激しい乱気
流に襲われ、第二エンジンが脱落!しました。この直後、管制官から、
『日本航空46Eヘビー、エルメンドーフ管制塔からの報告によると、機体か
ら何か大きな物体が落下したそうです』と即座に連絡が入っています。
(ヘビーというのは747クラス以上の大型機を意味する、なぜならこのクラ
 スの生じさせる後方への乱気流は、数キロ後方の航空機を墜落させかねない
 大きなものなので、無線ではこう呼ぶように国際的に決められている)

02/09/01(日) 20:35 キルロ イ [ p294e31.tokynt01.ap.so-net.ne.jp ]


[1871] もしそれだけの精度があれば、

#SSM-1の速度は、900km/hだそうです。トマホークよりちょっと速い。
 まず、直撃が確実にできるのなら、通常の対空ミサイル(マッハ2.5を
超える)弾頭爆薬そのものが不要ですね、ぶつければ撃墜ですから。
 747の事故で、着陸しようとしたら見落としていたセスナ一台をひっかけ
ただけで墜落してしまう事故が発生しているのです。
 M2.5の小さいモノでも、機体主要部に命中すれば撃墜まちがい無しです。

◆逆?の実例ならあります、ベトナム戦争時代の頃ですが・・・・
 旧ソ連から多量に供与されたSA-2ガイドライン(短距離地対空ミサイルと言
っているが、これは政治的事情で実際は射程は長距離と呼べる)というモノで
高高度から爆撃するB-52を撃墜しようとしましたが、電波妨害と直線飛行しな
いというだけの回避手段だけで、命中率は1%前後程度に。

 これに対してSA-2はどのように運用方法を変えられたか?
 まず目標を近距離の低空侵入する戦闘機や攻撃機に変更します。
 そして誘導機能を殺します!
 これで直進しかできなくなりますが妨害は受けません。
 目標は目視できる至近距離のみに変更です。
 そして、妨害されない起爆装置(VT信管)によって目標に接近したらドン!
(至近ならば、地上からの指令でも爆破させられるでしょう)

 この使用方法は通常のB-52に対して、遥かに高い戦果を得ました。
 195キロ〜と言われているの巨大な爆薬が弾頭には載っています。
(至近距離のスティンガーでは2キロです、弾頭が大きいのは誘導精度の甘さ
 を弾頭の大きさでカバーするためでしょう)

 かつてベトナム戦争に参加した攻撃機のパイロットは言ったそうです。
『君は直進してくるガイドラインの恐怖を知っているかね?』

02/09/01(日) 17:49 キルロ イ [ p294e31.tokynt01.ap.so-net.ne.jp ]


[1870] 池田氏へ

もういいよ

02/09/01(日) 16:57 L10 [ 142.118.111.219.dy.excite.co.jp ]


[1869] 「ドーン」の周波数波形

 当日午後6時24分35秒に、JAL123便垂直尾翼に衝突した「謎の飛行物体」の衝突音は、2000年夏に、各テレビ局 から放送されたボイスレコーダーで「ドーン」と聴取できる。

 また『事故調最終報告書』付録の172ページには、「ドーン」の再生波形が掲載されている。テレビで放送された衝撃音と、『事故調最終報告書』の「ドー ン」波形とを併せて、考えてみよう。

 まず、爆発であれば、もっと鋭い音となる。波形も、もっと瞬間的に「鋭く」なる。
 火薬が爆発し終わるまでの瞬時に、高周波が集中するが、そのような波形ではないので、爆破説は否定される。

 次に、事故調の圧力隔壁破壊説である。
 圧力隔壁から機内与圧空気の噴流があり、急減圧が起き、垂直尾翼が噴き飛んだ音とするには、どうもあの「ドーン」という音からは、違和感を覚える。

 また『事故調最終報告書』の波形図を見ても、機内与圧空気の噴流であれば、もっと波形が「緩やか」だと思う。

 これらのことから、「ドーン」はやはり、JAL123便の垂直尾翼に「謎の飛行物体」が衝突した衝突音と思える。しかも衝突直前の、低周波振動も説明で きるものである。

02/09/01(日) 11:15 池田昌昭 [ fi2198.noc.kanazawa.nsk.ne.jp ]


[1868] Re:CVRに始めの部分で

>みなさん、こんばんは!
>
>CVRに辛うじて残った音声
>
>「・・たいとおっしゃる方がいらっしゃるんですがよろしいでしょうか?」

本当にそう記録されてるかすら怪しいものですよね。
CVRの開示請求はできないのでしょうか?
実際に全てを聞かせてもらわないと…。



02/08/31(土) 23:07 ひこた ん [ p8be5bb.tkyoac00.ap.so-net.ne.jp ]


[1867] 再調査を陳情する為にできる事って・・・。

この前にも書き込ませて頂き、事故調再調査氏も同じように思われて
いらっしゃるとの事でしたが、私たちの一番の願いである“事故原因
の再調査”を陳情する為には、我々一般市民は一体どんなアクションを
すればいいのでしょうか? その辺りの事情に詳しい方、是非教えて
下さい!! BBSで“●●説”“■■説”といろいろと説を唱えても
一向にラチが開かないような気がして・・・。まず、みんなで一丸となって
再調査を現実のものとし、相模湾の垂直尾翼引き上げが行われ(仮定)、
その状況・状態を確認してから、みんなでどんどん意見を交えても
いいんじゃないかと思います。今のままでは、私達が生きている間に
真相が明らかにならない様な気がしてなりません。
万が一、再調査にまで漕ぎ着けても、徹底した原因追求が行われなければ
今度の今度こそ、この事故(事件)が永遠に封印されてしまうことと
思います。その為にも、再調査への第三者機関の参加も必要だと思います。

偉そうな事を書きましたが、皆さんのご意見は如何でしょうか?

02/08/31(土) 12:41 紙飛行機 [ 1.30.149.210.economy.2iij.net ]


[1866] うーん、

>1860
>こういう時、わざわざコクピットクルーに許可を求めるものなのでしょうか?
>よほどのことがない限り、客室乗務員間で処理すると思うのですが。

ベルトサインが点灯していたが、乗客がどうしてもトイレに行きたいという。
切羽詰っていたんでしょうか?だから、許可を求めたのでしょうか?
ベルトサイン点灯中のトイレは許可がいるのでしょうか?
ご存知の方いらっしゃいますでしょうか?

>1863
>早すぎるスコーク77がドーン以前に何らかの不具合があった可能性を
>示していると思います。

例えば、なんか方向が安定しない。舵がとられる。トリムをさわっても安定しない。なんか機体が変だ。
こういうときに、STWが「・・・よろしいでしょうか?」と来たもんだから、
神経質になっていた乗員が、念入りな「注意を促した」のかもしれません。

そして、どかん、ぼかん。

乗員は「これはただ事ではない。」→内心は驚いている。
そこでただちにスコーク77を発した。(発してしまった。)

仮にSTWの
「スイッチを押している方がいらっしゃるんですがよろしいでしょうか?」の
発言ですが、機内に不審者がいたとして、なんらかの機器
(いささか飛躍させて、例えば起爆装置の)スイッチを押している
方がいらっしゃったとしたら、そのことは必ず地上に伝えてくると思うのですが
如何でしょうか?

02/08/31(土) 12:38 もうもう [ hccprxy4.bai.ne.jp ]


[1865] ミサイル?

垂直尾翼を狙えるミサイル?しかも巡航ミサイル?飛行目標に?
地上目標じゃあるまいし、すごい精度のミサイルですな。
なんてミサイルですか?
ミリタリー系HPで発表すればヒーローです、池田センセ。

02/08/31(土) 10:56 アー [ pd107110.sa.FreeBit.NE.JP ]


[1864] つまり

ミサイルで待ち伏せをさせる、垂直尾翼をねらった等と言っていますが、つまり123便には乗客520余名の人命を巻き添えに してまでも「暗殺」せねばならない人間がいたことになりますね。誰です?池田先生、名前を上げてくださいよ。

02/08/31(土) 03:29 自衛官じゃないよ念のため [ 208.63.22.223 ]


[1863]

(過去ログなどから)
STWの緊張度は低いので(緊張度3)たいした事柄ではないでしょう。
しかしCOPとF/Eの緊張度はかなり高いものなのでこの時点で何らかの不具合
が発生していた可能性があります。
また、ドーンあと
「まずい」(これは誰がきいても「まずい」でしょう)
「何か分かったの」(私にはそう聞こえますが・・・)
の発言と
早すぎるスコーク77がドーン以前に何らかの不具合があった可能性を
示していると思います。

会話の内容より私が疑問に感じているのは
このやりとりの間、操縦を副操縦士がしていたとすれば機長は何をされてい
たのでしょうかね?主に交信が役割でしょうから手が空いていたのは機長
のような・・・。なぜ機長が返答しなかったのか・・・?

私自身は「joggle氏説」「上部方向舵フラッター説」の2つが有力と考えて
ます。「ミサイル説」「爆破説」(両氏の本読みました)は憶測ばかりで納
得できませんでした。

02/08/31(土) 03:11 North Wind [ ACCA1Aaa188.hkd.mesh.ad.jp ]


[1861] Re:CVRに始めの部分で


CVRに始めの・・を拝見しぜひ質問

ユウキです。非常に興味を持つ部分でしてコメント書きます。


>CVRに辛うじて残った音声
>
>「・・たいとおっしゃる方がいらっしゃるんですがよろしいでしょうか?」
>
>と客室乗務員が何か許可を求めていますが、それに対して、
>
>(COP)気をつけて
>(F/E)じゃ 気をつけてお願いします。
>(COP)手早く
>(F/E)気をつけて下さい
>
>と2回も念を押すような許可とはいったいなんだったのでしょうか?

ここの部分の音声は聞けるのですか? ファイルお持ちですか?
是非視聴したいなと思います。もしございましたら聞かせて頂きたいです。
興味深いですねえ!


02/08/31(土) 01:45 ユウキ [ csc2-698.saitama.mbn.or.jp ]


[1860] 素朴な疑問なんですが

>まだ気流が安定しておらず、ベルト着用サインが出ていて客室乗務員も
>着席していた。そこへコールがあった。

こういう時、わざわざコクピットクルーに許可を求めるものなのでしょうか?
よほどのことがない限り、客室乗務員間で処理すると思うのですが。

02/08/31(土) 01:23 はいはい [ k113247.ap.plala.or.jp ]


[1859] CVRに始めの部分で

みなさん、こんばんは!

CVRに辛うじて残った音声

「・・たいとおっしゃる方がいらっしゃるんですがよろしいでしょうか?」

と客室乗務員が何か許可を求めていますが、それに対して、

(COP)気をつけて
(F/E)じゃ 気をつけてお願いします。
(COP)手早く
(F/E)気をつけて下さい

と2回も念を押すような許可とはいったいなんだったのでしょうか?

1.お客さんをトイレに行かせてもよいかどうかの許可
2.子供に機内常備のおもちゃを配ってもよいかどうかの許可

また、事故後すぐの発表によると、

(STW)スイッチを押している方がいらっしゃるんですがよろしいでしょうか?

という風にも聞こえていたようですが、一体何のスイッチなのでしょうか?
客室乗務員をコールするスイッチでしょうか?
もしそうなら、
まだ気流が安定しておらず、ベルト着用サインが出ていて客室乗務員も
着席していた。そこへコールがあった。だから許可を求めたのでしょうか?

ところで、この

(STW)スイッチを押している方がいらっしゃるんですがよろしいでしょうか?

という音声はインターホンを通じての音声が録音されたものなのでしょうか?
それとも客室乗務員がコックピットまでやってきて、肉声が録音されたものなのでしょうか?

客室乗務員は一体何の許可を求めたのでしょうか?
乗員が2度も注意する念を押すようなその許可とは?

想像力を豊かにして、大勢でいろいろ意見を出せば、
「おおー、それだあ」というようなものが、見つかるかもしれませんねえ。

02/08/30(金) 23:59 もうもう [ hccprxy4.bai.ne.jp ]


[1858] Re:巡航ミサイル

> 巡航ミサイルの一大特徴は、何か。
> それは、みずから地形を読み取り、陸海空の目標に到達することである。
>
> ただ地形や目標について、あらかじめ、プログラミングされている必要がある。
>
> JAL123便事件において、発射地点から、相模湾上空を飛行するジャンボ機の垂直尾翼に至るまで、あらかじめ、デジタル入力されていたと推測 される。
> 相模湾上空を飛行するジャンボ機の姿を光学装置等によって、事前に撮影していたと推測できる。
>
> 「キルロイ」氏の指摘通り、巡航ミサイルは、相対的に速度が遅い。地形や目標照合をするからである。

そのため、対空用には使用しません。それから、なぜ尾翼なのでしょうか。そんな小さな目標にはまず当たらないと考えて良いです。

対空ミサイルの基本とは、命中させる事ではありません。近くを飛べばよいのです。そうすると内蔵されたVT信管(近接信管)が反応し破片を撒き散らし、高 速飛行中の航空機もしくはミサイルを破壊するわけです。

つ いでに言うと巡航ミサイルの一大特徴は、「みずから地形を読み取り、陸海空の目標に到達すること。」ではなく、レーダ−にかからない事です。地形をコン ピューターに入力するのは地上目標を破壊するためで空を飛ぶ飛行機には絶対に通用しません。又、民間機のような(しかも大型の747)を目標にしては実験 にもなりません。
まったく無意味です。

02/08/30(金) 23:32 嵐星 [ JJ144085.ppp.dion.ne.jp ]


[1857] Re:うーん、ドカン、ボカンの音の前


>
>ドカン、ボカンの音の直後に、「まずい、なんか爆発したそ!」と発言し、
>その後スコーク77が発言されています。このスコーク77の発声は早すぎる
>との声が世間にあるのを聞いております。つまり、異常内容が把握できてない
>段階でのスコーク77の発声は早いというわけです。
>
>どうもCVRの音声を聞いて感じることは、ドカン、ボカンの以前から、
>乗員が何か異常を察知していたと考えたほうが雰囲気的に自然なような気が
>するのですが、如何でしょうか?
>CVR音声の解析から、乗員の声に緊張感が見られたとの報告もありますし、
>あの、どかん、ぼかんの音がただちに「爆発」と感じられるものなのでしょうか?通常なら、
>「ドカン、ボカン」
>「なんだ、今のは?」や、「どうしたんだ?」とかそういう発言になると思うのですが。
>
>「まずい!」というのは、物事が良い方向と悪い方向の2つに向かう可能性が
>あって、それが悪い方向に向かったときに出る言葉ではないかと思います。
>だから、乗員が事前になんらかの異常を察知していて、
>「このまま事態が深刻にならなければよいがなあ・・・」と考えていたときに、ドカン、ボカンとなったから、「まずい!」と発言したのではないで しょうか?


同感です・・このあたりのことはNM氏の本「天命の陳情」
にも指摘されております

02/08/30(金) 21:08 事故調再調査 [ 61-205-106-178.eonet.ne.jp ]


[1856] Re:巡航ミサイル

横レスすみません

> JAL123便事件において、発射地点から、相模湾上空を飛行するジャンボ機の垂直尾翼に至るまで、あらかじめ、デジタル入力されていたと推測 される。
> 相模湾上空を飛行するジャンボ機の姿を光学装置等によって、事前に撮影していたと推測できる。
> JAL123便事件では、この速度をカバーするために、相模湾上空のJAL123便が、巡航高度に達する前あたりの高度で、「謎の飛行物体」で ある、模擬弾頭搭載巡航ミサイルが、対空目標であるJAL123便を「待ち伏せ」していたと考えられる。
> その真下には、試運航護衛艦「まつゆき」がいた。
>
ミサイル標的は当時デジタル入力できたでしょうか。
ミサイルに待ち伏せ機能はありますでしょうか。すごい発想ですね。

02/08/30(金) 19:41 踊る大捜査線 [ 211.216.216.85 ]


[1855] 巡航ミサイル

 「キルロイ」様
 ご返事、遅れて申し訳ありません。

 巡航ミサイルの一大特徴は、何か。
 それは、みずから地形を読み取り、陸海空の目標に到達することである。

 ただ地形や目標について、あらかじめ、プログラミングされている必要がある。

 JAL123便事件において、発射地点から、相模湾上空を飛行するジャンボ機の垂直尾翼に至るまで、あらかじめ、デジタル入力されていたと推測される。
 相模湾上空を飛行するジャンボ機の姿を光学装置等によって、事前に撮影していたと推測できる。

 「キルロイ」氏の指摘通り、巡航ミサイルは、相対的に速度が遅い。地形や目標照合をするからである。

 JAL123便事件では、この速度をカバーするために、相模湾上空のJAL123便が、巡航高度に達する前あたりの高度で、「謎の飛行物体」である、模 擬弾頭搭載巡航ミサイルが、対空目標であるJAL123便を「待ち伏せ」していたと考えられる。

 その真下には、試運航護衛艦「まつゆき」がいた。

 

02/08/30(金) 18:24 池田昌昭 [ fi3196.noc.kanazawa.nsk.ne.jp ]


[1854] うーん、ドカン、ボカンの音の前

みなさん、こんにちは!

ドカン、ボカンの音の直後に、「まずい、なんか爆発したそ!」と発言し、
その後スコーク77が発言されています。このスコーク77の発声は早すぎる
との声が世間にあるのを聞いております。つまり、異常内容が把握できてない
段階でのスコーク77の発声は早いというわけです。

どうもCVRの音声を聞いて感じることは、ドカン、ボカンの以前から、
乗員が何か異常を察知していたと考えたほうが雰囲気的に自然なような気が
するのですが、如何でしょうか?
CVR音声の解析から、乗員の声に緊張感が見られたとの報告もありますし、
あの、どかん、ぼかんの音がただちに「爆発」と感じられるものなのでしょうか?通常なら、
「ドカン、ボカン」
「なんだ、今のは?」や、「どうしたんだ?」とかそういう発言になると思うのですが。

「まずい!」というのは、物事が良い方向と悪い方向の2つに向かう可能性が
あって、それが悪い方向に向かったときに出る言葉ではないかと思います。
だから、乗員が事前になんらかの異常を察知していて、
「このまま事態が深刻にならなければよいがなあ・・・」と考えていたときに、ドカン、ボカンとなったから、「まずい!」と発言したのではないでしょうか?

但し、前代未聞の音に乗員が
「これはただ事ではない、とんでもないことが起こった」と感じて、
「まずい!」と発言したとも考えられるので、なかなか難しいものです。
ただ、スコーク77が早いというのはどうなのでしょうか?
これも、「とんでもないことが起こったのは疑う余地はない」
からなのでしょうか?

02/08/30(金) 11:58 もうもう [ pl126.nas923.d-osaka.nttpc.ne.jp ]


[1853] Re:言いたいこと IL氏へ


>話は変わりますが、事故調査委調査氏!
>あなたはNM氏を支持されてますが何故です?

過去ログを見たらわかるよ・・何度も同じ事はかかないよ

>否定されまくってるじゃないですか!?

最近ではキルロイ氏の否定説を私が否定するカキコいれたけど。
何度も同じことはかかないよ
ま〜冷やかし組のIL氏とは無駄なエネルギー使うの無駄だから・・
以前のあんたのカキコのあとの 二人の人のカキコみてみたら・・
まじめに考えている人がいるんだよ・・

あんたは身内を原因不明の交通事故で亡くした時、あんたがいくら再調査
をうったえても周りからは「賠償金をつりあげたいのか!」とか
「そんなに金もうけたいのか」「そんなわけないだろ」とか誹謗中傷の
声があんたの耳にはいってくると思うよ・・

最後に・・このBBSに顔を出す目的は何か??


02/08/30(金) 10:04 事故調再調査 [ 61-205-106-135.eonet.ne.jp ]


[1852] 言いたいこと

キルロイ氏、フォローありがとうございます。
IPの件ですが、どの辺に住んでいる位は晒しても問題ないんですがね。
串串言われても困るんですよ(;^_^A 事故調再調査くん

話は変わりますが、事故調査委調査氏!
あなたはNM氏を支持されてますが何故です?
この事故に対する情熱などと言われてますが、NM氏のおっしゃる説に疑問は?
池田さんもNMさんもそうなんですがね(^_^;)
素人さんしかいないような場所なら良いんですけど、
ここって、結構な知識を持ってるかたも来てるんですよね。
否定されまくってるじゃないですか!?
自分のHP立ち上げれば良いものを、わけのわからん説を力説し、
反論されれば逆切れする^^; 見ていて面白いと思わないかい?
過去ログ見ればわかると思うんだけど、管理人さんからも警告出てるよ。


02/08/30(金) 03:03 IL [ 211.4.218.227 ]


[1851] ミサイル説の無理2

◆精度の問題について。
 ASM−1の目標は、不審船サイズのものではなく、あくまで軍用艦クラス
 を目標とする。高い精度を自慢とする短波長レーダでも、はるかに高速で飛
 ぶ航空機の特定部分を狙うなど不可能だ。
 そして、ミサイルの翼による機動だが、これも飛行機の機動と同様に、高度
 によってまるで違う。ASM−1の翼は同クラスの対空ミサイルとサイズが
 替わらないって?いや、速度が遥かに高いからそれで良いんですよ。
 そうなると、仮にプログラムの変更で何とかするとしても(出力で届かない
 事はおいておく)そのプログラムの開発が大変なのだ。
 現在のUSの実戦経験では最強とされる、空対空ミサイルAMRAAMは、
 実はハードウェアが完成したが、それを実際にテストで命中できるプログラ
 ムを作るのが5年も遅れ、長い間議会で叩かれていたのです。
◆というかそれ以前に。
 地対空ミサイルと地対艦ミサイルの仕様目的も求められる能力も、まるで違
 う。端的に言えば、高度と速度という重大な物理的な違いだ。
 ゆえに、地対艦ターボファンエンジンの巡行ミサイルで、航空機を狙うとい
 うのはテストであろうが目的がわからないし、実行できない。
◆TVカメラセンサーなら可能説、無人機説について。米軍説について。
 これらはいつかそのうちにでも。
 もちろん目標の速度は時速で2ケタだ。

02/08/29(木) 23:50 キルロ イ [ p294e31.tokynt01.ap.so-net.ne.jp ]


[1850] ミサイル説の無理

◆対空ミサイルとは、火薬で破片を周囲に高速で飛び散らせて撃墜するもの
 これで撃墜されれば、機体にそれとわかる傷痕が残る。
 123便の事故の損傷について、例がないほどのダメージで墜落では説明で
 きない、という方は本屋か図書館で航空機事故の本を読むべきだ。
 長さ3m程度以上の部品がまったく無いものや、胴体だけがバラバラだが、
 想像力からこれらが胴体だろうとかろうじてわかる例が多くある。
◆対空ミサイルは発射システムが大きく、大きな爆炎、煙、音を出す。
 123便の最初の衝撃時に『理想的な場所にいて、高度がもっと低かった
 ら』射程内だという、例として丁度良いミサイルが自衛隊に有る、短SAM
(81式短距離地対空誘導弾)だ。
 しかし、この射程が足りないミサイルですら、発射時は3mを越すかのよう
 にみえるまばゆいオレンジ色の光がランチャー部の周りを覆い、ミサイル後
 部からはハデに炎を出し、一気に煙が広がる。事故時が夏ゆえまだ昼と呼べ
 る時でも、数キロ離れていても見えるだろう。

 また、短SAMは発射機本体と、レーダーの積んだ射撃統制装置の二台の
 10トントラックサイズの大きさで一つのシステムだ。
 最新の同程度以上の射程を持つミサイルは小さくなったが、中型トラックサ
 イズの車が一台となる。まあ発射爆炎や煙もひとまわり小さくなるが。

◆一人で発射でき、全システムで15キロの重さのスティンガーですら
 前後50mは危険区域である。また航空機が来る方向は特定しにくいので、 実際に運用するさいは半径50mが危険範囲となる。補助する者は近くにい
 ても良いが、ミサイルに対して横にいなければならない。
 また、上方65度以上を向けてはいけない。後方爆風が自分を吹き飛ばすか
 らだ。
 『ランボー2』の山場で、ヘリの中から小型ロケット砲を撃つシーンが有る
 が、実際にあのような事をしたらヘリの中は全員重軽傷となる。

◆ミサイルの射程で重要な事
 兵器のカタログデータほど信用しにくいものは無い。寸法と重量を除き。
 地対空ミサイルの射程というのもその一つだ。これはわかりにくいという点
 だが『上空に向けて飛ぶには、重力に逆らう必要が有る』という事だ。
 ロシアでは射程300kmというミサイルが有るが、これは地平近くの高度
 の目標の場合であり、垂直方向では30km以下と言われている。

◆開発中だった巡行ミサイル説−これはもっと不可能。
 池田氏の本のパート3では、これが爆発せずにぶつかったというのを疑惑の
 中心としている。まず、この対艦ミサイルは巡行ミサイルに分類されるもの
 で、ターボファンエンジンを採用する事によって速度を犠牲にして、射程を
 かせいでいる。
(ターボファンエンジンは通常の航空機のジェットエンジンの正式な呼び方)
 しかし、これは目標が船であるので、地形をさける以外では地表から10m
 前後をキープする。これは相手からレーダや視覚で捕捉される事を防ぐ太古
 からの方向である。
 そして、時速900km/h射程180kmという速度もとうぜん水平直進時の最良。
 プログラムを弄ってむりやり上に跳ぶようにしたとしよう。射程は何とかな
 るかもしれない?まず通常のあの高度の航空機に届くミサイルは発射後の数 秒でマッハ2を超し、そしてマッハ3を越す。
 660kgの本体を、900km/hで『水平に飛ばす』推力しか持たないエンジンに  は、遅くなってもその高度まで辿り付くのは不可能だ。
 ミサイル用の小型のターボファンエンジンは、設計的目的から空気の濃い地
 表近くを飛行するのに最適化され設計されており、高高度での性能は考えて
 いない、必要が無いからだ。
 弱まらない重力の力によって、負荷は10倍以上になりえる。
 遠くから浅い角度で打ち上げても、どんどん薄くなる空気は、もともと対空
 ミサイルに比べ遥かに弱いエンジン推力をさらに弱める。翼の小さいASM-1
 にとっては、空気抵抗は減るが逆に揚力にもならない。
◆ASM-1の場合2
 これの発射システムはさらに大きい。大型トラックサイズの発射機に加え、
 管制用とレーダー用の車両が2台必要である。また、エンジン出力の小さい
 ターボファンエンジンのために、地上発射型の巡行ミサイルが現実的にはす
 べてそうであるように固体ロケットモータをブースターとする。これの発射
 時の爆炎と煙と音はさらに大きい。 

02/08/29(木) 23:49 キルロ イ [ p294e31.tokynt01.ap.so-net.ne.jp ]


[1849] キルロイ氏へ

私はいつも思うのですがキルロイ氏はこのBBSに関係ないことを
いつもズラズラ長々と書き込んでますがそんだけのエネルギー
あれば我々とともに再調査にむけての取り組みでも考えれば
どうですか?
以前あなたに質問したこともいまだに返答もなく、そのくせ
IPの割り当てをしらべたのか?とか・・そんな暇は当方には、
ないのでキルロイさんにまかせます 調べ方くらい
わかってますが・・めんどくさいので(^^
だいたいIL氏との会話事体もIL氏が当方を「あんたたちみていて
おもしろいよ」と非難したコメントが事の発端なのに
なんであんた俺に噛み付いてくんの?
注意する方向まちがってるんじゃないか?

再度改めてここで聞くこととする。 キルロイ氏がこのBBSで持論を展開
する最終目標はなにか??

02/08/29(木) 21:09 事故調再調査 [ 61-205-106-49.eonet.ne.jp ]


[1848]

勝手にやってろよ。水面下のことはあんたらにや何にもみえねーだろ。水面だけ見てればいいよ。穏やかな水面だけな。海の 中にや山脈も、海溝もある。見ようと努力しなかやみえねーけどな。政府が発表したことがすべて正しいとおもってりゃいいわな。HIVにしろBSEにしろ政 府がダイジョウブといわれりゃ、信じるしかねーからな。
隔壁だっていうんならそうなんだろ。そうおもってりゃいい。しかしすげえBBSだな。顔合わしたらなぐりあいだぜ。

02/08/29(木) 20:51 ハーキュリーズ [ p74-dna08simodatebe.ibaraki.ocn.ne.jp ]


[1847] Re:Re:IL [ 211.4.218.227 ]へ(事故調再調査氏)

>>このBBSは個人を誹謗中傷するとこではない こそこそせずにプロキシとおさず発言したらどうかね・・ JAL関係者よ・
(゜Д゜)ハァ? プロキシの意味をご存知ですか?
 まずそちらさんの仰っているのはいわゆる第三者が使える(または自分で設
置する)匿名プロキシサーバなどの事でしょう。接続元を隠すための。

 そもそもプロキシサーバの目的というのは、キャッシング(情報の一時溜め
込み)によって一定量の情報をためこみ、溜め込まれているものと同じ情報へ
のリクエストが来た場合には、プロキシ自体の記憶している情報を返す事によ
ってバンド幅の利用の高効率化を目的としたものです。
 そしてそのような通常のプロキシサーバは、多くのIPSが持っています。 
 もっとも最近では技術や状況の変化により使わない事が多いですが。

>『プロキシとおさず発言したらどうかね・・JAL関係者よ』
 何故JAL関係者だと解るんですか?ある程度以上のハッカー(笑)でなけれ
 ば、JAL関係者だとしてもそれを掴む事は、この状況ではできません。
 妄想で決め付けるのでもなければ。

 それに、何故(匿名)プロキシだと判断できたんですか?
 IPアドレスの数字が並んでいるからですか?
 IPをそのままブラウザのアドレス欄に入れたら見つからないから?
 それじゃ何も知らないと同じですね。
 そのIPアドレスの所有者を調べましたか?特別なソフトはいりません、
 ウェブ上で入力すれば調べられますよ。
 私は所有者を知って大笑いしましたよ。
 匿名プロキシとは一番遠い所ではないですか(大笑) 
>プロバイダーの仕様なんで勘弁してください。
 というかこの仕様ですと、匿名プロクシを通さない限り、かえって特定され
 るには非常に不利なんですけどね。特定されると言っても、個人情報を抜か
 れるとかのセキュリティはかなり強力のはずですが。

02/08/29(木) 19:36 キルロ イ [ p294e31.tokynt01.ap.so-net.ne.jp ]


[1846] 音声のデジタル変換

 「Gmen75」様
 ご返事遅れて、申し訳ありません。

 JAL123便事件があらかじめ、仕組まれていたと仮定すると、ボイスレコーダーの改竄も、当然準備のなかに入っていた。
 では、そのボイスレコーダー改竄の「要」は、何だったか。

 第一に、都合の悪い会話と、交信の削除である。
 第二に、特に機長の発声の改竄である。

 その方法は、如何に。
 音声はちょうど波の形。その音声波形を上下左右で「圧縮」する。
 第二に、都合の悪い音声波形を「削除」する。ポイントは、この二点である。
 
 最初に、オリジナルのボイスレコーダーを聞き、次々と「圧縮」と「削除」を音声波形によって決めていくには、音声のデジタル信号処理ソフトが必要であ る。

 2000年11月19日フジテレビで放送された、カナダの航空事故調査会社・セレリス社による「ボディギア」発声の解析場面を見ても、波形を通すデジタ ル音響解析装置が写っている。

 本当はもっと、完璧に改竄したかったと思われるが、如何せん、時間的余裕もなく、とりわけ、良心の呵責があったのではないかと推測される。

 つまり改竄されていながらも、2000年夏に、各テレビ局から放送されたボイスレコーダーを聞くにつけ、真実が露呈している。

 何よりも、操縦クルーの獅子奮迅が、われわれに生き抜く勇気を与えてくれる。

 
  

02/08/29(木) 07:29 池田昌昭 [ fi4124.noc.kanazawa.nsk.ne.jp ]


[1845] まずお前が説明できるのか?

>>あまり、素人だと思ってコケにするなよ、国民はテメーらが思うほど間抜けばかりではない
国民は間抜けではないが、お前は相当間抜けだ。

02/08/29(木) 01:12 んなわきゃない [ p29ffed.ykhmac00.ap.so-net.ne.jp ]


[1844] ハーキュリーズとその仲間達

下の誤投稿失礼。

お前ら本当におめでたいね。 「それは超常現象です!」と同じだろうが。
大槻教授連れてこいっつーの!
アメリカでも何年か前にあったよな、「テロで墜落!」て発表されてから、
調査が進んで原因判明した事件が。そのときもいたよ、「ミサイル見えた!」
「秘密兵器の実験で誤射か!?」という奴が。 お前らの中で飛行機の専門家
や軍事関係者いねーだろ。 素人が浅知恵でわめいてるだけだろうが。

飛行機というのは原因不明の墜落事故がたくさんあんだよ。何年も経ってから
技術が進歩して分かったり、いまだって研究してんだからよ。

「遺体の損傷が激しすぎる」
見たことあんのかよ? 墜落事故の遺体なんてみんなミンチになってんだよ!
「およそ普通の人は想像さえもできない悲惨な状態。」
って言うくらいなんだからよ。ましてや遺族以外に見るはず無い「悲惨な肉片」を
どうやっていつ比べてるの?

お前は科学的な根拠に基づいていってんのか!?

遺族は命取られてるんだから何を言ったって納得なんかするわけ無いの。

輸送機の名前つけてるくせにお前は軍事オタクでさえも無いだろ。
あまりにも幼稚すぎていちいち突っ込む気にもなれねーよ。
もっと順序だてて説明してみろや。 〜のはず。 みたいなのばっ
かりじゃねーか。

たしかに、飛行機というのはお前ごときが説明できる代物ではない。
だからこそ陰謀説にしてしまいたい気持ちも少しはわかる、だけど
それじゃあ科学は進歩しねーの。

02/08/29(木) 01:08 んなわきゃない [ p29ffed.ykhmac00.ap.so-net.ne.jp ]


[1843]

ウヨが何ほざく
巡航で撃墜などと誰も言ってないのでは?
光学的に(日本光学など、たとえば)追跡するのは当時、日本をおいて無かったが
またぶつけられたときは上昇中でせいぜい時速500Kmであろう
あまり、素人だと思ってコケにするなよ、国民はテメーらが思うほど間抜けばかりではない
巡航のような物はジェットエンジンで既に巡航に入っていればそのスピードはどうか子供でもわからー
とどめを刺されたのは何も巡航もどきによってとは誰も考えていない
多くの遺体が3センチ(戦地)刻みの内部骨折(外部は奇麗)などということは、どう説明するのか、言ってみろ!

02/08/29(木) 00:43 説明できるか [ isok0436.ppp.infoweb.ne.jp ]


[1841]

>これは機体コントロール可能であったということになりませんか?
そう思いたいところですが、JA8119は「アンコントロール」と報告してますよね?

ダッチロールとフゴイド運動に対して、なんとか推力コントロールと
フラップの上下動で対応しようとしていた、ということで、
とてもじゃないが着陸など無理だったでしょう。(残念ですが)
逆にいえば、だからこそ山いくぞという悲壮な覚悟を決めたのではないですか?
現場確認の件は、今も変わらない悪しきタテ社会の弊害だと思います。
いま、同じ事故が起こったとしても、状況はたいして変わらないのではないかと悲観してます。

02/08/28(水) 23:17 電波君 [ e146025.ppp.asahi-net.or.jp ]


[1840] IL (JAL関係者へ)[ 211.4.218.227 ]へ

>いやいや、墓穴を掘ったわけでは^^;
>藤田氏の知り合いが、すべて日航関係者ってワケでもないでしょう?
>まぁ、そうムキになりなさんな。

あなたから見れば「藤田氏」ではなく「藤田さん」が笑ってたんでよ?
言い訳するあたりがますます怪しい 笑

NM氏の「無言とさせていただきます」とIL氏の「あんたたち見ていておもしろいよ」発言ならあんたの方がマナー悪いと思うよ。
少なくともNM氏の発言は紳士的だし・・

02/08/28(水) 21:49 事故調再調査 [ 61-205-106-185.eonet.ne.jp ]


[1839]

私の推論は池田昌明氏の受け売りではありません。今年も慰霊登山に行ってきたのですが、遺族の型がの中にはいまだに隔壁破壊 による尾翼破壊ということに納得していない方々が多いのですよ。事故調査委員会が発表したことが事実である、それ以外の原因はありえない。といわれればそ う納得するしかないのでしょうが、疑惑を持てれても仕方ないという面はあると思いますね。確かにアントヌッチの証言は私人のものでありますが、米軍の C130がいち早く墜落現場を確認し、海兵隊レスキューに連絡、レスキュー隊がリペリング中に救出中止の命令があったのは、事実だと思いますよ。横田が万 全の態勢で着陸受け入れと負傷者治療の準備を整えていたということも。
隔壁破壊説では
・尾翼が吹き飛ぶほどの与圧空気噴出があったなら、後に公表された機内写真のように乗客は座っていられないでしょう。機内は台風か竜巻に襲われたようにな り乗客どころか操縦席もまともに座ってられないでしょう。それが冷静に機体を操り、機長はマスクすらつけていない。福田機関士は「われわれもマスクしたほ うがいいでしょう。」と言っているくらいですからね。それほど隔壁破壊というのは機内に与える影響は大きいのです。助かった方々も耳は大丈夫だったでしょ う。あれだけの隔壁破壊があったら鼓膜やられてますよ。
・VRの高浜機長が「山いくぞ山」と発言してますね。これは機体コントロール可能であったということになりませんか?方向を指示してるんですからね。わざ わざスコーク77を発した機が山岳地帯へ行きませんよ。
・上野村消防団は現場を確認していた。それがアイソトープやら現場特定不可能の理由から入山が拒否された。そんな馬鹿なこと無いでしょう。米軍も現場確 認、上野村でもわかっていたんですからね。

まあどう言ってもこの不思議さはわかってもらえないですが、疑惑をもたれても仕方ない対応だったと思いますね。私も近しい方がなくなったのですが、何でも 最初はなんかがぶつかったと発表されたそうですよ。日航関係者から。それがいん石かもしれないし、演習中米軍の衝撃波かもしれない、ひょっとしたらUFO なのかもしれませんね。自衛隊の一般の救助に関わった方々には本当に感謝しますが、あまりにも政府の対応はまずかった。冷静に尾翼が吹き飛んだとなると隔 壁が破壊されて与圧空気が噴流となって吹き出して尾翼を吹き飛ばしたと考えるよりも、なんらかの重量物が尾翼にあたってしまったと考えるほうが自然ではな いでしょうか?事故後の機内の写真やVRから考えても。
・参考までに
 ジャンボ墜落 吉原公一郎  人間の科学社
 墜落の夏   吉岡忍    新潮社
 疑惑     角田四郎 JAL123便墜落事故 早稲田出版
 壊れた尾翼  加藤寛一朗  技報堂出版
などは隔壁破壊説ではありえない、証拠や事例、真実追究の真摯な姿勢が伝わってきますから、一度読んで見て下さい。
いろいろとお騒がせして申し訳ありませんが、また夏が終わります。ここは自由に書き込んでも構わないと思い書き込んでいますが、迷惑であれば止めます。

02/08/28(水) 21:42 ハーキュリーズ [ p66-dna09simodatebe.ibaraki.ocn.ne.jp ]


[1838] Re:嵐星氏へ



>あと、貴方に質問したいのですが貴方は再調査を陳情したのですか?
>N・M氏を完全に支持されているようですが。

この下の他の方のカキコにもありますが再調査を依頼するにもどうしたらいいかわからない人がたくさんいます。私もその一人です。このBBSを見ていてもわ かるように、ひやかし組もいれば再調査待望論者もいます 私は再調査待望論者です。

02/08/28(水) 21:28 事故調再調査 [ 61-205-106-48.eonet.ne.jp ]


[1837] Re:Re:

>まずあなたは春先きからのNM氏のBBSの書き込みをみていますか?

はい。
ただ私は、まだ人事は尽くせるのではないか、と考えただけです。

更に、あの言い方では「反論は許さん!」という意味にも取られる方がいるのではないかと感じたので発言させていただきました。

あと、貴方に質問したいのですが貴方は再調査を陳情したのですか?
N・M氏を完全に支持されているようですが。

>最近BBSに来た方ですか?

いいえ。私は前にNAGATOというハンドルでカキコしたことのある、一昨年から来ている者です。

02/08/28(水) 19:51 嵐星 [ JJ001165.ppp.dion.ne.jp ]



管理者: SUZAN