「日航123便御巣鷹山墜落事故の真実」へ戻る

御巣鷹山事故ゲストブック 過去ログ22

御巣鷹山ゲストブックの書き込みログです。書き込みを消去したいという方はご連絡ください。

[2682] ありがとうございます。

池田さんご返答ありがとうございます。
過去ログを見させていただきました。池田さんの著書にも記されていたのですね。失礼しました。
残念ながら私には当時の新聞を見る術が無いので(ASAHI.COM見に行ったのですが有料でした)その写真を見る事はできませんでした。
その物体が原因かどうかは別にして、日本政府が何かを隠そうとしていたようには思えます。
私もどちらかといえばdellさん寄りなんですが、何か外部からの力で垂直尾翼が破壊されたのだとすれば、隔壁の破損(急減圧)は起こらず、理論的にも可能性はありそうですね。
自衛隊は、以前に問題起こしてるみたいだし・・・

結局、これほど様々な推測が生まれるのも、元を正せば事故調のお粗末な調査が原因なんですよね。何処をどうすれば再調査に持って行けるんでしょうね。責任問題とか、賠償問題が再浮上するのが困るんでしょうけど、このままなら、事故調に関わった方々が歴史的に汚名を被る事になるのに・・・言い過ぎですか?

03/08/23(土) 18:51 すたーぼ [ nissin51118.ccnw.ne.jp ]


[2681] Re:「謎の飛行物体」

> では、この「謎の飛行物体」の正体は何か。
> 発射地点はどこか? 性能は?


一生そうやって空想を続ける気ですか?

03/08/23(土) 17:53 dell [ 52.118.111.219.dy.bbexcite.jp ]


[2680] 「謎の飛行物体」

 すたーぼさん。こんにちは。池田昌昭です。

 当日午後6時24分35秒に「ドーン」と、JAL123便垂直尾翼に衝突した
「謎の飛行物体」を撮影した写真は、1990年10月14日付『朝日新聞』朝刊1面に掲載されている。

 この「謎の飛行物体」は、黒い三角形に見えるのかも知れない。
 写真の精密画像解析の結果でも「謎の飛行物体」を特定することができなかった。

 では、この「謎の飛行物体」の正体は何か。
 発射地点はどこか? 性能は?

 本当言えば、この「謎の飛行物体」は、JAL123便の方向舵だけを破壊するつもりだったのかも知れない。しかしながら一部が、JAL123便の垂直尾翼に勢い余って減り込み、そのまま墜落現場まで行った可能性を指摘できる。

 なお、管理者であるSUZAN氏には、幾度ならずご心配をおかけし、申し訳ありません。
 ただでさえ大変な課題に対してこれからも、よろしくお願いします。

03/08/23(土) 17:38 池田昌昭 [ ppt1042.noc.kanazawa.nsk.ne.jp ]


[2679] Re:藤田日出男氏の著書

池田さんはじめまして。

> ただ「急減圧がなかった」ことから、では垂直尾翼の破壊原因は何かとなった場合、解明が若干弱いのではないか。
> また「ドーン」後、直ちに発信された「スコーク77」について、当「ゲストブック」でも議論されている発信の早さについて、元パイロットとしての見解が充分に述べられていない。
> また、事故調が指摘している「ドーン」前の運航乗務員発声の精神緊張度の高まりについても、言及がない。

同感です。ただ、垂直尾翼の大部分が未回収であったり、破壊状況などを確認する術がないので、憶測による言及を避けたのではないでしょうか。

> JAL123便の乗客が、命を賭けて撮った写真に写っている「謎の飛行物体」について、同書ではまったく記述がなされていないのは、どうしてだろうか?

そんな写真があるとは・・・勉強不足でした。何処でその写真は参照できますか?教えていただけないでしょうか。

03/08/23(土) 10:26 すたーぼ [ nissin51118.ccnw.ne.jp ]


[2678] 藤田日出男氏の著書

 池田昌昭です。ご無沙汰して申し訳ありません。

 藤田日出男著『隠された証言 日航123便墜落事故』を読みました。感想を一言。
 機微に触れる人間関係を大事にする著者の姿勢には、さすがに人生の大先輩との感を深く致しました。
 だからこそ、内部告発者も藤田氏に資料を託した。

 ただ「急減圧がなかった」ことから、では垂直尾翼の破壊原因は何かとなった場合、解明が若干弱いのではないか。

 JAL123便の乗客が、命を賭けて撮った写真に写っている「謎の飛行物体」について、同書ではまったく記述がなされていないのは、どうしてだろうか?
 また「ドーン」後、直ちに発信された「スコーク77」について、当「ゲストブック」でも議論されている発信の早さについて、元パイロットとしての見解が充分に述べられていない。
 また、事故調が指摘している「ドーン」前の運航乗務員発声の精神緊張度の高まりについても、言及がない。

 これらのことは、藤田氏が垂直尾翼の破壊原因を「フラッター説」とすることにすべて繋がるのだが、それにしても「フラッター説」が、同書の最後の方で、付け足し程度でしか触れられていないのは、一体どうしたことだろうか?
 
 これらの点を含めて、さらに人情味溢れる『続編』をお願いしたい。

03/08/23(土) 06:29 池田昌昭 [ ppt1068.noc.kanazawa.nsk.ne.jp ]


[2677] 掲示板サービス終了ですが

今月24日のわいどねっと終了に伴いこの掲示板も機能しなくなります。
その後もゲストブックは新しいもので継続させるつもりですが、来週の頭から来月まで外出するため、掲示板の管理ができません。
新しいゲストブックは9月2日あたりから使用する予定です。

03/08/22(金) 23:14 SUZAN [ YahooBB218123180030.bbtec.net ]


[2676]

>このようなことが標的機衝突説、自衛隊誤射説などを生むきっかけになっているような気がします。

まったくその通りですね。少なくとも事故調の報告よりは、つじつまが合いそう。

証拠(生存者の方の証言や機内の写真等)から判断して、急減圧はなく「隔壁破壊」もなかったと私も思います。明らかにおかしい「隔壁破壊」を結論にしてまで、本当の原因を隠したかったのでしょうね。

03/08/22(金) 15:51 すたーぼ [ nissin51118.ccnw.ne.jp ]


[2675] 朝日新聞の24時を読んだものですが

現場の特定に手間取った(二転三転して、地元民の意見を採り入れなかった点)のはいわゆる「現場」と「会議室」のギャップでは?
「事件は現場で上野村で起こって居るんだ!」
ってな感じを「某24時」を読んでいて思ったのですが。

03/08/22(金) 04:11 YHS [ p5154-ipad01sizuokaden.shizuoka.ocn.ne.jp ]


[2674] 連続ですいません

米軍機ってヤツは普段どのルートを定常的に飛行しているのかを御存知の方は
教えて下さい。

群馬県人さんの
>まだ陽があるうちに現場に到達した米軍のことは、想定からは除外します。
の冒頭部分

   「まだ陽があるうちに。。。」

私的には注目です

03/08/21(木) 23:28 探偵団 [ YahooBB218136022110.bbtec.net ]


[2673]

>米軍はヘリをホバリングしてロープ降下で救出しようとまでしてたんですよね?
>それを日本側が拒否したのでやむなく米軍は引き上げたと聞いております。
>本当なら、そのとき米軍から正確な位置情報を提供してもらえたのでは?

ビンゴです!(その1)
その情報がどこまで伝わったか若しくは信用したかが謎


>奥秩父の林道をオフロードバイクで走り回るのが趣味だった大学生の私は
>三国峠付近の二万五千図を出して一晩中テレビにお付き合いしましたが
>現場の特定ができないのを不思議に思っていました。

ビンゴです!(その2)
タカン情報を元に地図を見た人が(本部?自衛隊?)素人だったと言う事か?謎


何れにせよ人災な訳ですな← もちろん墜落原因については取り敢えず除外

みなさんは墜落機がどれほどの時間に渡り(何時まで)炎上していたか御存知ですか?
航空燃料が燃えたらどんな感じになるか知ってますぅ?


林道マニアさんはじめましてm(_ _)m
私はキャンプマニアだったりするので言ってる事よくわかます〜

何気に群馬県人さんにあらためて質問なんですが、「減圧実験」なるものは
どこで出来ますか?

03/08/21(木) 23:16 探偵団 [ YahooBB218136022110.bbtec.net ]


[2672]

 事故当日、羽田東急ホテルでバイトをしていました。夕方帰ろうとする頃に急にロビーが慌しくなり、炊き出しなども始まったので、何があったのか聞くと国内線旅客機が行方不明なので、関係者の宿舎になると教わりました。
 帰るとずっとニュースでやっていて、奥秩父の林道をオフロードバイクで走り回るのが趣味だった大学生の私は、三国峠付近の二万五千図を出して一晩中テレビにお付き合いしましたが、現場の特定ができないのを不思議に思っていました。スゲノ沢までは特定できなくても、素人の私にも本谷の森林軌道跡(大昔木を切り出すためにあった廃線が林道になっている)の行き止まり林道奥だということはすぐにわかりました。ましてや上野村の地元の方々がわからない訳ないと思いました。それなのに、NHKのニュースでは長野側の御蔵山だの名前が同じで神流川本流のすぐそばの小倉山だの、果ては碓氷峠で炎上しているトラックと混同したとか、あの辺の地理を知っている人間なら全く出鱈目で無茶苦茶なことを大真面目に夜通し報道していました。(だいたい御巣鷹の尾根と碓氷峠の間には、ぶどう、十石、田口、内山と4つも峠があって、距離も離れているしいくら夜でも間違えるわけない)
 翌日生存者が居たと聞き、何故もっと早く現場に救援隊がたどりつけなかったのかと思いました。夜だから降下できなかったとか言っていたけれど、後からの報道で、自衛隊や警察より現場に早く到達できた民間人が多数居たことを知って、現場の指揮系統が余程お粗末だったか、わざと遅れて行ったか、どちらかだとずっと思っていました。
 役人は絶対自らの失敗を認めることないから、おそらくタテ割り行政の弊害で前者だろうと考えていましたが、原因に疑問を付されていながら証拠を処分したりするところを見ると、最近では後者の確信犯の様な気がしてなりません。

03/08/21(木) 22:34 林道マニア [ p6e150d.kngwnt01.ap.so-net.ne.jp ]


[2671]

確か地元の方は、事故現場を早い時間から確認していたみたいです。当時の新聞の「墜落地わかっていたのに‥‥地元民」という見出しにもなっていますが、なぜ地元の方にサポートしてもらわなかったのか疑問が残ります。米軍については、「日本の救助隊が向かっている。すぐ基地に戻るように」と言われ引き換えしたそうです。しかし救助はその十数時間後ということになってしまった。その時点で米軍からの情報が日本に伝えられていたのではないかと思われます。米軍、地元の方に、なぜ詳しい情報を日本サイドは入手しようとしなかったのでしょうか?このようなことが標的機衝突説、自衛隊誤射説などを生むきっかけになっているような気がします。

03/08/21(木) 18:50 ガードマン [ r018009.ap.plala.or.jp ]


[2670] Re:

ガードマンさん、群馬県人さんはじめまして。

>まだ陽があるうちに現場に到達した米軍のことは、想定からは除外します。

米軍はヘリをホバリングしてロープ降下で救出しようとまでしてたんですよね?
それを日本側が拒否したのでやむなく米軍は引き上げたと聞いております。
本当なら、そのとき米軍から正確な位置情報を提供してもらえたのでは?
その後何度も、誤った位置情報が流されているようですし、本当に現場に行く気があったのでしょうか?
現場の位置を把握する事と、その現場に入るかどうか検討する事では次元が違うような気がします。
本来なら、「現場は確認できたが、危険要素があるため近づけない」という感じになると思うのですが。
現場へのルートも、地元の人にサポートしてもらえばもっとスムーズに対応できたのでは?現地の案内人は見当違いな所に連れて行かれたみたいですが・・・

03/08/21(木) 15:44 すたーぼ [ nissin51118.ccnw.ne.jp ]


[2669] Re:

ガードマンさん、こんにちわ。群馬県人です。

>ここにきて初歩的な質問かもわかりませんが、自衛隊、警察、日航など関係各位が事故当日、墜落現場の発見が遅れたのは、なぜだと皆さんはお考えですか?

これは、時代、体制、能力など、いろいろな要素が絡んでいる問題です。
もし、これが現在ならどうか、考えて見ます。
まだ陽があるうちに現場に到達した米軍のことは、想定からは除外します。

まず、高速で先行した救難機が夜間の山中に墜落機と思しき炎を発見しました。墜落地点の座標の評定は、GPSで正確に行えます。当時はTACAN(電波標識)による三角評定しか方法が無かったので、発信地からの距離が遠いあの現場では、ピンポイントで正確な座標を評定することができませんでした。

救難機は、後続の救難ヘリにGPSの座標を伝え、ヘリは最短距離で現場に到達します。現場では機体に装備されたFLIR(前方監視赤外線装置)により、周辺を調査します。暗闇でも鮮明な赤外線画像が得られます。
場合によっては、周囲に比べて温度が高い生存者の身体を、空から発見できる可能性もあります。

着陸できそうな場所が無かったら、救難隊員をラペリング降下(ロープによる懸垂降下)させます。もしFLIRが無ければ、暗闇の山間部で、超低空飛行やホバリング(空中停止)などできません。

降下した救難隊員は、ゴーグル式の暗視装置で検索を行います。これは湾岸戦争やイラク戦争報道でおなじみになった、視界が緑色に見えるあれです。ごくわずかな光を電気的に数万倍に増幅するもので、赤外線への感受性が高い、つまり、温度の高いものは周辺より明るく見えるので、暗闇の中で生存者を発見するためには、非常に効果的でしょう。

生存者が発見されたら、ヘリから担架やサバイバースリング(軽症者を吊り上げるベルト)がホイストで下ろされ、負傷者は吊り上げられます。航空自衛隊が現在救難ヘリとして使っているUH60は、なんとか4名の負傷者を収容することができるでしょう。

生存者を収容したヘリは、まっすぐヘリポートのある病院に向かいます。病院では救命救急のスタッフが、万全の準備で待ち構えている・・・現在なら
こういった感じだったでしょうね。

当時は、GPSも、FLIRも、暗視ゴーグルもありませんでした。救難機もプロペラ機、救難ヘリも大型の低速機でした。今はジェット機と、とても高速のヘリになり、現場への到達時間もずっと短くなるでしょう。

当時の装備で、一体あれ以上どうしろと言うのでしょうかね。方法があったと言うならば、具体的に示していただきたいものです。

ちなみに、昼間でも、人里離れ、これといって目標となる地物も無い山中では、GPSでもなければ正確な座標を特定するのは至難の技です。

本来、自衛隊の災害派遣は、災害発生地の知事の要請が無ければ行えません。しかし、かつての阪神大震災の時には、混乱の中、知事の要請はなかなか出ず、地元の自衛隊は、ほぼ独自の判断で出動準備を整え、一部は実際に出動しました。このあたりから、緊急の災害時には、自衛隊が独自判断で行動開始しやすくなるコンセンサスが生まれ始めました。
したがって、現在では、当時より早く、自衛隊も行動を開始できるでしょう。

夜が明けて、現場を特定できたけれど、群馬・長野・埼玉の県境に近いあの場所が地図上でどこなのかがわからず、すなわちどこの警察が捜査の主導権を取るのかが決まらず、さらに行動開始が遅れました。

場所が特定でき、捜査体制が出来てきましたが、今度は地上から現場に接近できません。何しろけもの道さえ無いのです。接近ルートを探すのに、さらに時間が過ぎて行きました。

他にも細かい理由はあるでしょうが、大体こんな感じでしょう。

03/08/21(木) 01:07 群馬県人 [ itbs081n016.ppp.infoweb.ne.jp ]


[2668]

ご回答ありがとうございます。
聞いた話では、医療用アイソトープのほかに尾翼部分の重りに劣化ウランを使用していたと効いたのですが本当ですか?約十時間後に発表された安全の根拠は、「アイソトープの量が極めて少ない」、「人体への影響がほとんどない」、「事故で蒸発したと見られる」との理由でしたが、「積載量」、「人体への影響」などもっと早い時間帯に確認できたのではないのでしょうか?
N.M氏のご返答のとうり到着の遅れの原因はこの影響があるのかもしれませんが、事故現場の発見の遅れについては疑問が残ります。事故現場の発見の遅れについては皆さんはどうお考えでしょうか?もっと早い時間帯に確認していればもっと多くの方を助けられたはずでは?

03/08/21(木) 00:52 ガードマン [ q248048.ap.plala.or.jp ]


[2667] Re:

ガードマンさんへ
>自衛隊、警察、日航など関係各位が事故当日、墜落現場の発見が遅れたのは、なぜだと皆さんはお考えですか?

◎ 捜索隊の現場到着遅れの最大の原因は、医療用アイソトープ(放射性物質)92個が当便機に搭載されていたからだと思います。
 医療用アイソトープは専用のケースに収められ、機長のサインを得て、機に搭載されますが、このような事故の場合は放射能汚染による二次災害が心配されます。 科学技術庁が、「そのアイソトープは人体に支障なし」と発表したのは墜落から約10時間が経過しているようです。

03/08/21(木) 00:09 N・M [ YahooBB219023066032.bbtec.net ]


[2666]

こんにちわ。ガードマンです。
ここにきて初歩的な質問かもわかりませんが、自衛隊、警察、日航など関係各位が事故当日、墜落現場の発見が遅れたのは、なぜだと皆さんはお考えですか?救命活動のことなどを考えると気になる部分です。全員死亡だと決めつけていた節がありますが、それにしても事故から十数時間もたってからの現場発見18年前とはいえここまで発見できないものでしょうか?

03/08/20(水) 22:46 ガードマン [ q129087.ap.plala.or.jp ]


[2665] はじめまして

18年前の悲劇で亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りいたします。
私は当時小学5年生で、この事故の事は今でも鮮明に覚えております。
事故調査の問題等があることは知ってはいたのですが、このように皆さんがこの問題を風化させまいとして地道に努力されているとは知りませんでした。
私も、この問題について何か自分に出来る事は無いだろうかと思い、書籍やHP、皆さんのご意見等で只今勉強中であります。
これから度々書き込む事もあるかと思いますが、どうぞよろしくお願いします。

03/08/20(水) 18:42 すたーぼ [ nissin51118.ccnw.ne.jp ]


[2664] Re:Re:Re:

 はじめましてさんへ
 ◎ 貴見解には、全面的に賛同いたします

03/08/19(火) 01:03 N・M [ YahooBB219023066032.bbtec.net ]


[2663] Re:[2659]

>N.M氏への意見・質問は彼のWebサイトですべきでは? 

失礼しました。

03/08/19(火) 01:01 shiraki [ 3dd5178b.catv296.ne.jp ]


[2662] Re:[2658]

『機内写真』を撮られた方が56G席ではないにしても、その写真撮影者のご家族(『疑惑』によるとお嬢さん)が(重傷者が出たとされる)56J席に着席していたのは『疑惑』『隠された証言』両書籍にて明記されております。
したがって「ちなみにこの写真を撮られた方が56J席の乗客である女の子の父親であるということのようです・・・」は矛盾しません。

>スチュワーデスが立っている場所は、写されているハットラック及び座席の位置等から総合的に判断して、47列G近辺であり・・・

ありがとうございます。
N・Mさんの上記コメントで56G席で撮られた可能性が十分にあることを裏付けることができ、すっきりいたしました。(じつは写真からは本当に56列なのか?と少し疑問も残っていたので・・・)

私は[2638]では雑感を述べただけで、それについて特にお答えもいりませんし、ご質問があればN・Mさんの掲示板にてお願いします。


03/08/19(火) 00:59 shiraki [ 3dd5178b.catv296.ne.jp ]


[2661] Re:Re:

>航跡を追えなかったというニュアンスではないはずです。ただ、精密な地区名付きの地図ではないので航跡が消えた場所を特定するのは難しいということだったと思いますよ。

 はじめまして。
 レーダーの詳しい説明は省きますが、対空レーダーは仰角が付いているので、レーダーサイトから離れるほど、地上に近いものは見えなくなります。また、羽田・所沢・横田・入間にしても、墜落地点方向に山があり、墜落まではどのサイトでも捕捉できていないはずです。
 また、現場に行ったことがある人なら分かると思いますが、墜落地点がここだと示されていても、現在でも容易に行くことはできません。上野村の楢原の集落から車で軽く3,40分かかります。当時はまだ道路も整備されていなかったので1時間以上かかったものと思います。林道の終点から現場まで更に1時間以上かけて歩かなくてはならないのですから、いくら、航空機が位置を測定して送っても、現場にはたどり着かなかったと思います。尾根が一つ違えば高低差が相当あり、もちろん登山道もないヤブの深い山ですから、昼間でも困難だと思います。
 一度現場を見てみた方が良いですよ。現場到着まであれだけ時間がかかったのも納得できるはずです。

03/08/19(火) 00:46 はじめまして [ p4086-ipbf01funabasi.chiba.ocn.ne.jp ]


[2660] Re:

>気になったのが御巣鷹付近も横田の管轄で、航空機を捕らえるのが目的の羽田のレーダーからは消えたとしても、管轄する地域が軍のレーダーでも写らないなんてやっぱり変じゃないかななんてもう一度思ってみたり…。


所沢の航空交通管制部で全国のレーダー画像が見れたはずです。羽田のレーダーとは、アプローチ、ディパーチャー管制に使用する関東地域のレーダーで、羽田空港のタワーで管制してるはず。

航跡を追えなかったというニュアンスではないはずです。ただ、精密な地区名付きの地図ではないので航跡が消えた場所を特定するのは難しいということだったと思いますよ。



専門的なことはもっと詳しい人がいるんだろうからフォローお願い!

03/08/18(月) 23:57 dell [ 110.118.111.219.dy.bbexcite.jp ]


[2659] 無題

なぜN.M氏は無視するんだろうか? 散々言いたいことを言って人の話を聞くことをしない。自分に都合のいいことだけに返事をする。こんなことがまかり通っていいのかね。


Shirakiさんへ


N.M氏への意見・質問は彼のWebサイトですべきでは? もっとまともな対応だったらこんなこと言わないんだけどね・・・。

03/08/18(月) 23:47 dell [ 110.118.111.219.dy.bbexcite.jp ]


[2658] Re:藤田氏の見解について 2


shirakiさんへ

>「…その写真の1枚にはR5担当のスチュワーデスが写っている。
>なお、上記の『写真』とは、N・Mさんの言うところの重傷者が出たはずの56J席の並びの列の方が撮影されたもので、これを見たところでは『重傷者が発生し、隔壁を破壊するほどの爆風があったはず』の客室内はごく整然としており、すすの汚れや作動油などもついていない様子が見て取れます。(藤田氏の著書に写真が掲載されています)
>ちなみにこの写真を撮られた方が56J席の乗客である女の子の父親であるということのようです・・・我が子が重傷を負っていたとしたら、そのような時に父親は冷静に機内の様子を写真に収めたりするものでしょうか?とても疑問に思いました。
 
◎ あなたが言われる酸素マスクの落下及びスチュワーデスが乗客用の酸素マスクを着用している状況の機内写真は、「天命の陳情」の参考資料に、既に掲出していることですが、その写真は後部客室の状況が写されたものであるのか、R5担当のスチュワーデスが写されているのかについては、はっきりとしないことだと思います。しかし、仮にそうだとした場合、スチュワーデスが立っている場所は、写されているハットラック及び座席の位置等から総合的に判断して、47列G近辺であり、その場面の写真を写した人は50列G近辺から写していると思います。即ち、その写真は56列の座席から写されたものではないということです。

◎ あなたは、上記場面の写真は56Gの座席近辺から写されたと考えて、「我が子が重傷を負っていたとしたら、そのような時に父親は冷静に機内の様子を写真に収めたりするものでしょうか?」との疑問を抱き、私への質問としておられるようですが、あなたはスチュワーデスが乗客用の酸素マスクを着用している機内写真と「疑惑」の335〜336に書かれている写真を混同しておられませんか? 「疑惑」の335〜336に書かれていることは、爆破音発生前に機外の様子が写された写真のことだけについてだと思いますよ。

 なお、スチュワーデスが乗客用の酸素マスクを着用している機内写真が、50列G座席近辺の誰によって写されたのかについては私は不明ですが、この機内写真の提示で、事故調は、全ての酸素マスクが、一度に落下したと判断されたと思われます。この点、私は、酸素マスクは二度に分けて落下していると思います。

03/08/18(月) 19:00 N・M [ YahooBB219023066032.bbtec.net ]


[2657] この本読んで!

先日「葬り去られた真実 日航ジャンボ機墜落事故の疑惑」という本を買いました。(新刊、青心社)この本は凄かった。一気に読んでしまった。
インターネットで出回っているボイスレコーダーの字幕は間違いだった!よく聞くと字幕とは違う。この本の指摘している通りだった。
今まで私の知り合いもお亡くなりになったので感心があり、いろいろな本を読みましたがこの本は凄かった。
是非一度みなさんも読んで見てください。

03/08/17(日) 23:55 みきお [ proxy-k.ytv.co.jp ]


[2656] Re:ボイスレコーダー

>ボイスレコーダーの音声が聞きたいのですが、どなたかメールしてください。

http://homepage1.nifty.com/ja8mrx/jal123.htm
こちらで聞けます。
私は事故機に乗る予定でした・・・。当時11歳だったのですが・・・。
このボイスレコーダーを聞いて怒りが込みあげてきました(怒)

03/08/17(日) 14:04 ようちゃん [ t078055.ipgw.phs.yoyogi.mopera.ne.jp ]


[2655] ボイスレコーダー

ボイスレコーダーの音声が聞きたいのですが、どなたかメールしてください。

03/08/17(日) 12:32 S [ m43-mp1.cvx1-b.cam.dial.ntli.net ]


[2654] 草の根活動

こんばんはです

かわぐちさんは始めましてです。 m(_ _)m
私は表記の通り、地道ではありますが活動しています
少なくともかわぐちさんとは違います。
神輿の担ぎ手にはまわらず高嶺の見物のような貴殿の発言には正直ムカツキますね
当時はそれなりの感心と拘りを持ってこちらにもお越しとの事なのに残念です。
既に失速なさったご様子なのでしょうか?←これは言い過ぎ失礼
ここで氏に対して非常に温厚且つ紳士的にレス付けしている方々にはこの様な
発言をして申し訳無くも思いますが、私の率直な気持ちです。

03/08/16(土) 23:49 探偵団 [ YahooBB218136022110.bbtec.net ]


[2653]

僕も久々のカキコミです。馬鹿げた事をと思われるかもしれないのと、みなさんのように分析してる人の前で恥ずかしいとは思いますが、少し気になったので。

この間、ふと手にした本に羽田を離陸した飛行機はなんで、直線で大阪を目指さずに木更津上空から迂回するかが書いてました。

僕は考えた事も無かったのですが、東京都の大部分の上空は横田基地に空中権(っていうんですか?)があって飛べないそうなんです。これも太平洋戦争の遺物とか…。

気になったのが御巣鷹付近も横田の管轄で、航空機を捕らえるのが目的の羽田のレーダーからは消えたとしても、管轄する地域が軍のレーダーでも写らないなんてやっぱり変じゃないかななんてもう一度思ってみたり…。

03/08/16(土) 21:23 ひこたん [ p6e8843.tkyoac00.ap.so-net.ne.jp ]


[2652] ところで、

IE画面の下に

「わいどねっと終了まで・・・」って出てるけど、この掲示板も終了しちゃうのかな??>SUZANさん

03/08/16(土) 12:26 dell [ 217.119.111.219.dy.bbexcite.jp ]


[2651]

こんにちは、かわぐちさん。

>正直がっかりしました。(2639)

とのことですが、おっしゃる通り何のアクションも起こせず忸怩たる思いをされている方は多々いらっしゃると思います。

ただ、こちらのHPを作られたSUZANさんは「この事故(ページ)に関する感想・意見・質問や間違いの指摘などがあれば遠慮せずにどんどん書いてください」とおっしゃっているので、これもSUZANさん曰く『他人を傷つけるようなこと』(特定の個人を攻撃したり、読んでいる人に著しく不快な感じを与える・・・といったような事でしょうか?マナーの問題ですよね)でなければ、どんな論調・仮説であれ、どんどんゲストブックに投稿・参加する・・・それでよいのでは、と思いました。
SUZANさんがこちらのHPを作られた目的が「多くの方々にこの事故について詳しく知ってもらうきっかけになれば・・・」ということであるとすれば、このゲストブックが何の書込みも無く死んだページになってしまっているのではなく、dellさん始め多くの方々が参加してこのゲストブックを継続させている、ということ自体が既にその目的にかなっている点の一つだと思うからです。

例えば、他の方が作られた123便事故関連のHPの掲示板を見ましても、8月12日を中心として多くの方々が書込みをされているのがわかります。普段はROMの方々は表に表れないのでわからないものですが、この時ばかりは実に多くの方々が依然関心を持っていらっしゃるのだなぁ、それも事故の後に生まれた方までも・・・とわかる点からも、ゲストブック(HP)を続けること自体意味のあることだと思いますし、かわぐちさんがゲストブックに戻ってこられたことも、ROMの方々がちょっとゲストブックを覗いた際に「あっ!まだ話は終わってないんだなぁ」と見た方に関心を持ち続けてもらえる一因となり得るのではないかと思いました。
数人のいつも同じ人達が書き込んでいるばかりの掲示板(狭い世界の中)だけでは話題にあまり進歩がなく、たいした事も期待出来なく繰り返しになってしまうのは当然のことだと思います。(非難としてではなく、限界としてという意味で)
ですが、上記の点から見ればそれは決して無意味な事ではないとも思います。


関心を持っているのが自分だけではない、ということに気がつくことが関心を持ち続ける動機となる面もあると思いますので、このゲストブックも一歩いっぽ続けていってはどうでしょうか・・・私たちに今すぐ何かが出来ないとしても。

(群馬県人さんのお話と重なるところがあるかもしれませんが、こちらに書き込んでいる自分自身への問いかけということからもちょっと考えてみました)

03/08/16(土) 03:28 shiraki [ 3dd5178b.catv296.ne.jp ]


[2650]

かわぐちさん 初めましてガードマンです。

私も群馬県人さんの意見に賛成です。あなた自身が2年前どのような結果を残されたのですか?2年ぶりに書き込みをして批判とは、その真意がわかりません。多少なりとも協力していただける気持ちがあるのなら、ぜひあなたの主張をしていただきたい。2年たった現在のかわぐちさん自体のお考えをお聞きしたいです。

03/08/16(土) 00:07 ガードマン [ r011142.ap.plala.or.jp ]


[2649] Re:Re:2年ぶりに

群馬県人さん、レスありがとうございます。
実は、久しぶりにのぞいたときに、最初に目に入ったのが群馬県人さんの
書き込みでした。
正直なことを言うと、群馬県人さんの書き込みの内容には安心したのです。

アクションを起こす、と言う点ではなにも進展がありませんが、
少なくとも陰謀だ撃墜だ、はたまた専門知識を知っている、いない、という
ことでの罵り合いは影を潜め、群馬県人さんの書き込みに見られるような
論調がこの掲示板の主流となっていたからです。


かくいう私は、具体的に行動を起こすための知識も智恵もない、
だけど、こういうところに顔を出す一番ずるい立場の人間かもしれませんが・・・

03/08/15(金) 23:54 かわぐち [ proxy22.rdc1.ky.home.ne.jp ]


[2648] Re:2年ぶりに

 かわぐちさん 初めまして。群馬県人と申します。つい最近、
ここに書き込む様になった者です。
  
>2年ぶりにこの掲示板にやってきました。
>議論されている内容は相変わらずで、正直がっかりしました。

 非常に辛らつなご意見で、耳が痛い部分はあります。確かに、このような場所で議論することが、ある意味ホビー化している現実はありますね。かならずしも有為な結論を導き出せないことが多いのも事実です。

 しかし、それで良いのではないのですか。18年も前の事件ですよ。それに、未だにこれだけ多くの人が興味とこだわりを持ち続けているのです。ここで見聞きした情報が、多くの人の行動に影響を与え続けているのは事実です。きっと、航空関係現職の方も多く見られているでしょう。そして、直接事件を知らない、若い人たちも来ているはずです。

 ここで知りえた情報を、皆がそれぞれその後の行動にいかして行く、それで良いと思いますよ。ネットの掲示板から立ち上がったムーブメントで社会が動く、それはすばらしいことですけどね。現実的にはそれほど影響力は無いと思いますが。

 おそろしい事故があって、多くの犠牲者が出て、その事実が大きな黒い圧力によって捻じ曲げられる、若い人たちがそんなことを知るだけでも、意味があると、私は思います。
 
 

03/08/15(金) 20:04 群馬県人 [ itbs081n000.ppp.infoweb.ne.jp ]


[2647] Re:Re:2年ぶりに

> この掲示板は、私の書き込みで、二年前とは変革があっていると思いますよ。日航ジャンボ機御巣鷹山墜落の真相または・・・以下略


おいおい、自画自賛かよ。いい加減にしなよ。貴方の想像してることはよく分かったから、貴方の「ホームページ」で活動してくれ。ここまでシツコイのには何か理由があるのか?? 「もうこない」って言ったのは貴方だよ? 

言っちゃ悪いが、貴方の言っていることと、藤田氏の言ってること、説得力は断然藤田氏。

03/08/15(金) 11:12 dell [ 184.118.111.219.dy.bbexcite.jp ]


[2646] Re:Re:2年ぶりに

N.M様
とりあえず、レスに対しお礼申し上げますが、
グリコ森永犯が搭乗していた、現場にはお札が散らばっていた云々
墜落当初から言われていたことですよね。
どこかの食品会社の社長が乗っていて、飛行機の中で取引していたとか。

申し訳ないのですが、こういう発想こそが私が最も忌み嫌う類の物であり、
最も軽蔑する類の物に他なりません。

03/08/15(金) 03:54 かわぐち [ proxy22.rdc1.ky.home.ne.jp ]


[2645] Re:Re:藤田氏の見解について 2


> 上記の「ちなみに、この写真を撮られた方が56J席の乗客である女の子の父親であるということのようです・・・」とは、どこからの引用でしょうか?

はい、これはN・Mさんもよく引用されてる角田四郎氏の『疑惑』の335〜336ページ、『悲劇の真相』151ページの写真の説明の他、その写真がニュースとして掲載された新聞記事、そして今回発売された藤田氏の『隠された証言』176ページあたりの複数の資料を総合すると、親子3人で56G・H・J席(現在では56G・H・K席になるのでしょうか)に着席されていたようで、お嬢さんが窓際の56J席に座ってらっしゃったという見当がつきます。(窓際が女の子、隣に母親、通路を挟んで父親となり、常識的にも最も違和感の無い座り方でもある・・という点でも上記の席順であった可能性は高いと思います。)

03/08/15(金) 01:18 shiraki [ 3dd5178b.catv296.ne.jp ]


[2643] Re:藤田氏の見解について 2

 shirakiさんへ
 

>同じパイロットの方でも見かたがずいぶんと違うものですね。
>我が子が重傷を負っていたとしたら、そのような時に父親は冷静に機内の様子を写真に収めたりするものでしょうか?とても疑問に思いました。

 上記の「ちなみに、この写真を撮られた方が56J席の乗客である女の子の父親であるということのようです・・・」とは、どこからの引用でしょうか?

03/08/14(木) 23:35 N・M [ YahooBB219023066065.bbtec.net ]


[2642] shiraki さんありがとうございます

ありがとうございます。さっそく明日書店に行ってきます。

03/08/14(木) 21:41 安全地帯 [ z150.219-103-192.ppp.wakwak.ne.jp ]


[2641] Re:

>藤田日出男氏の本はいつ発売されるのでしょうか?

amazonによると8月12日付で既に発売されているようですよ。

03/08/14(木) 21:32 shiraki [ 3dd5178b.catv296.ne.jp ]


[2640]

藤田日出男氏の本はいつ発売されるのでしょうか?

03/08/14(木) 21:03 安全地帯 [ z150.219-103-192.ppp.wakwak.ne.jp ]


[2639] 2年ぶりに

2年ぶりにこの掲示板にやってきました。
議論されている内容は相変わらずで、正直がっかりしました。

穴だらけの撃墜説や衝突説を未だに唱える人間には閉口物です。
しかしながら、一部の良識的な人たちにおいても2年前と同じ
ことを繰り返しているだけで、なんの進歩もナシ。

2年前に、若干なりとも署名活動などのについて活発に意見の
やりとりがあった記憶があるのですが、現状はなんともお寒い限りです。

アニメやら映画の謎解きで盛り上がるファンサイトの掲示板となんら
変わりがないですよね、このままじゃ。

多少なりとも協力できることがあれば、と来てはみたものの
やっぱりこの状況ですか・・・・・

03/08/14(木) 19:23 かわぐち [ proxy22.rdc1.ky.home.ne.jp ]


[2638] 藤田氏の見解について 2

新潮社より2003年8月発売『隠された証言 日航123便墜落事故』によると、

「…本(読売新聞社刊『悲劇の真相』)の著者に「真相」を語ったというこの事故調査官は、明らかに右と左を取り違えており、ポータブル酸素ボンベをお客さんに渡したという”ありえない美談”もあまり機内の事情を知らない人の創作のように見受けられた。…」
「…その写真の1枚にはR5担当のスチュワーデスが写っている。ここでもはっきりと(乗客ではなくスチュワーデス自身が)携帯用の酸素マスクを着用していて、事故調の人間が(『悲劇の真相』を記した)読売新聞の記者に説明したことを否定している。…」

とされています。(カッコ内はshirakiが補足)
同じパイロットの方でも見かたがずいぶんと違うものですね。

なお、上記の『写真』とは、N・Mさんの言うところの重傷者が出たはずの56J席の並びの列の方が撮影されたもので、これを見たところでは『重傷者が発生し、隔壁を破壊するほどの爆風があったはず』の客室内はごく整然としており、すすの汚れや作動油などもついていない様子が見て取れます。(藤田氏の著書に写真が掲載されています)
ちなみにこの写真を撮られた方が56J席の乗客である女の子の父親であるということのようです・・・我が子が重傷を負っていたとしたら、そのような時に父親は冷静に機内の様子を写真に収めたりするものでしょうか?とても疑問に思いました。

急減圧が無かったという説は解る部分も多いのですが、機内爆破説については123便事故と切り離して『テロ対策』として問題提起されてみても良いように思われますが・・・空の安全対策として。

以上、雑感でした。

03/08/14(木) 02:37 shiraki [ 3dd5178b.catv296.ne.jp ]


[2637]

いつの時代も得した人間それによって損をする人間が存在する。それはある意味しょうがないことだと思う。しかし闇に生きる人間が得をするようなことがあってはいけないと思う。JAL123便事故でも必ず得をした人間が存在すると思う。いつも被害を受けるのは一般市民である。dellさんの意見を読み背筋がぞくっとしてしまった。『闇』の部分が一般市民に公開されるときがくるのだろうか?でも本当の真実を知るのが少し怖い気もする‥‥『日本は滅びる』もう半分滅びかけているような気がするのはわたくしだけでしょうか?

03/08/14(木) 00:47 ガードマン [ r000113.ap.plala.or.jp ]


[2636] 「闇」

昨日深夜、CX(フジテレビ)で、今年刺殺された国会議員のドキュメンタリーを
放送してた。もちろんこのJAL123便事故とは直接関係ないが、日本が持つ根深い
「腐敗組織」を暗に批判していた。

「腐敗組織」=「政治組織」なんだけど、本当に日本人はなぜ現状に不満を抱きながら
我慢する民族なんだろう?と問いかけられた。まさにその通りだと思う。
JAL123便事故をうやむやにして被害を被るのは我々利用者。得したのは誰?
お咎めを受けなかった人は誰? そう考えると末恐ろしい。

前述の国会議員刺殺事件。その「闇」に触れてしまったがために刺殺された
のかは分からない。だが現実、その国会議員はこの世を去ってしまった。
彼が追い続けた「闇」の資料とともに・・・。


トピずれ申し訳ない。でも、実は共通している部分が多いと思うんだよな。
その彼曰く、「日本は滅びる」って言ってたそうだ。本当にそうならなければ
いいのだが・・・。

03/08/13(水) 23:03 dell [ 218.119.111.219.dy.bbexcite.jp ]


[2635] おじゃまします

この事故で先輩が亡くなりました。
何年後かに聞いたボイスレコーダーが衝撃的すぎて・・・
真実を知りたいです。

03/08/13(水) 20:21 にわとり [ t040196.ipgw.phs.yoyogi.mopera.ne.jp ]


[2634] 藤田氏の見解について

 週刊新潮2003年8月14日〜21日、夏季特大号には、氏は「導き出される結論は一つ。急減圧も、隔壁破裂もなかったのだ」としておられます。

03/08/13(水) 13:59 N・M [ YahooBB219023066065.bbtec.net ]


[2633] 某質問スレからのコピペ

救助活動にまつわる話につき失礼いたします。

477 :専守防衛さん :03/08/02 05:20
 18年前のJAL123便墜落事故当日の御巣鷹山での救助活動で
 自衛隊の夜間能力の貧弱さが露呈した。現場に急行した米軍は
 懸垂降下による活動を開始しようとしたが許可が下りず自衛隊に
 引き継いだ。ことろが引き継いだ自衛隊は二次遭難の懸念から
 夜間行動自体できず夜明けを待つことになったのです。
 このことは後に米側からかなり非難されたようです。
 今でも夜間の救助活動はできないのでしょうか?

478 :専守防衛さん :03/08/02 05:40
 伝聞と憶測以外のものが不足してると思います。

515 :雪風 ◆MZR7PEYUKI :03/08/02 22:12
 >>477
 当時は暗視装置などなかったし、持とうとすると野党から
 「侵略戦争に繋がり云々」と非難されるし。
 それと暗視装置の特性(奥行きが判らない)もあるし、何があるか判らない
 ところにラペリング(ロープによる降下)すること自体がすでに危険。
 しかも降りた人員で要救助者の捜索やLZ(着陸帯)の構築、第2波以降の
 人員・資材の受け入れ等を同時進行で朝までに済ませなければならない。
 
 それらを考慮するといまでも困難かと。

516 :専守防衛さん :03/08/02 22:17
 夜間の行動能力が向上した、と言いたがる向きも多いが、
 実際のところ、全員に行き渡る量の暗視眼鏡はないし。
 かき集めて緊要正面に割り当てるとか、ね。
 あと、1個班にひとつ、なんて職種は、それすら連隊本部
 あたりに考えなしに引き上げられて、使えやしないし。


03/08/13(水) 02:56 雪風@自衛隊板 [ P061198170051.ppp.prin.ne.jp ]


[2632]

私も不自然だと思います。確かに弁解のようにも感じられます。しかし先日の藤田日出男氏のインタビューを見たところ事故の翌年に送られてきたということなのですが、公表されるのが、なぜ送られてきてから17年たった今なのでしょうか?もう少し早く公開されてもよかったような・・・そしてそれを悟ったような日航の未公開写真200枚の公開、またもや真実から遠ざけようとするための動きのような気がするのですが、考えすぎでしょうか?それにしてもどちらも、もっと早い段階で公開されていればと少し苦やしい思いです。

03/08/12(火) 23:58 ガードマン [ s107167.ap.plala.or.jp ]


[2631] 二つの報道

ソース元 ttp://www.asahi.com/national/update/0810/004.html

・・・運輸省航空事故調査委員会(当時)によって事故原因とされた78年の米国ボーイング社による同機の圧力隔壁の修理について、日航が200枚以上の写真撮影をし、その中にミスが分かるような写真があったことが分かった。・・・


ソース元 8/11 TBS「ニュースの森」

事故後、救出された客室乗務員から聴取したメモが、藤田日出男氏に早い段階で事故調関係者からリークされていた。



あまりにもお互いを意識した「情報」が同じ時期に出てくるなんて不自然だよな。
日航は・・・

・・・その中にミスが分かるような写真があったことが分かった。・・・

ってことは今になって分かったわけじゃあるまいし。必死に弁解しているように感じるのは気のせい?? 

03/08/12(火) 17:46 dell [ 111.118.111.219.dy.bbexcite.jp ]


[2630]

dell さんへ
そうですね。これからの空の安全のためにも、この事故の本当のところを明らかにしてほしいですね。なぜ嘘をつく必要があったのか?私にはわかりませんが、「急減圧はやはりなかった」というような新たな証言文書などの登場で「再調査」の動きが本格的になることをねがいます。真実を知る方が、まだまだいるはずです少しでも明かしてもらえればいいのですが。これからもし同じような事故が起きたら、と考えると不安な気持ちでいっぱいです。

PS 群馬県人さん「マッハの恐怖」正、続共に一読しました。このような著書が現代にも登場してくれることを願います。最近の123便関係の著書にはがっかりさせられるものばかりなので。
あと、群馬県人さん、dellさん大変参考になるご意見ありがとうございます。これからもご質問することがあるかと思いますが、よろしくお願いします。もうすぐ18時56分二度とこのような事故が起きないことを願い御巣鷹の尾根の方向に手を合わせたいと思います。
    

03/08/12(火) 17:45 ガードマン [ q171232.ap.plala.or.jp ]


[2629] Re:

>・・・質問ですがdellさんは、この事故をどうお考えですか?いろいろな意見を聞いてみたいものですから参考までにお願いします。近年諸説いろいろ出ていますが、何が一番真実に近いと思いますか?

こんにちは。過去ログを・・と言いたいけど、ないところが多いようなので。

私は事故原因の類は興味ありません。


群馬県人さん、共感した部分を引用させてもらいます。

>調査報告は、目に見えない圧力で捻じ曲げられて行きました。日本の航空の権威とされた人までが、素人でもおかしいと思う理屈を振りかざし、具体的な調査結果を多くの点で無視した報告をまとめました。
123便事故の調査報告で多用された「これを明らかにすることは出来なかった」とほとんど同じようなニュアンスで、事実が封殺されて行ったのです。


私もそう思うし、ここに大きな問題がある。そして、それを未だに引きずっている。「教訓」なんて簡単に言えるが、殆ど生かされていない。

事故は起きた。それは変えようがない。調査の過程と、結果がズサンだったのは明らかで、それは変えなきゃいけない。素人でも分かる嘘までついて、一つの結論に向かっていく。それは何故か? その過程を明らかにしないと、またこの事故は繰り返されるだろう。


テレビで、ご遺族が18年経った今でも、「再調査」を望む要望書を提出する・・・といったことを伺うと、ご遺族の気持ちは分からなくとも胸が痛む。そんな時に、やれ自衛隊だ、爆弾だ、などと聞くと不愉快極まりない、と思うのだが・・・

03/08/12(火) 12:10 dell [ 177.84.111.219.dy.bbexcite.jp ]


[2628]  

NM氏の様な方は最早「害悪」ですらありますな。
某池田氏の様に犠牲者の「屍」の上に財を築く様な行為を恥ずかしげもなく
行うのは止めて頂きたいものです。
この事件は思うに、流失したキャビン内の空気が滞留した結果破損した機体後部の破損が123便だけでは無く、B747型全機に該当する「欠陥」で有るが故に納得の行かない政治決着を迫られたのであって、謎の怪人暗殺作戦が実行されただの、J隊のミサイルだの無人機が衝突しただのといった海より深い理由は無いと思います。海より深くは有りませんが、真実は政治の闇の中かとは思いますが。


PS:わたしが聞いた話ですが、この事故直後、飲食店でのドライアイスの価格が
急騰、又は品切れ状態になったそうです。両親は飲食店を経営しており、ドライアイスの調達に四苦八苦したと言っておりました。

お目汚しすいません。

03/08/12(火) 04:39 まったく・・・ [ hosp.jin-ai.or.jp ]


[2626] Re:

ガードマンさん こんにちわ。群馬県人です。
8月12日になりました。改めて、犠牲になった方々のご冥福をお祈り申し上げます。

>しかし、なぜ事故調が不適格な調査報告をしてしまったのでしょうか?そこが引っかかるのですが群馬県人さんはどうお考えですか?

ある事件なり、現象が起きた場合には、そこに必ず原因があるのです。御巣鷹の事故調査をよりよく理解するために、柳田邦男氏の著作「マッハの恐怖」のご一読をお勧めします。この本は、昭和41年2月に起きた、羽田沖全日空機墜落、ほぼ1月後の羽田でのカナディアンパシフィック機の着陸失敗、その翌日のBOAC機富士山麓墜落という、魔の3連続航空事故を題材にしています。書中、羽田沖事故の調査経過が詳しく描写されています。

墜落したボーイング727機は当時の最新鋭機。それが墜落し、当時世界最悪の犠牲者を出したのです。「4重のフェイルセイフシステム」を持つ、「世界で最も安全な」と言われる747機の事故と、状況はそれほど違いません。

調査報告は、目に見えない圧力で捻じ曲げられて行きました。日本の航空の権威とされた人までが、素人でもおかしいと思う理屈を振りかざし、具体的な調査結果を多くの点で無視した報告をまとめました。
123便事故の調査報告で多用された「これを明らかにすることは出来なかった」とほとんど同じようなニュアンスで、事実が封殺されて行ったのです。
その過程は、御巣鷹事故の調査過程と、非常に似通ったものを感じます。

では、なぜそのような調査が行われたのでしょうか。冷静に考えて見ましょう。調査に圧力を加え、その結果をコントロールすることで、
『一体、だれが得をしているのか』
国家レベルで影響を及ぼすことができ、あの調査結果によって一番得をするのは誰なのか。そして、そこに連なるのは、一体何なのか。

747機はフェイルセイフ思想を徹底したとされ、油圧系統は4重系です。3本の油圧系統がダウンしても、残り1本で、操縦が可能なのです。その4重の油圧系統が、機内で唯一1箇所に集まっているのが、垂直尾翼付近です。

さすがにその部分が一気に破壊されるなど、技術者の想定外だったでしょう。しかし、それが現実に起こってしまった。あの事故がもし、外的要因(何かの衝突など)だったら、すべては衝突した方の責任で、機体の問題は取りざたされなかったでしょうし、その様に調査を誘導したでしょう。しかし、そうではなく、内的要因で事故が起きてしまった。

となれば、次にとるべき手段は、その欠陥は、事故機に固有の原因によるものであり、設計・製作上のミスでは無い、とすることです。そうすれば、他の同型機の調査や対策などする必要はありません。

昭和41年の727機の場合は、空中でも立ち上がってしまうグラウンドスポイラーと、リアエンジン機特有の、迎え角増大時の主翼の乱流に起因する異常燃焼問題が取りざたされたものの、事故原因としては一片も取り上げられませんでした。調査の結果浮かび上がった事実には、それを立証する現象が多数あったにも関わらず、です。

長くなりました。世の中にはわからないことが多くあります。
でも、そのほとんどが、人間の手によって行われているのです。きっと、
「個人的には」だれも悪くないのかもしれません。



03/08/12(火) 01:19 群馬県人 [ itbs081n033.ppp.infoweb.ne.jp ]


[2625]

dellさんこんにちは。ガードマンです。
そのとうりですね。安易な発言(書き込み)申し訳ありません。質問ですがdellさんは、この事故をどうお考えですか?いろいろな意見を聞いてみたいものですから参考までにお願いします。近年諸説いろいろ出ていますが、何が一番真実に近いと思いますか?

03/08/12(火) 00:16 ガードマン [ i110134.ap.plala.or.jp ]


[2624] 「流れているという状況ではなくて、留まっている状況です」

この生存者の証言を聞くと航空機内部爆破説は無かったようですね。


03/08/11(月) 23:03 shiraki [ 3dd5178b.catv296.ne.jp ]


[2623] Re:

>「客室乗務員から聴取したメモが、藤田日出男氏に早い段階で事故調関係者からリークされていた」という、そのメモの内容を知りたいのですが、内容を知っている方いらっしゃいますか?知っていればお教えください。あと救出された客室乗務員というのはY.Oさんのことですか?すべては今月発売の本に記されているんですかね?やはり他にも真実を知る方がいるんでしょうね。


恐らく現段階では事故調メンバー、藤田氏、TBS報道部の関係者、日航関係者等かなり知っている人はいるはず。コピーなんていくらでも出来るわけだし。


個人的に、現在も深い傷を負っているだろう元客室乗務員の方をイニシャルでも個人名で出すのは失礼極まりないと思うので、これからも(私は)そうしますし、そう(皆さんに)願いますが。

03/08/11(月) 22:58 dell [ 31.84.111.219.dy.bbexcite.jp ]


[2622] ニュースの森!

ということはニュース23でもやるのかな?

http://news.tbs.co.jp/

でも見れますね。

03/08/11(月) 22:56 shiraki [ 3dd5178b.catv296.ne.jp ]


[2621]

「客室乗務員から聴取したメモが、藤田日出男氏に早い段階で事故調関係者からリークされていた」という、そのメモの内容を知りたいのですが、内容を知っている方いらっしゃいますか?知っていればお教えください。あと救出された客室乗務員というのはY.Oさんのことですか?すべては今月発売の本に記されているんですかね?やはり他にも真実を知る方がいるんでしょうね。

03/08/11(月) 22:26 ガードマン [ i139018.ap.plala.or.jp ]


[2620] >2617

貴方の説?を支持して、どうすりゃ再調査させることが出来る? そろそろその後の方針を聞かせてくれ。仮に10万人支持する人がいたとしよう。それで貴方はどうする? どう行動するの? それが全く見えない。ただ「本を精読しろ」じゃ、お話になりませんな。

>私は、それらの常識的な見解を、真っ向から否定し、当事故には、不審乗客による人為的で意図的な航空機内部爆破の可能性があると云うことを事故調へ伝え、また皆様へも伝え、この点に関する再調査が事故調によって実現されることを訴え、嘆願・陳情しております。


爆破説は下記、事故調関係者リークのメモで完全に否定されると思われ。


>この点、私見の内容を、まず理解して頂くことをお願いしております。


「本を理解しろ」と「本は信用しなくていい」は全く矛盾した発言。敢えて言えるのは「独りよがり」か。


もうこないはずだったN.M氏。なぜ前言を翻しまた来たのか、ちゃんと説明する責任が貴方にはある。

03/08/11(月) 18:54 dell [ 194.119.111.219.dy.bbexcite.jp ]


[2619] TBS「ニュースの森」で

事故後、救出された客室乗務員から聴取したメモが、藤田日出男氏に早い段階で事故調関係者からリークされていたそうです。

そこには「急減圧はなかった」ことが記されていたにもかかわらず・・・・

03/08/11(月) 18:25 dell [ 194.119.111.219.dy.bbexcite.jp ]


[2618] この時期になりますと・・・

マスコミは、事故関連記事をまだまだ出してきそうですな

http://www.asahi.com/national/update/0811/015.html

03/08/11(月) 16:20 とりあえず [ 210.225.5.164 ]


[2617] 今までの常識的な見解の否定について

 当事故原因はボーイング社による隔壁の修理ミスが起因したとの見解が大勢であり、今までの常識的な見解であろうと思われます。また、自衛隊、米軍が関係しているとの意見も、この掲示板でも、もう一方の掲示板でも、相当見受けられます。この点「沈まぬ太陽」等の内容が、相当影響しているようにも思われます。
 私は、それらの常識的な見解を、真っ向から否定し、当事故には、不審乗客による人為的で意図的な航空機内部爆破の可能性があると云うことを事故調へ伝え、また皆様へも伝え、この点に関する再調査が事故調によって実現されることを訴え、嘆願・陳情しております。私見に対しては、「誰が信用するものか」との書き込みも相当ありますが、私は私見を信用して下さいとはいっておりません。この点、私見の内容を、まず理解して頂くことをお願いしております。
 なお、この掲示板を利用して、本の宣伝をしているとの書き込みが多くありますが、その本を、いくら買って頂いても、私へは印税等の収入は、全くないということをお伝えしておきます。この点、出版社にご確認下さい。即ち、無料で出版社に、その本の販売をお願いしていると云うことになります。
 私は、その本のご精読を皆様へお願いしておりますが、この点、お近くの図書館等のご利用をお勧め致します。 

03/08/11(月) 12:17 N・M [ YahooBB219023066065.bbtec.net ]


[2616]

群馬県人さんこんにちは。ガードマンです。
大変丁寧なご返答ありがとうございます。私も修理ミスが重大な関わりを持っていると思います。私の友人が過去に羽田空港で整備士をしていたのですが、その方も点検、整備ミスが事故原因だったと多くの整備士たちも言っているとききました。事故から18年後に、このような事実が出てくるとは切ない気持ちでいっぱいです。二度とこのようなことが起こらないように願ってやみません。
しかし、なぜ事故調が不適格な調査報告をしてしまったのでしょうか?そこが引っかかるのですが群馬県人さんはどうお考えですか?

03/08/11(月) 02:02 ガードマン [ m196188.ap.plala.or.jp ]


[2615] Re:2614

ガードマンさんこんにちわ。群馬県人です。
私の印象は、あの記事は日航が公式に発表したものではなく、日航関係者が、命日が近づいた今、敢えて世に出したものだと思います。当時から捜査資料としては使われていたようですが、その事実はメディアには乗っていなかったのでしょう。私にも記憶がありません。
日航広報部のコメントは、朝日新聞側からの取材への返答ですね。
私がこの記事から読み取れることは、当時から現場ではボ社の修理方法に疑問があったが、社内的にはそれを指摘することはできなかった。または指摘は黙殺、あるいは封殺された。技術者は当時からバルクヘッド破壊の危険性を覚知していた。社内の「あの時対策していれば」と言う思いを持つ人が、その無念と反省の気持ちを込めて、今、新聞社に話した、のではないか、ということです。
直接にしろ、間接にしろ、JA8119号機がしりもち事故を起こしていなかったら、あの事故は発生していなかったはずで、修理ミスが事故原因に重大な関わりを持つことは確かでしょうから。

03/08/11(月) 01:28 群馬県人 [ itbs081n049.ppp.infoweb.ne.jp ]


[2614]

「隔壁修理ミス、日航が撮影 ジャンボ機事故の7年前」 この時期にこの記事少し不自然ですよね。いかにもという感じの情報で初めに見ときある意味驚いてしまいました。日航もこの時期にどういう意味で出したんでしょうか?18年たった今も圧力隔壁修理ミスが事故原因という無言の意思表示でしょうか。皆さんは今回のこの記事どうお考えですか?

03/08/10(日) 23:54 ガードマン [ m196188.ap.plala.or.jp ]


[2613] N・M氏のこと

これは個人的かつ一方的な考えです。特にRESして頂かなくても結構です。

N・M氏の発言を見ていますと、だいたい最後は「〜をお読みいただければ…」ですね。つまり、氏は自著の営業活動にいらしているのだと判断しますが。このサイトもROMの方がかなりいらっしゃるでしょうし、その中でもトンデモ系のお話が好きな方もいらっしゃる筈です。投稿することで本の売り上げが上がるなら、何言われても書きますわ。
私が「仁義なき営業マン」なら、やっぱり同じことやりますよ。特に、また命日が近づいた今は、「宣伝」には絶好の時期ですからね。氏の書き込みが活発なのは偶然とは思えませんが。

ということは、氏の書き込みに反応することは、氏の営業活動に対して、非常に力強い援助を差し上げている、ということだと思いますね。
みなさんのお考えはいかがでしょう?といいつつ、RESはしないでくださいね。ここはこんなこと議論する場じゃないはずですから。

03/08/10(日) 22:44 群馬県人 [ itbs081n042.ppp.infoweb.ne.jp ]


[2612] Re:「空の安全」を願って

joggleさん 初めまして。群馬県人と申します。幼少の頃から航空機を愛し、その一方で、航空機事故に妙な因縁がある者です。御巣鷹の事故には、地元ということもあり、特別な想いを抱き続けております。
私は最近このサイトにお邪魔し始めましたが、何かにつけてjoggleさんの事故解析を引き合いに出し、勝手に支持させていただいております。
joggleさんの科学的、合理的な解析手法と、事故の本質を見つめる冷静な眼に感服しております。
これからもいろいろ参考にさせていただきたく思います。どうぞよろしくお願いいたします。
もうすぐ、8月12日がやってきますね。

03/08/10(日) 22:28 群馬県人 [ itbs081n042.ppp.infoweb.ne.jp ]


[2611] Re:Re:またテレビネタです

shirakiさん 初めまして。群馬県人と申します。

>何で見たのかはっきり覚えて無いのですが、事故機は以前から後部トイレの>ドアが開けづらく?なったりというトラブルがあったという話を何かで見た覚えがあります。

shirakiさんの書き込みを見て思い出しました。確かに、その様な報道もありましたね。与圧空気が後部胴体に滞留し、その圧力でわずかに変形が起きていた、とすれば説明できる現象です。ラバトリーはユニット構造ですが、取り付け部の変位による歪みはあり得ると思います)。あくまで一断面ですが、興味深い報道でした。
しかし、調査が進むにつれて、その手の証言は全く出なくなって行った様な気がしますね。

03/08/10(日) 22:17 群馬県人 [ itbs081n042.ppp.infoweb.ne.jp ]


[2610] Re:Re:またテレビネタです

dellさん こんにちわ。群馬県人です。

>別の視点で考えると、そのCAさんがもし、機長を通じて整備部門に伝えてい>たら、事故が起きなかったかもしれないですね。

確か御巣鷹の事故の後からだったと思いますが、オペレーション中のインシデンド(アクシデント=事故、というほどではない、小さな異常やミス)を匿名でリポートし、その情報を各職制で共有することで、アクシデントの芽を摘もうという制度が、日航社内で始まったと聞いています。つまり、当時はそんな制度は無かったんですね。
例えあったとしても、CAのちょっとした不安が、果たしてきちんと取り上げられたでしょうかね。

03/08/10(日) 22:09 群馬県人 [ itbs081n042.ppp.infoweb.ne.jp ]


[2609] 今ごろ・・・

「隔壁修理ミス、日航が撮影 ジャンボ機事故の7年前」

http://www.asahi.com/national/update/0810/004.html

03/08/10(日) 16:27 とりあえず [ 210.225.5.164 ]


[2608]

>・・・・ご精読の程お願い致します。・・・

まだ言うか???????????

03/08/10(日) 12:48 dell [ 32.84.111.219.dy.bbexcite.jp ]


[2607] Re:

ガードマンさんへ
>『スイッチ押し押している』の部分はどこからでてきたのですか?

◎ 1985年8月28日の各社新聞記事と「疑惑」の214ページから引用しています。
 この奇異な会話の文言に関しては、聴聞会、最終報告書では「たいとおっしゃる方が・・・」に訂正されていますが、そこには大変な謎が秘められていると私は思います。即ち、「スイッチを押している方が・・・」であれば、人為的で意図的な航空機内部爆破とうことが、大いに考えられますが、「たいとおっしゃる方が・・・」であれば、トイレに行きたいとおっしゃる方がいらっしゃるんですがと云うような通常の会話になってしまうところがあるということです。この点に関する事故調への、私からの一回目の意見書で、事故調は、「スイッチを押している方が・・・」の侭であれば、問題を残すことになると考えられたと思われます。この点に関しては、私の本の第二章で詳しく説明してますので、まず、ご精読の程お願い致します。

>間接的には関係があったということですか?関係があったのなら加害者ではないのですか?

◎間接的に関係があったかどうかについては、私は不明です。あなたは当時の日航の体制・体質が事故原因に繋がったということを主張しておられるようですが、私は、そのことは問題にしていないということです。

03/08/10(日) 12:40 N・M [ YahooBB219023066065.bbtec.net ]


[2606]

N.M氏へ
私も事故調の見解には納得していませんが、それが機内爆発の証拠とどうつながるのですか?あなたのホームページに記載してある、「スイッチを押している方がいらっしゃるんですが、よろしいでしょうか?」の『スイッチ押し押している』の部分はどこからでてきたのですか?事故調の報告書は私も持っていますが、この部分は・・・・になってますよね?このような憶測交じりのことをまるで真実のように語るのはどうかと思います。爆発音についても生存者のY.Oさんは、「バーン」ではなく「拳銃のような『パーン』だった」と証言していますよ。あなたは自分自身に都合がいい証言や報道のみを資料としていませんか?そのようなやり方では事故調と何もかわりが無いように思います。
>日本航空の経営体制・体質は、当事故に限っていえば、直接的には関係していないと考えます。
とはどういうことですか?間接的には関係があったということですか?関係があったのなら加害者ではないのですか?

03/08/09(土) 23:19 ガードマン [ o133226.ap.plala.or.jp ]


[2605] Re:Re:

>ガードマンさんへ
文章の訂正(被害者を加害者に訂正いたします)
>
>◎ 私は「日航機を爆破した」との怪電話がかかっていましたので、この点についても再調査を実現させましょうと呼びかけている訳です。また、この怪電話だけを根拠としている訳ではありません。事故調見解の事故原因が、真っ向から否定される確証が、CVRに発見されたことを主たる根拠としています。この点については、私の著書を精読して頂ければ、納得して頂けると思います。
> あなたが言われる日本航空の経営体制・体質は、当事故に限って言えば、直接的には関係していないと考えます。運輸省の航空機検査官であられた田島氏は責任を感じて自殺しておられますが、私は、運輸省の検査官を含め、日航、ボーイング社は加害者にさせられていると考えます。即ち、当事故調査においては冤罪が発生している可能性が、極めて高いということです。

03/08/09(土) 21:52 N・M [ YahooBB219023066065.bbtec.net ]


[2604] 当時の・・

当時の日本航空社員の中には事故原因の全容を知っている者が必ずいます。
元日本航空社員から聞いた話です。

03/08/09(土) 20:08 安全地帯 [ z192.219-127-60.ppp.wakwak.ne.jp ]


[2603] Re:

ガードマンさんへ
>「日航機を爆破した」証拠はどこにあるのでしょうか?怪電話だけで判断されているのならあなたのことは信用できません。
>なお大事故の本質とは事故がおきたときの時代背景・日本航空の経営体制のことです。

◎ 私は「日航機を爆破した」との怪電話がかかっていましたので、この点についても再調査を実現させましょうと呼びかけている訳です。また、この怪電話だけを根拠としている訳ではありません。事故調見解の事故原因が、真っ向から否定される確証が、CVRに発見されたことを主たる根拠としています。この点については、私の著書を精読して頂ければ、納得して頂けると思います。
 あなたが言われる日本航空の経営体制・体質は、当事故に限って言えば、直接的には関係していないと考えます。運輸省の航空機検査官であられた田島氏は責任を感じて自殺しておられますが、私は、運輸省の検査官を含め、日航、ボーイング社は被害者にさせられていると考えます。即ち、当事故調査においては冤罪が発生している可能性が、極めて高いということです。

03/08/09(土) 13:30 N・M [ YahooBB219023066065.bbtec.net ]


[2602]

N.M氏へ
「日航機を爆破した」証拠はどこにあるのでしょうか?怪電話だけで判断されているのならあなたのことは信用できません。毎年のように全国の空港には怪文書なるものが送りつけられているそうですよ。特にこの時期には。
人為的で意図的な航空機内部爆破の証拠をお持ちなんですか?怪電話情報だけでこう判断するのは間違いではないですか?N.M氏のホームページを拝見しましたがほんの宣伝としか思えません。証拠となる文書のコピー及び写真などの物的証拠がみたいものです。文章だけなら私でもかけます。N.M氏自身がおしゃっている根拠・証拠をぜひ見てみたいものです。それまではこのような発言を控えたほうがいいと思います。なお大事故の本質とは事故がおきたときの時代背景・日本航空の経営体制のことです。なぜこのような事故がおきてしまったのか原因だけではなくもっと深くにあるものも考えてほしいです。
余談ですが、ハンプさん私も藤田日出男氏の本には期待しています。

03/08/09(土) 01:53 ガードマン [ q247229.ap.plala.or.jp ]


[2601] Re:

 ガードマンさんへ
 私は、陰謀という言葉を使った覚えはありませんが、あなたは何か勘違いをしておられませんか。陰謀とは何のことでしょうか?
 大事故の本質を考えよとのことですが、それは、ご遺族のことを考えよということでしょうか?もし、そうであれば、ご遺族には、大変お気の毒なことではありますが、「日航機を爆破した」との過激派からの怪電話は、人為的で意図的な航空機内部爆破に直結する根拠・証拠ともなることです。
 私は、航空事故調査の目的は事故の再発防止のための真相究明にあるのであり、調整は禁物であると考えております。この点、ご遺族からのお叱りを受けても仕方がないと思っております。

> N.M氏は、ほかの方の話をどう思っているのでしょうか。多くの犠牲者を出した大事故の本質をよく考えてほしいものです。すべてが陰謀でかたずけられていては真実は見えてこないと思います。もう一度事故について一から調べなおしてみてはいかがですか?皆さんが納得できるような証拠、証言を用意してから意見してください。考え方だけじゃ誰も納得しませんよ。

03/08/09(土) 00:24 N・M [ YahooBB219023066065.bbtec.net ]


[2600] 出版本

JAL123便の事故以来、多数の著書が発行されています。
初期の著書は、ジャーナリストとして真剣に取材し、生存者のOさんに実際に取材したりした吉岡忍氏著「墜落の夏」とか、航空工学の専門家である著者が、素人にも解る様に解説した、東大名誉教授加藤寛一郎氏著「壊れた尾翼」など、読者が感銘できる書物が多かったです。
ところが最近の出版物は、著者の思い込み、自分の見解に都合のいい過去の情報を並べるだけの、ご都合主義書物(飯塚訓氏の「墜落遺体」正・続だけは除外します、この2冊の著書はすばらしい本だと私は思っています)です。
自衛隊の無人標的機が衝突した、と言った見解の本から数々の続編を出している著者は、無人標的機の運用方法も知らない方でしたし(ここの掲示板でも有名人ですよね)、最近発行された本(題名、著者は忘れました)には、JAL123便の事故発生の空域(エマーが発生した空域)を、「雫石事故と同じ空域」と記していました。
雫石はどこにあるか、それ位調べろよ!!!!と言いたいです。
こんなレベルの人が偉そうに書いているんですよね。
私は航空業界の専門化ではありません。
たんなる一航空ファンです。
そんなたいした専門知識もない人間にも突っ込みを入れられるような見解を、公の本として出版してもらいたくないですね。
今月18日には、元JALパイロットの藤田日出男氏のJAL123便事故関連の著者が発売されるようです。
氏のマスコミでの発言は、十分我々が共感出来る発言が多かったので、久々に読みたいと思える本が出るかな?と期待しています。

http://homepage2.nifty.com/hamp/

03/08/08(金) 23:57 ハンプ [ YahooBB220005005008.bbtec.net ]


[2599]

 N.M氏は、ほかの方の話をどう思っているのでしょうか。多くの犠牲者を出した大事故の本質をよく考えてほしいものです。すべてが陰謀でかたずけられていては真実は見えてこないと思います。もう一度事故について一から調べなおしてみてはいかがですか?皆さんが納得できるような証拠、証言を用意してから意見してください。考え方だけじゃ誰も納得しませんよ。

03/08/08(金) 21:51 ガードマン [ q247229.ap.plala.or.jp ]


[2591]  ・ のように指定を訂正します

2589 でお願い致しましたホーム・ページを

http://www1.odn.ne.jp/~cck42770/Main0.html#anchor316717 の L, M, N, O
項 に訂正させて戴きます。 すみませんでした。

03/08/08(金) 12:12 Joggle [ YahooBB218132252029.bbtec.net ]


[2590]

もう少しで8月12日ですね。私も空の安全を守る仕事をしているのでこの日が近づくと少し憂鬱です。真実は、いつ明らかになるのでしょうか。航空機事故は絶えずおき、それを教訓に今まで航空業界は発展してきたと思います。単独事故として一番多くの犠牲者を出した、この事故の真実を明らかにして日本の航空業界をより安全な体制にしてもらいたいものです。こういう場がもっと公の場として登場することを期待しています。このままでは真実は闇の中のままではないかと、事故が起きて18年真実を知る方が名乗り出てくれることを願います。

03/08/08(金) 00:48 ガードマン [ j174081.ap.plala.or.jp ]


[2589] 「空の安全」を願って


皆様 今日は Joggle です。 

再び暑い夏がやって来ました。 昨日は広島の原爆記念日、12 日は御巣鷹山の記念日、
そして 15 日は終戦記念日です、悲しい日が続きます。 国民はそれぞれの思いでこれ
らの日をむかえことでしょう。 私は 8 月 12 日を「空の安全」を願って迎えます。

皆様の御支援により、私のホーム・ページの Access 者数が 314.000 人を超えました。
一人でも多くの国民の方々に私のホーム・ページを読んで戴きたいというのが私の願い
です。 このような機会と場所を与えて下さった Suzan さんの若き知性に感謝します。
この一年、私は科学技術の面ではなく、社会科学の立場でこの事故を見直し、ホーム・
ページを改定しました。 理由は事故は犯人探しの段階ではなく、歴史的事実とし、社
会的な解決をはかるべきだと思ったからです。 皆様、是非、下記
http://www1.odn.ne.jp/~cck42770/Main0.html#Anchor1371970 の L, M, N, O 章を読
んでみてください。
また、附録として、下記の二つを加えました。 こちらも一度、覗いて見てください。
http://www1.odn.ne.jp/~cck42770/image/sub/submain.html
http://www1.odn.ne.jp/~cck42770/Link6.html#Anchor69195

P.S
 本日 N.M さんからメールがありました、内容は以下のようなのもです。

> @ 音響解析図を考察すると、18時24分34秒のパーン音は垂直尾翼外版の破壊音では
> なく、爆弾等の爆発音であろうと思われます。その根拠、理由等については、私の著
> 書「天命の陳情」で、詳しく説明しています。

03/08/07(木) 22:16 Joggle [ YahooBB218132252029.bbtec.net ]


[2588] Re:またテレビネタです

>内容は、「事故機のJA8119号機は、前からトラブルの兆候があった」というもの。そのスチュワーデスは、JA8119号機に搭乗するのがいやだったそうです。


別の視点で考えると、そのCAさんがもし、機長を通じて整備部門に伝えていたら、事故が起きなかったかもしれないですね。

そのCAさんを責める気はないけど、気になっていたのならなぜ、行動に出なかったのか? 仮に申し出ていたら、なぜ不安のある機体を徹底的に調べず飛ばしたのか? 


ここにも「腐敗の構図」が現れるんだよなぁ。

03/08/07(木) 12:14 dell [ 5.84.111.219.dy.bbexcite.jp ]


[2587] 雑感

「原因はこれだ!!」と思い込み(理論的かつ合理的な検証をしている方もいるが)、Webで公開をする、本を出すのは自由だが、それを押し付けるのは「荒れる」原因になってきた。皆さんご存知の通り。

それでもなおかつ延々と持論を支持しろという。第○弾という本を出す。その結果何か起きたのか??ということが一番重要なはず。肝心の政府・事故調は動きが全くない。機長組合の要請も無視。マスコミも近年は年に一度の数十秒のニュースとしてしか扱わない。

ましてや遺族の方々の意見すら無視する始末。何度も書いた記憶はあるが、改めて


「事故原因よりも日本の組織の腐敗のほうが問題になるべき」


だと俺は今でも思ってる。それが未だに引きずられて今日に至っていることを考えると恐ろしいことでしょ? 

03/08/07(木) 12:03 dell [ 5.84.111.219.dy.bbexcite.jp ]


[2586] Re:またテレビネタです

こんにちは群馬県人さん。

>むしろ、同様の記憶をお持ちの方がいらっしゃれば・・・

何で見たのかはっきり覚えて無いのですが、事故機は以前から後部トイレのドアが開けづらく?なったりというトラブルがあったという話を何かで見た覚えがあります。(どの程度信憑性のある話かわかりませんが)

この点では、某氏の質問にある生存者の方の証言との整合性も確かに指摘の通りではありますが、群馬県人さんの視点もその通りだと思います。また、補足的には(機体にトラブルの原因があったと仮定した場合)それまでのつもり積もったストレス(その結果として異常な音や振動がしていた)がそのフライトでついには限界に達し、一気に破壊まで進んでしまった、気がつくほどの前ぶれを感じる前に・・・というケースの可能性もゼロではないと思いますので、群馬県人さんのおっしゃる通り、それだけでは『決め手』とはならず、どちらの言い分もありうるとしか言えないようですね。

ただ、そのような話(前ぶれがあった)を何かで見た事はあり、すごく関心を持った事がある、というのは今でも覚えています。

03/08/07(木) 02:48 shiraki [ 3dd5178b.catv296.ne.jp ]


[2585] Re:Re:またテレビネタです

ご指名をいただいた様なので、質問にはお答えしましょう。

私の投稿は、「当時その様な報道がされた記憶があり、その内容が現時点で
私がもっとも支持する事故原因解析と符号する」という個人的意見を述べた
物で、当然、その記憶を元に、事故原因を特定しようなどと言うつもりは全くありません。むしろ、同様の記憶をお持ちの方がいらっしゃれば、その後
取り沙汰されることもないあの報道について、意見を伺いたいという趣旨です。

>◎「前ぶれのような異常は、全く何も感じませんでした」との落合証言を、>どのように解釈されますか?

どうもこうも解釈などしません。私はこの発言の前提条件を知らないからです。逆に質問ですが、あなたはこの発言の前提をすべてご存知なのですか?例えば、異常なしとはいつからいつまでの時間を指しているのか、過去の勤務中も含めてか、123便に搭乗してからのことか、Y・Oさん(彼女は公人ではありませんので、敢えて氏名は書きません)は過去にJA8119号機に搭乗したことがあるのか、当日はデッドヘッド(私用での搭乗)だったそうで、客室内での異常は感じなかった、という意味ではないのか、(クルーだけが出入りする、ギャレーなどだけで異常が感知された、という可能性も否定できない)、こういったあらゆる前提条件が正しく検証されずに、ただ言葉ひとつを取り上げて「証拠」としているならば、それは全く無意味であり、議論の対象ですらありません。

私はあなたの主張をすべて知りませんし、今のところ知ろうとも思いませんので、事故原因に関する議論には一切お答えしません。
ただ、再調査開始を主張するのであれば、まず街頭にでも立たれたらどうですか。マスコミが少しは注目してくれるかもしれませんよ。ネット上での匿名の投書で、ムーブメントを起せるとお思いでしたら、あまり社会をナメない方が良いと思いますがね。

03/08/07(木) 00:36 群馬県人 [ itbs081n022.ppp.infoweb.ne.jp ]


[2584] Re:自衛隊の標的機が衝突

>nakanaka さん
無人標的機が衝突した、と言うことはここの掲示板でも散々書き込まれていました。
無線誘導の標的機と言うのは、誘導管制を出来る船舶又は航空機がいないと、1mも飛ぶことが出来ないので、そのような船舶や航空機が事故当時そこに居たという事実が無い限り、この空域に標的機が飛行することは不可能なんです。
事故当日、標的機のファイアービーやチャカを管制誘導出来る訓練支援艦は、この海域に居ず、呉に居た事が確認されています。

http://homepage2.nifty.com/hamp/

03/08/06(水) 01:53 ハンプ [ YahooBB220005005008.bbtec.net ]


[2583] Re:SUZANさんにお願い

>ぜひ、日航機長組合のWebサイトのリンク許可をもらってほしいもんです。
>
>でもって、少しでもメインを更新してもらえたらなぁ・・・。高望みですかね??>SUZANさん

他のところからさらにリンクしてもらうには少し作り直したほうが良い部分は
あると思いますね。
今は作成した当時ほど情報を把握していないので迂闊にコンテンツを作ること
ができない状態です。でも疑惑を匂わすような部分はすべて消そうかなと思っ
ています。

03/08/06(水) 01:14 SUZAN [ YahooBB218123180107.bbtec.net ]


[2581] 本当に支持を得たいのならば・・・

ホームページの管理者から「大変迷惑しています」と告げられ、それに対し「どうしてなのか返事をください」と良識ある大人を演じるが、相手(管理者)からの返事が来る前に、再びその掲示板に同様の投稿をしてしまう・・・。

百歩譲って、その管理者の勘違い・身勝手があったとしても(実際には全く無いと思われますが)、『迷惑』と言われた行為その事について、管理者及び書き込みした人物の双方に何らかの合意が無いままに再びその行為をするというのは、信用できる人物と言えるでしょうか。
単なる嫌がらせと言われても仕方ないような気もします。

自分がどう思う・・・だけではなく、皆さん(相手)にどう思われるのか?感じられるのか?というところをもう少し配慮されないと、何事も広く受け入れられ、支持をされる事は困難に思われます。

これは私自身への戒めも含めて感じたことです。

03/08/06(水) 00:17 shiraki [ 3dd5178b.catv296.ne.jp ]


[2580] 自衛隊の標的機が衝突

日本怪死人列伝
安部 譲二 (著)
産経新聞ニュースサービス

に出てくるのですが、自衛隊の標的機が衝突したのが原因というのは
既出ですか?

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/-/books/459403487X

03/08/05(火) 15:45 nakanaka [ user195.miyazaki91.megax.ne.jp ]


[2579] SUZANさんにお願い

ぜひ、日航機長組合のWebサイトのリンク許可をもらってほしいもんです。

でもって、少しでもメインを更新してもらえたらなぁ・・・。高望みですかね??>SUZANさん

03/08/05(火) 14:49 dell [ 5.84.111.219.dy.bbexcite.jp ]


[2578] こんなこと言わなくても分かってるんだろうが

また出てきたN・M氏。他の掲示板でも「宣伝」が過ぎて警告受けてますな。

もう出てこないと言った割には定期的に現れる。


仮に貴方の見解が正しいとする。それで再調査は始まるの? 納得した読者が沢山増えたとして、それで再調査は始まるの? 

貴方は(この事故の真実を求めている)貴重なO.Bとして機長組合と連携でもしてやるべきことがあるんでない?? 


03/08/05(火) 14:45 dell [ 5.84.111.219.dy.bbexcite.jp ]


[2577]

>2576
多重投稿なので削除しました。

03/08/05(火) 14:24 SUZAN [ YahooBB218123180107.bbtec.net ]


[2575] Re:またテレビネタです

 群馬県人さんへ
 
>内容は、「事故機のJA8119号機は、前からトラブルの兆候があった」というもの。そのスチュワーデスは、JA8119号機に搭乗するのがいやだったそうです。理由は、他の機では感じない異常な音や振動があり、特に機体後部の床下あたりから、不自然な振動が伝わってきていた」というもの。彼女は、事故の第一報を聞いたとき、すぐにひらめいたそうです「8119号に違いない」と。そして、そのひらめきは当たってしまいました。プロをしてその様に思わせるほど、異常な兆候があったと言うのです。

◎「前ぶれのような異常は、全く何も感じませんでした」との落合証言を、どのように解釈されますか?

>しかし、現在私がもっとも支持するjoggle氏の解析によれば、バルクヘッドの修理ミス箇所から、長時間にわたって与圧空気が少しずつ漏れ、与圧されていない後部胴体内の内圧を上昇させていた、ということで、ずっと前からスチュワーデスが異常を感じたことと符合します。
>あ、ちなみに、私はjoggle氏のサイトを読み込んだだけで、氏とはなんの面識もなく、当然、宣伝するつもりなどありませんので、念のため。しかし、氏の解析こそ、「科学の方法」のお手本と言えるほどにスキが無く、非常に信頼できるものだと思う、とは言っておきます。

◎ joggle氏へは尾部破壊のプロセスに疑問点がありましたので、その点を六か条質問しています。また弁護する訳ではありませんが、日航とボーイング社は加害者ではなく被害者であったと思うと云うことを、氏へEメールしてあります。

03/08/03(日) 12:03 N・M [ YahooBB219023066065.bbtec.net ]


[2574] こんにちわ。

皆様こんにちわ。
Googleで「123便」と検索して参りました。

過去ログも少し読ませて頂きました。
123便の事故については諸説あるようですが
国民が納得できる情報を公開しなかったのが
諸説の発端のような気がしました。

もうすぐ123便の事故の日ですね。
事故の時刻には河原から山に向かって 
今年も手を合わせます。

PS:皆様の熱意に感服いたしました。

03/07/31(木) 16:03 航空ファン [ ntsitm060247.sitm.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp ]


[2573]

多分「セブン、セブン」と言っていると思いますよ。あと某氏の4部作は、最近になって5部作になったと思います。今月もう一冊出したようですよ。今年も8月12日が近づいていますが、今年もニュースなどで報道されるんでしょうか?どなたか情報をお持ちの方教えてください。

03/07/29(火) 23:38 ガードマン [ m200109.ap.plala.or.jp ]


[2572] スコーク77

皆さんこんにちは。
前から気になっているのですが、ボイスレコーダーの記録で18時24分42秒の機長の発言とされる「スコーク77」・・・テレビやネットで公表された音声を聞いてみると、『スコーク』の後の部分が『77(もしくは7700)』とは聞こえないのですが、何と言っているのでしょうか?『77』と言っているのでしょうか?
もし気になった方がいたらお教えください。

03/07/29(火) 22:07 shiraki [ 3dd5163e.catv296.ne.jp ]


[2571] 読んでみようかな?

私、実は数ヶ月前NMさんの著書をインターネット書店で購入しまして、数十頁読んだんですが、そのまま・・・・
ここまで言うのなら取り合えず読んでみっかなぁ・・・
と、・・・
はたして最後まで読破できるんかいなぁ・・・?
取り合えずチャレンジ!!です!!
某氏の4部作著書では2部で挫折しちゃったからなぁ・・・

http://homepage2.nifty.com/hamp/

03/07/29(火) 00:36 ハンプ [ YahooBB220005005008.bbtec.net ]


[2570]

私もNM氏の話には、同意できません。再調査を願う気持ちはわかるんですが。私としては群馬県人さんと同じくjoggle氏の考えに賛成です。整備をされてる方には申し訳ないんですが、点検、整備ミスだと思います。あと8月に元日本航空パイロットの方がこの事故についての本を出版するようです。以前月刊誌になかなか面白い記事を書いていた方なので、期待しているんですが、皆さんはどう思いますか?

03/07/28(月) 22:25 ガードマン [ r010217.ap.plala.or.jp ]


[2569] NM氏の本

またもやNM氏が出現したので、HP見てきました。
BBSが復活していたので、書き込みさせていただきました。
NM氏の情熱はわかるんですが、どうも方向が・・
とりあえず、一度読んでみようかと思います。
某氏が執筆された、四部作(?)あまりにも馬鹿げていて、
読み切れませんでした。
はたして・・

03/07/28(月) 16:40 ドクター [ fw1.tgn.or.jp ]


[2568] はじめまして

皆さんこんにちは。ガードマンです。元整備士の友人に聞いた話なのですが、整備士の中では内々で整備ミスという話になっているみたいですよ。(最初は標的機などの話しも出たそうですが)責任を感じて精神病になった方もいたという話を聞きました。当時の日航の経営体質、事故後のボーイングからの受注などの関連を調べれば自ずと真実が見えてくるような気がします。再調査を願うばかりです。

03/07/27(日) 17:21 ガードマン [ k121187.ap.plala.or.jp ]


[2567] またテレビネタです

みなさんこんにちわ。群馬県人です。もうひとつ、当時のテレビで放映されたネタのことを書かせていただきます。どなたか覚えていらっしゃるでしょうか。日本航空のスチュワーデスとされる人の匿名インタビューでした。音声はほとんどおじさんのだみ声のように不鮮明に変換され、絶対に個人が特定できないように、相当配慮されているみたいでした。後にも先にも、あれほど音声を加工した匿名インタビューは聞いたことがありません。
内容は、「事故機のJA8119号機は、前からトラブルの兆候があった」というもの。そのスチュワーデスは、JA8119号機に搭乗するのがいやだったそうです。理由は、他の機では感じない異常な音や振動があり、特に機体後部の床下あたりから、不自然な振動が伝わってきていた」というもの。彼女は、事故の第一報を聞いたとき、すぐにひらめいたそうです「8119号に違いない」と。そして、そのひらめきは当たってしまいました。プロをしてその様に思わせるほど、異常な兆候があったと言うのです。
当時は、しりもち事故を間接的な原因とする、バルクヘッドの破壊、という論調が支配的で、私もそのように思っていましたから、ずっと前から異常を感じていた、というのは、何かの偶然だろうと思っていました。
しかし、現在私がもっとも支持するjoggle氏の解析によれば、バルクヘッドの修理ミス箇所から、長時間にわたって与圧空気が少しずつ漏れ、与圧されていない後部胴体内の内圧を上昇させていた、ということで、ずっと前からスチュワーデスが異常を感じたことと符合します。
さらに、CVRの音声に、機長の声で「ずっと前から・・(以下不明)」という音声があり、それは「ずっと前からおかしかった」という意味の発言ではなかったか、と言われました。当時、NHKはこの部分を報道特番で取り上げ、機長に扮した俳優の佐藤慶氏が、いろいろな語調で「ずっと前から・・」という部分を演じ、それを専門家が聞きながら、あのタイミングで機長がその様な発言をするのは、どんな心理状態や思考だったのかを検証する、という内容でした。結局、これといった結論は導き出せなかったと記憶しています。
私のその記憶も長らく宙に浮いたままでしたが、joggle氏の解析に出会ったことで、整合性を得られました。

あ、ちなみに、私はjoggle氏のサイトを読み込んだだけで、氏とはなんの面識もなく、当然、宣伝するつもりなどありませんので、念のため。しかし、氏の解析こそ、「科学の方法」のお手本と言えるほどにスキが無く、非常に信頼できるものだと思う、とは言っておきます。

03/07/27(日) 02:17 群馬県人 [ itbs081n042.ppp.infoweb.ne.jp ]


[2566] 減圧実験

これって国外ではどこで出来ますぅ?

ちなみにその現地実験費用は如何程かと。。。

03/07/27(日) 02:02 探偵団 [ YahooBB218136022110.bbtec.net ]


[2565] Re:JAL123便機の墜落原因に疑問をお持ちの皆様へ

群馬県人と申します。
あなたがどんな見解を主張するのも自由ですが、つまり、520人は過激派の手前勝手な理論の犠牲になった、ということですね。
あなたはそれを、遺族の目の前で主張できますか?したことがありますか?
あなたの言うことが事実なら、まずそこからだと思いますがね。
とはいえ、今更始めるなんていわないようにね。18年間やってないだけで、十分に卑怯者だから。しかも、今更遺族の傷をほじくりかえす様なことしたら許さん。

03/07/26(土) 14:05 群馬県人 [ itbs081n054.ppp.infoweb.ne.jp ]


[2564] Re:はじめまして。

ssさん初めまして。群馬県人と申します。私も最近のマスコミの論調にはウンザリしている一人ではあります。

>ちょうど墜落の原因が圧力隔壁云々とマスコミで報道されている頃だったの>ですが、そのパイロットは「圧力隔壁なんて全然嘘、米軍機の接触が
>原因。」と言い切っていたそうです。

この部分について、私の意見を述べさせてください。むしろ、現場のパイロットがそう思うのも無理は無いかな、と思います。
機体構造にも詳しいパイロットは、圧力隔壁の破壊による与圧気流の噴出によっては、垂直尾翼の破壊など起こらない、ということがすぐにわかったはずです。しかし、垂直尾翼は実際に破壊されていた。となれば、何かが衝突した、という発想が出るのは、ある意味当然でしょうね。
それが何故米軍機になったかといえば、日本の民航パイロットは、米軍機、特に戦闘機に関して、かなり悪いイメージを持っているケースが大半だからです。
エンルート上を飛ぶ民航機はIFR(計器飛行方式)で、決められたルート上を飛びます。高速道路を走っている大型バスにたとえられます。これに対し、米軍戦闘機は基本的にVFR(有視界飛行方式)で、目視で安全と判断されれば、おおむね自由に飛びまわれます。いわば高性能スポーツバイクみたいなもので、それが良く大型バスたる旅客機にまとわりついて、民航の感覚ではほとんどニアミスといえる接近をしてみたり、からかうような機動をしたり、ひどいときには攻撃シュミレーションとしか思えない機動をすることもあるそうです。(たまに新聞ネタにもなってます)
それではバスの運転手はバイクが嫌いになりますよね。
だから、この事故を聞いたパイロットは「あ、ついにやりやがった」という
気持ちになったのではないかと思います。それも止む無しかな、と。

何故垂直尾翼が破壊されたか、という理由については、私は、このサイトにも書き込みをされているjoggle氏の解析結果を支持しています。

03/07/26(土) 13:51 群馬県人 [ itbs081n054.ppp.infoweb.ne.jp ]


[2563] Re:Re:2553

Daleさん初めまして。群馬県人と申します。

>そのとおりですね
>とすると、日航機の後を追うように飛んでいたとされるヘリコプターも当然レーダーに映っていたと言うことに…

日航機も救難ヘリも、現場近くでは山腹ぎりぎりの低空まで降りていたので、多分航空路管制レーダーでも機影は捉えられなかったはずです。ただ、米軍の救難ヘリ(SSさんが後で書かれている通り、海軍のヘリでした。横田としたのは私の記憶違いでした)を現場上空付近で誘導した、横田のC-130は、捉えられていたかもしれません。

むしろ、ここで私が言いたかったことは、相模湾上空で、もし米軍機やミサイル、無人標的機などによって墜落の原因が作られたのなら、何故なぜそれらのレーダー航跡が無いのか、ということです。完全なエンルート上で、間違いなくレーダー覆域内です。であれば、日航機に衝突した物体も捉えられているはずです。はたして、その記録を完全に抹殺することが可能なのか。
私はそうは思わない、ということなのです。


03/07/26(土) 13:25 群馬県人 [ itbs081n077.ppp.infoweb.ne.jp ]


[2562] それと、

米軍がまっ先に現場到着したというソースです。

この事故から10年経った1995年8月、当時の真相等が多く 発表される様になった。
そのひとつマイケル・アントヌッチ・ジュニア元米軍大尉の証言である。
(「週間文春」1995年9月28日号)

彼はその日、たまたま沖縄・那覇から横田基地米軍輸送機C130で飛んでいた。
日本側より14時間も前に墜落現場を発見した事実を公表した。 「あの飛行機事故のことは
10年経った今も脳裏に焼き付いて離れない。 JAL123便が管制塔に『緊急』を告げた時、
たまたま近くを飛んでいた。現場はすぐに発見出来た。墜落の2時間後にはアメリカ海軍の
救助ヘリが現場に着いた。あの時、救助にストップがかからなければ、もっとたくさんの人が
助かっていたに違いない。 日本の救助隊が現場に着いたのは、その14時間もたってからというではないか。」
「現場を確認後、グリフィン隊長は残骸の上空600メートルでそのまま旋回飛行を続けた。
私は横田基地 からの位置を測り、20分後には正確な位置を割り出して横田基地に知らせた。
やがて横 田基地から連絡 が入り、60キロ離れた厚木基地から海軍の救助隊が来ると知らされた。あと1時間で着くという。」
「彼ら(海軍ヘリ)は少し離れたところで、ラペル(ロープを使って懸垂降下すること)で二人
の乗員を地上に降ろし、検索しようとしている。ゲイリーがヘリと話している間に、私は司令部へ連絡を入
れた。 その時、司令部の命令はこうだった。 『日本の救助隊が向かっている。すぐ基地に戻るように。』
しかし私は次のように伝えた。 『海軍は救助に入りたいと言っています。』
すると司令部は次のように言った。 『繰り返す。すぐ基地に戻るように。海軍も同じだ。』
もはや私は『わかりました。帰還します』と答えるしかなかった。降りかけていたヘリの乗員たちは、
再びロープを登っていった。 その時、我々の900メートル上空に、日本の
飛行機が旋回しているのを認めた。午後9時20分だった。これが現場に来た最初の日本の飛行機である。」
「横田基地で待っていたのは、第316戦術航空団の副司令官ジョエル・シルズである。
グリフィン隊長が報告を終えると、シルズは 『よくやった。でもこのことは一切マスコミに話してはいけない』と言った。
理由はまったく説明されなかった。 しかし翌日のニュースは、もっと衝撃的だった。
日本の救助隊は現場を発見できず、やっと着いたのは墜落の14時間後だと言っているではないか。
私は焦って自分の地図を取り出し、墜落現場を正確に伝えたかどうか調べた。私には自信があった。
伝えた位置は正確だった。海軍のヘリは私の情報に従って現場に来たのだから、間違いない。
我々はあの時、現場の上空を飛んでいた日本の救援隊にを任せた。
それにしても、どうして墜落現場がわからなかったのか?一体、朝まで何をしていたのか?不思議でならなかった。
事故から2週間たって、私は『タイム』と『ニューズウィーク』で 生存者が4人いたことを初めて知った。
しかし残りの記事は、間違いだらけだった。生存者の一人の証言が私をぞっとさせた。
彼女は墜落後、数人の子供達の声を聞いたと言っていた。ヘリを見て手を振ったが、気づいてくれなかった
と語っていたのだ」・・・・・・と以上である。

それを受けて8.12連絡会顧問(弁護士)も 「この海軍のヘリについて事故調査の報告書にはまったく記載がないのである。
なぜか?そして米軍の援助活動にストップをかけたのは、いったい誰なのか?
C130の乗務員に対する口封じ誰の意志によるもので、その理由は何なのか?」 とコメントを出している。

03/07/23(水) 21:35 ss [ 25.pool4.ipctokyo.att.ne.jp ]


[2561] はじめまして。

先日の赤坂小学生4名監禁事件の顛末(自殺した男による単独犯行という素人目にも
不自然な警察の結論や少女売春シンジケートの存在よりも、少女達の非行に目を向け
させるようなマスコミの報道)を見ていたら「これって政府ぐるみの隠蔽しゃないの」
と憂鬱な気分になりました。
そしてなぜか、私が社会人2年目におきたこの墜落事故のことを思い出しました。
当時、私は先輩のサブとしてある航空会社系列のホテルを担当していました。
ちなみにこの航空会社は墜落機のライバル社です。
そのホテルは当然ながら航空会社乗務員の指定宿になっており、そこのホテルマンが
パイロットから聞いた話をまた聞きしました。
ちょうど墜落の原因が圧力隔壁云々とマスコミで報道されている頃だったのですが、
そのパイロットは「圧力隔壁なんて全然嘘、米軍機の接触が原因。」と言い切って
いたそうです。
まっ先に現場に到着して、救助に入ろうとした米海軍ヘリには司令部から帰還命令が
下り、その結果、生存者を見殺しにしたことは、米軍関与の隠蔽をスムーズに行なう
ためだったのかもしれませんね。
日本政府にとってアメリカとの関係は何よりも優先されるものなのでしょう。
政府が真実を国民から隠すことは、いつの時代も同じですけどね。

03/07/23(水) 21:25 ss [ 25.pool4.ipctokyo.att.ne.jp ]


[2558]

既出とは思いますが、某板に久々に
ボイスのフラッシュが上がっていたので...
ttp://mito.cool.ne.jp/detestation/jal123.swf

03/07/23(水) 19:03 初めまして [ YahooBB220063104032.bbtec.net ]


[2556] 2555

削除対象ですね?>SUZANさん。

03/07/23(水) 13:23 dell [ 123.119.111.219.dy.bbexcite.jp ]


[2555] JAL123便機の墜落原因に疑問をお持ちの皆様へ

 お願い! 当事故原因の再調査を実現させましょう。

 突然で恐縮です。当事故では「日航機を爆破した」との電話が、過激派と名乗る人物から、防衛庁と日航にかかっています。私は、その怪電話については、いたずら電話ではなく、犯行声明そのものではなかったかと考えます。また事故原因に関しては、時の行政のあり方に反対していた安保闘争の過激派は成田闘争を支援していましたが、その過激派の残党が、それらの闘争に行き詰まり、グリコ・森永事件の犯人達に手製の爆弾を供与するという手法で、政府へ一撃を加えたもので、事故というよりも大事件であり、人為的で意図的な航空機内部爆破事件ではなかったかと考えます。
 私見は、今までの常識を覆したもので、「まさか!とても信じられない」との考えが強いとは思いますが、日航ジャンボ機御巣鷹山墜落の真相というキーワードで検索し、http://www.geocities./・・・というサイトを、是非お訪ねして頂きたく、この場をお借りしてお願い申し上げます。そこには、その怪電話の内容も詳細に紹介しています。
 
 

03/07/23(水) 12:28 N・M [ YahooBB219023066065.bbtec.net ]


[2554] Re:2553

そんな話もあったんですね

>なんでレーダーに記録が無いのですか?

そのとおりですね
とすると、日航機の後を追うように飛んでいたとされるヘリコプターも当然レーダーに映っていたと言うことに…横田基地を飛びたったその機影が

どうなんでしょ???

03/07/22(火) 17:46 Dale [ Air1Aav055.ngn.mesh.ad.jp ]


[2553] 覚えている方は?

群馬県人です。このネタは過去に出たかもしれないのですが、
一応書かせていただきます。
覚えておられる方はいらっしゃいますでしょうか。事故直後、8/14か
15あたりに、墜落直前の日航機を目撃した人々のインタビューが、結構
テレビで流れました。その中で、現場近くの山中に住むおばあさんへの
インタビューに対し、
「大きな飛行機が斜面を這うように飛んでいった」、「そのあとに、また
別の飛行機が飛んで来た」。そこで記者が聞きます「どんな飛行機でしたか?」「そうだね、四角っぽい形で、羽根が無かったような・・・」
というやり取りがあったのを。
私は激しい違和感を覚えました。羽根が無いといったら、ヘリなのか。
当時、この証言には、証言者が飛行機やメカに無縁そうなおばあさんだったこともあり、なんのコメントもつけられず、ひとつのインタビューとして流されただけでした。

その後、生還したアシスタントパーサーY・Oさんの証言で、「陽が落ちる前、まだ明るいうちにヘリコプターの音が近くでした」との証言を聞き、おばあさんの証言と繋がりました。四角くて、翼の無い航空機。やはりヘリコプターだ!
しかし、航空自衛隊のバートルが現場近くに着いた時は、すでに上空の陽も暮れていた。となれば、谷間は完全に暗闇だったはず。航空機に関しては素人ではないY・Oさんの証言は単なる記憶違いなのか。それとも別の理由が?
そのヘリがなんであったのかは、今では周知の事実です。横田の米軍レスキューが搭乗したUH-1だったわけですが、その当時は、おばあさんの証言はともかく、Y・Oさんの証言までも検証されることもなく、宙に浮いたままでした。

私としては、そのことがずっと頭から離れず、事故に米軍がなんらかの形で
関与していたのではないか、という思いがありました。あくまで米軍関与説であって、決して「米軍撃墜説、陰謀説」の類ではありませんが。
余談ながら、空中衝突とか、撃墜説を唱える方々にひとつ聞きたいことは、
「なんでレーダーに記録が無いのですか?」

さておき、事故直後の目撃者のインタビューなどで、この類の内容を覚えて
いらっしゃる方がありましたら、是非教えてください。かなりの量の
インタビューがテレビで流されたと記憶しています。

03/07/22(火) 01:18 群馬県人 [ itbs081n054.ppp.infoweb.ne.jp ]


[2552] Re:群馬県人さん

探偵団さん初めまして。群馬県人と申します。
よろしくお願いします。

03/07/22(火) 00:19 群馬県人 [ itbs081n052.ppp.infoweb.ne.jp ]


[2551] Re:群馬県人さんへ

dell様初めまして。群馬県人と申します。私の書き込みに多く共感していただいたとのこと。ありがとうございます。
本当に最近は何が事実かわからない事が多すぎますよね。科学的に検証されていないことは、事実でもなんでもなく、ただの情報なんですけどね。マスコミも、その周りにいる人たちも、平気で恣意的な歪曲をするのには閉口します。

ちょっと専門的なネタですが、先のイラク戦争でクラスター爆弾の不発弾が問題になった時、マスコミの論調は「航空自衛隊もクラスター爆弾を秘密裏に保持していた!」ですからね。航空祭の装備品展示でも、何年も前から展示されてたのに。
そうでも言わないと、マスコミ的にはセンセーショナルじゃないですからね。そんなのはウンザリです。ましてや営利目的で事実を歪曲するなんてことは言語道断ですが、そういう輩がいっぱいいることもわかっていますよ。
私はオカルトを信じるタイプではありませんが、多くの人々の無念の死をネタに商売する輩には、それなりの報いがあっても当然だとは思います。

03/07/22(火) 00:16 群馬県人 [ itbs081n052.ppp.infoweb.ne.jp ]


[2550] Re:Re:SUZAN様に質問です

SUZANさんこんにちわ。群馬県人です。先日は突然現れた上に
いきなり不躾な質問をしてしまいましたが、丁寧なご返答を頂き、
ありがとうございます。
SUZANさんがこのサイトを立ち上げた理由、お気持ちは理解できたつもりです。しかし、高校2年生の時に、当時すでに10年以上前の事故について、改めてこのようなサイトを立ち上げ、ご自分なりの問題提起をされる、という貴殿の姿勢と行動力に敬服します。私は事故当時21歳でしたが、あの時インターネットがあっても、果たしてここまでやったかどうか。

私自身、この事故に関しては非常にもやもやしたものを持ち続けて来たのですが、先日勢いで少し書き込ませていただき、つかえが少し取れたような気持ちです。これからもよろしくお願いします。まだ過去ログを読破しておりませんので、多少テーマがダブることがあるかもしれませんが、これからもいろいろ発言させてください。

03/07/21(月) 23:54 群馬県人 [ itbs081n005.ppp.infoweb.ne.jp ]


[2549] まうえ!?

そう聞こえるかも・・・

03/07/18(金) 01:22 Dale [ Air1Aaz105.ngn.mesh.ad.jp ]


[2547] これからも応援してます

このHP作成時のSUZANさんのご年齢を知ってびっくりしました。
まだそんなにお若くてこれだけの見事なHPを作成されていたなんて・・。
しかもゲストブックでの発言などもいつも冷静で常識的で好感を持っていました。

私はこの事故のとき中学生で、あのときの映像をまだ覚えていますが(特に川上さんがヘリで救出されるところが鮮明に記憶に残っています)こんなに謎や疑惑があったということを知らず、時の経過と共にこの事故自体が記憶から薄らいできていました。
ところがひょんな事がきっかけでこの事故のことが気になり、インターネットで調べていてここに行き着いたわけですが、数あるHPの中でもここはお気に入りです。航空機などについての専門知識もなく関心をもってから日が浅いのでROMしかしていませんでしたが。
そしてSUZANさんのお考えのようにトップページに疑問が載っていたことが、初めは軽い気持ちでこの事故のことを調べていた私の心に火をつけ、執念に近いくらいこの事故についてより詳しく知りたくなったのです。そして今ではとりつかれたかのようにこの事故に関する本を読み漁っているところです(「疑惑」は興味深く、また読みやすくてすぐに読破できました。「墜落遺体」も壮絶ですが訴えてくるものがありますね)。
何が言いたいのかわからなくなってしまいましたが、これからもこの事故については自分なりに関心を持ち続けていくつもりです。

03/07/15(火) 22:00 平和を願う者 [ p802af5.ykhmac00.ap.so-net.ne.jp ]


[2546] 群馬県人さんへ

はじめまして。群馬県人さんの書き込みを見て共感する部分が非常に多いと感じてます。「謎」って言われている事柄は、実は単純明快だったりすることも多いわけで。

ご存知のように、その「謎」を営利目的にされている方もいるこのご時世です。理論的かつ合理的に検証されるべきだと私は思ってます。

03/07/14(月) 12:41 dell [ 38.118.111.219.dy.bbexcite.jp ]


[2545] Re:Re:SUZAN様に質問です

管理人殿の年齢を模索してしまい恐縮ですが

これまでその若さであるとはまったくもって存じ上げず

甚だ感服致します。

横レスすいません^^

03/07/13(日) 15:49 探偵団 [ YahooBB218136022200.bbtec.net ]


[2544] Re:SUZAN様に質問です

はじめまして、群馬県人さん。ご質問ありがとうございます。

トップページを含むこのサイトの大部分は私が5年程前に作成したものです。
ですのでコンテンツ作成当時の情報ソースについてはあまり正確に伝えるこ
とができない状態です。申し訳ありません。

ただ、トップページの謎・疑問部分の前後には"世間に出回っているこの事故
の謎・疑惑としては〜などがある。"と記述しているわけで、記述してある謎
・疑問というのは当時の他のサイトや文献の中で疑問とされている事柄からダ
イジェスト的に引用したものです。それらは私が提唱していることではあり
ません(提唱するほど能力はありません)。

あと、その上の方に"このページは事故に関するデータベース的なものにした
いと思っています。"と記述してあります。このサイトに書いてあるデータは
色々な情報ソースの中で"このようなことが書いてありました"と言う程度の
意味しかありません(databaseでありdata sourceではありません)。

このようなことを書くと非常に無責任と捉えられてもおかしくはないと思い
ます。ですが、疑問をトップページに載せるか載せないかによって元々この
事故について詳しく知らなかった人の関心の度合いは異なってくると思い、
あえて疑問を載せておくことにした次第です。

分かりにくいことを長々と書きましたが回答になっていないかもしれません。
当時、作成者は高2でした。勢いで作った部分もあり、稚拙な箇所は他にも
あるかもしれませんが明らかに問題がある部分は修正させてもらいます。

03/07/13(日) 15:26 SUZAN [ YahooBB218123180107.bbtec.net ]


[2543] Re:「放射性物質」

> 尾翼等機体のバランス・ウェートとして装着されている、劣化ウランの捜索も併せあったにせよ、「放射性物質」の登場に、尋常ならざるものを直観する。


どんな航空機事故でも付きまとっているわけで。この事故に限定されているものでは決してない。相変わらず、他の方の発言を、さも知っていたかのような発言はやめてくれ。

03/07/13(日) 13:45 dell [ 38.118.111.219.dy.bbexcite.jp ]


[2542] 群馬県人さん

はじめまして探偵団と申します^^

どうぞ宜しくです m(_ _)m

03/07/13(日) 13:21 探偵団 [ YahooBB218136022200.bbtec.net ]


[2541] 「放射性物質」

 「あのとき付近に散乱した積荷の医療用アイソトープ(放射性同位元素)の回収に、化学防護隊が派遣されていたことを知る人は少ない。
 放射能汚染というセンセーショナルな報道を避けるために極秘任務とされたが、検知器を持って山中を徘徊する“兵士”の目撃情報に尾ひれがつき、『放射能汚染の危険を知っていた自衛隊がわざと出動を遅らせた』とか『事故は自衛隊と米軍の陰謀だった』とかのトンデモ報道が、一部週刊誌などの見出しに躍ることとなった」(別冊宝島編集部編『軍事シュミレーション自衛隊“本土防衛”』)。

 翌日、8月13日午前4時50分、当時の科学技術庁は「積まれていたアイソトープ92個は、人体に支障なし」と発表している。

 尾翼等機体のバランス・ウェートとして装着されている、劣化ウランの捜索も併せあったにせよ、「放射性物質」の登場に、尋常ならざるものを直観する。

03/07/13(日) 07:47 池田昌昭 [ ppt1011.noc.kanazawa.nsk.ne.jp ]


[2540] Re:昔の記憶の疑問点

かえるさん初めまして。群馬県人と申します。
あなたの見た、自衛隊員についての考察です。

>当時は、それで「救助に向かってたんだねぇ」って思っていたのですが
>このページをみて当時を思い返してみると違和感があったんです。
>迷彩服を着た、自衛官らしき人たちは皆、銃を胸の前に抱えて川上に向かっていってたんです。

 かえるさんが見たのは、おそらく千葉県習志野の第一空挺団のレンジャー部隊だと思います。事故発生後、陸上自衛隊は現場への陸上からの接近を試みましたが、ろくな道も無く、最初はなかなか現場へ入れなかったのです。そこで、山野を踏破することにかけては最高の技術を持った、習志野のレンジャーも投入されていたのは事実です。
ただ、それが救出に向かっていたのか、純粋に演習だったのかはわかりませんが。
そう判断する根拠は、銃を胸の前に抱えて、という部分。おそらく、銃を胸の前にスリング(ベルト)で固定して、行動していたと思われること。この固定方法は、普通空挺しかやりません。また、出動が正式な災害派遣命令が出る前であったのでしょう、出動の名目は「演習」であり、そうすれば銃を持参していることに疑問はありません。
思い出してください。彼らが持っていた銃は、銃のうしろ、肩につける部分が、ニス塗りの木製で、結構あざやかなオレンジ色っぽい色ではありませんでしたか?

かえるさんが見たのは、おそらく様々なルートから現場に接近を試みた、自衛隊空挺部隊の一隊だったのでしょう。

03/07/13(日) 03:42 群馬県人 [ itbs081n043.ppp.infoweb.ne.jp ]


[2539] SUZAN様に質問です

初めまして。群馬県人と申します。SUZAN様の質問です。
トップページで謎、疑問とされている以下の部分について、何が謎なのか、それが事実なのか、うわさなのかを質問させていただきたいと思います。
引用中、カッコ内は当方の疑問点などです。

>公式的な事故原因である圧力隔壁破壊説に明らかにおかしい点がある。
(どの部分が?)
>日本側の救出部隊の動きがあまりにも遅かった。(情報不足以外に理由をお考えですか?)
>救出隊を足止めしたいくつかの事例(私は知りません。ぜひ教えてください)
>事故後すぐに現地に急行した在日米軍に日本政府が救出活動の許可を与えな>かったこと。(私は、日米の微妙なちから関係と認識していますが)
>ボーイング社の見解が事故直後と1ヶ月後とで大きく異なっていること。
(これは理由がわかります)
>ボイスレコーダーが非公開になっていること(当然。生テープが公式に公開された事故あります?)
>エンジンがバラバラになりすぎている。(どの程度?)
>乗客の遺体の損傷が激しすぎる。(どの程度?)
>事故直後に日航の技術者が現地入りしている。(当然では?)
>何者かが偽装した捜索隊があった(ありました。でもそれはマスコミ)
>生存者救出よりも先に自衛隊が事故現場から謎の物体をヘリで搬出していた。(本当に?情報元は何?)
>墜落直後、4人の生存者の他にも生存者がいたのに死者は全員”即死”扱い>になっていること。 (私の別書き込みで疑問に答えています)
>ジャンボ機の部品にあるはずのないものが事故現場から発見されている(?)。(情報元は?)
>相模湾から見つかった垂直尾翼に衝突痕があった。(それは機体との衝突コ痕。破壊に至る様な衝突では、衝突痕では済まない。大破壊となる)
>自衛隊が民間の救助隊を追い払った。(現場保存のためには、統制の効かない集団を入れないのは当然)
>事故現場一帯を警察ではなく、自衛隊が支配していた。(権限はともかく、事故の実況にかんがみ、その判断は合理的と思うが)

ぜひお答えください。お待ちしてます。

03/07/13(日) 03:22 群馬県人 [ itbs081n043.ppp.infoweb.ne.jp ]


[2538] Re:2510

元警察官さん、初めまして。群馬県人と申します。
私は、あの事故の時、大学3年生でした。
貴殿の書き込みについて、意見を述べさせていただきます。

>あのときの報道の遅さには全くもって驚きでしたね。
>日本国内で墜落しているのに、何時まで経っても行方不明なんて。

航空自衛隊百里基地の救難ヘリ、または偵察機RF-4Eが山中の炎を発見し、
TACAN(電波標識)の電波で位置を評定しようとしたが、距離がありすぎて
正確な座標を特定できず、夜が明けて目視で確認するまで墜落が確認できなかったことは、すでに数多く報道されています。山中の炎だけでは、墜落と確認できないのは当然です。

>早々に到着した自衛隊員には待機命令しか出されませんでしたね。
>反対に言えば待機命令がはっきりと出されたからこそ、救助活動が
>制限されました。
>まさにシビリアンコントロールです。自衛隊は独自に行動すれば
>クーデターとなってしまします。

自衛隊に限らず、軍隊組織の当然の行動方法として、通常、現場の情報が無い状態では部隊を動かしません。まず、偵察部隊が進出して情報を集め、状況を確認してから、効果的な作戦、編成を決定してから活動を始めます。
また、あのような状況では、上層部の政治的判断も多少はあったと思われます。賛否はともかく、それが現実でしょう。

>まだ多くの生存者が息をしなくなるのを震える手で、涙でただ
>見ているだけでした。

本当に貴殿はあの現場にいらっしゃったのですか?少なくとも、米軍以外が現場に入った時には、4人以上の生存者はいなかったと認識していますが。

>ようやく救助活動に踏み切った時間帯でも、絶対にヒト・モノ
>全ての物体に素手では触れないことという厳重な命令がありました。
>そして放射性物質(このときは医療用連レントゲンに用いるもの
>という説明でした)、またそのマークらしきものを見つけたら
>直ちに報告する旨、徹底されました。

言うまでも無く当然です。まず、航空機事故では、残骸の配置は原因解明の上で大きな意味を持ちます。下手に触ってはいけないのは当然。ちなみに、どこの消防士も、現場で従事中は絶対手袋を外しません。指紋をつけたりすると、事件の場合の捜査に影響を及ぼすからです。ましてや医療用アイソトープが積載されていた(事実です)なら、当然でしょう。さらに、ジャンボ機は操縦翼面のカウンターウェイト(つりあいおもり)に、劣化ウランを使用しています。これも微量の放射線を出します。(湾岸戦争で話題になりましたね)。ですから、指示は当然です。

>核やそれに類する物質の運搬は極秘に行われることが多いですから。

貴殿は軍事用の核物質を想定されていますか?でしたら、何故それを
民間機で運搬するのでしょう。いくらでも自衛隊機で運べるでしょう。
「裏をかく」てきな稚拙な発想は捨てましょう。極秘作戦は、それに関わる人間が一人でも増えれば、それだけ情報漏れの確率が上がります。ましてや、わざわざ民間人に託すのは自殺行為ですね。

>その後、これに疑問を抱いて放射能、核反応を調査し、掲載した
>雑誌があっさりとした告知しかされぬまま廃刊になりました。

それはなんという雑誌ですか?、廃刊の理由は本当に記事のせいですか?
うわさや風評で判断するのは問題ですよ。

>この真実がもう少し確実な情報筋から語られるのは、いったい
>何年後になるのでしょうか?

公式にはありえないでしょうね。でも、それに関わった人が多数います。ネット上でも、非常に合理的に原因を特定している人もいます。公開されたコックピットボイスレコーダーの音声も、そのような人々からのリークでしょう。気づいていますか?あのテープの最初、機長の「なんか爆発したぞ」の後、公式の調査報告書では、客室高度警報音が鳴り響いたことになっていますが、その音が録音さていない、という事実。その他にも、矛盾があきらかになっているのです。しかし、それが公式記録です。

私は、貴殿を個人的に攻撃しているのでは、ありません。むしろ、あの事故に関心を持ち続けていらっしゃることに敬意と共感を覚えます。私も、ある事情で、あの事故には格別の思い入れがあるのです。
ですから、枝葉末節にこだわらず、本質的に正しい認識をしていただきたいのです。ご意見がありましたら、なんでもどうぞ。

03/07/13(日) 03:02 群馬県人 [ itbs081n004.ppp.infoweb.ne.jp ]


[2537] 死亡者全員が「即死」扱い、について

初めまして。群馬県人と申します。(現在は東京在住です)。本日初めて貴殿のサイトを拝見しました。いろいろとお話したいことがありますが、とりあえず、「疑惑」のひとつについてお答えしましょう。
死亡者全員が「即死」扱いになっている理由は、主に相続に関わる理由です。相続では、死亡の順位でその方法がまったく変わってきます。細かいことは避けますが、たとえば、父母を同時に亡くした場合、その死亡順番によって、子供への相続額はまったく変わります。
実はかつて、火事で一家全滅という事件があったとき、検視官が死体の状態から、死亡時間に時間差をつけました。つまり、その瞬間に、相続の方法が確定しました。ところが、相続を受ける親族から、一方は死亡時間差には合理的理由がない(相続額が減る人たち)また一方からは、それが正しい(相続額が増える人たち)という相反する主張がなされ、結局泥沼の裁判沙汰になったことがあったのです。
それ以来、大きな事故などで、死亡者が複数出て、死亡時間がはっきりわからない場合は、すべて事故発生と同時に全員即死、という検視結果を出すようになっています。
それが一番合理的で公正な判断といえるでしょう。
ですから、この件については、疑惑でも謎でもありません。

03/07/13(日) 02:31 群馬県人 [ itbs081n004.ppp.infoweb.ne.jp ]


[2531] ブラジル

近頃、ブラジルでも墜落事故があったようですね
たまたま現場画像を見るコトになりましたが。。。。
まったくもって悲惨極まりない映像でした
墜落原因など詳しい事は知りませんが、航空機事故の凄まじさが
あらため身に凍みました

03/06/10(火) 17:30 探偵団 [ p5172-ipad66marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp ]


[2529] Re:Re:懲りずにまぁ

>dellさんどもども^^

久しぶりですねぇ〜〜

まさか、N.M氏がまた来るとは思いもしなかったですねぇ〜〜。


当時、報道されてることと違った現象、事柄を記憶している方の証言っていうのは貴重ですな。

ただ、その記憶が曖昧になりつつあることは事実。忘れないように皆さん、早めにカキコみましょう。

03/05/30(金) 18:46 dell [ 231.58.111.219.dy.bbexcite.jp ]


[2528] Re:懲りずにまぁ

dellさんどもども^^

まぁいくら言っても無理そうでつね
ほっといて先行きましょう^^

03/05/29(木) 14:12 探偵団 [ p1120-ipad21marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp ]


[2527] 懲りずにまぁ

削除されるの分かっててやってるのね。


いい加減懲りろ!!

03/05/28(水) 20:02 dell [ 69.58.111.219.dy.bbexcite.jp ]


[2526] JAL123便機の墜落事故原因に疑問をお持ちの皆様へ

 突然で恐縮ですが、日航ジャンボ機御巣鷹山墜落の真相というキーワードで検索し、私のHPを訪ねて頂きますようお願い申し上げます。そこには、今までの常識を覆した内容の、当事故原因に関する私見が記されています。
 近々、そのHPに掲示板を、再度開設する予定です。

03/05/28(水) 17:41 N・M [ YahooBB219023066125.bbtec.net ]


[2525] 遅くなりましたが。

書き込ませていただいてから、どの辺りに行ったのかを当時の自分の記憶を頼りに地図を調べてみました。
宿泊先はあまり覚えていないのですが、上野村近辺に泊まったみたいです。
墜落現場近辺であったのは間違いがないと思います。
家に電話で連絡するまでは、両親は事故に巻き込まれては居ないか?と心配していました。
洗礼会をやった上流は、墜落現場方向であったのは確かです。
これは、おみやげものやさんのおばさんに教えてもらいました。
当時、家に帰って地図で調べた記憶もかすかですがあります。

銃は、小銃でいいのでしょうか?
刑事ドラマとかで出てくる拳銃ではなく、両手で前(胸?)にもっている感じでした。
洗礼会終了後、宿泊施設に帰る途中も自衛隊員を数名荷台に乗せたトラック2、3台とすれちがいました。

銃を持っていたのは見間違いだったと思いたいのですが、例えば救助に向かう場合、一人一人バラバラで移動するものなのでしょうか?
当時は団体行動をしないで個々に走っていく自衛隊員に疑問を持っていたので・・・。

長々とすみませんでした。

03/05/23(金) 22:21 かえる [ 214.net061198116.t-com.ne.jp ]


[2524] この辺りは

以前から熊が出ると言う事のようなのでそれもアリかも? 謎

03/05/20(火) 01:11 探偵団 [ YahooBB218136022139.bbtec.net ]


[2523] おかしい

小銃のこと?
それにしてもおかしい。夜になろうとしている時間に。
目撃者を殺す意図の可能性

03/05/19(月) 03:12 ?? [ YahooBB220005167063.bbtec.net ]


[2522] Re:よく考えると

>13日午前中といえば、救助活動が活発になっている頃では?
>
>いろいろな方面から救助活動していたことを考えれば不自然ではないような・・・


って、銃のことを忘れてたな・・・。本当に銃を持ってたなら不思議だな・・。場所にもよるが。

03/05/19(月) 00:04 dell [ 124.119.111.219.dy.bbexcite.jp ]


[2521] よく考えると

13日午前中といえば、救助活動が活発になっている頃では?

いろいろな方面から救助活動していたことを考えれば不自然ではないような・・・

03/05/19(月) 00:02 dell [ 124.119.111.219.dy.bbexcite.jp ]


[2520] ひょっとしたら?

>迷彩服を着た、自衛官らしき人たちは...

サバイバルゲームの方々かもしれませんね。

でも、本当に自衛隊員だったとしたら・・・???


03/05/17(土) 22:37 鼻血でーる [ 3dd5174f.catv296.ne.jp ]


[2519] Re:昔の記憶の疑問点

>当時、小学生だった私は、近所のクリスチャンの人に
>泊まりで洗礼会あるという事で見に行かないか?と誘われ
>キャンプ気分で参加したのですが、その行き先が群馬県でした。

かえるさん、はじめまして。早速ですが、群馬県のどこなんでしょう??
「自衛隊」に関して全く詳しくないので、なんとも言えないけれど、演習
ってことも考えられるし・・。

03/05/17(土) 12:10 dell [ 46.118.111.219.dy.bbexcite.jp ]


[2518] 昔の記憶の疑問点

いろいろとめぐっているうちにこのページにたどり着きました。
ページを拝見させていただいている最中に
思い出した当時の事を少し書かせていただいきます。

当時、小学生だった私は、近所のクリスチャンの人に
泊まりで洗礼会あるという事で見に行かないか?と誘われ
キャンプ気分で参加したのですが、その行き先が群馬県でした。

洗礼会は山の途中の川原で行われたのですが、
その洗礼会が終了した後だったか前だったか
正確な時間はよく覚えていないのですが(午前中であることは確かです)、
川原でのんびりしていると
川下から迷彩服の人が10人前後ばらばらと川上に上っていきました。
隊列組んで、というカンジではなく
岩場を走るように一人一人、ばらばらと登っていったんです。
ものすごく急いでいるカンジだったので、山頂で何かあったのかねぇ?と
一緒に行った友人と話していたのです。
そこはTVやラジオが無かったので、ニュース等情報が入らない場所だったので、墜落の事故は全然知りませんでした。
墜落事故の話を正確に聞いたのは13日の夜に寄ったおみやげ物屋さんのおばさんからでした。

当時は、それで「救助に向かってたんだねぇ」って思っていたのですが
このページをみて当時を思い返してみると違和感があったんです。
迷彩服を着た、自衛官らしき人たちは皆、銃を胸の前に抱えて川上に向かっていってたんです。
当時は、「何か事件があったんだ」と思っていたので不思議に思ってなかったんですが
救助に向かうにしてはおかしいですよね?
アレはなんだったんだろう?と本当、気になってます。

03/05/16(金) 00:32 かえる [ 154.net218219052.t-com.ne.jp ]


[2516] Re:御巣鷹山事故について・・・・

>私はこの事故機を目撃した一人です。あれは小学校上がったばかりの夏休み。家族で富士山のふもとにある大野字キャンプ場にいた時でした、最初に父と姉が見つけました、子供ながらに随分低いところを飛んでる飛行機だなと思いました。左右に揺れながらゆっくり飛んでいたのもハッキリ覚えています。その後ラジオかなにかでニュースを聞いたとき凄い恐怖感に襲われたのを今でもハッキリ覚えています・・・・

なるほど貴重な目撃体験でしたね。関連書籍で事故機の色々な方の目撃談を読んだことがあります。そのとき尾翼付近の状態とかは覚えてらっしゃいませんか?また事故機の後から飛ぶ飛行機などはありませんでしたか?

03/05/03(土) 22:23 なるほど [ z170.219-127-51.ppp.wakwak.ne.jp ]


[2515] 御巣鷹山事故について・・・・

私はこの事故機を目撃した一人です。あれは小学校上がったばかりの夏休み。家族で富士山のふもとにある大野字キャンプ場にいた時でした、最初に父と姉が見つけました、子供ながらに随分低いところを飛んでる飛行機だなと思いました。左右に揺れながらゆっくり飛んでいたのもハッキリ覚えています。その後ラジオかなにかでニュースを聞いたとき凄い恐怖感に襲われたのを今でもハッキリ覚えています・・・・

03/05/03(土) 04:40 yoshiaki [ P061198170192.ppp.prin.ne.jp ]


[2514] Re:御巣鷹山事故について・・・・

risuさんへ。
う〜ん・・・なんの本を読んだのでしょうか? 
米国軍が墜落させたとの記述が有りますので、おそらく池田某氏の本でしょうか?
もう少し、色々と調べてみると良いですよ。
自衛隊撃墜説、グリコ森永犯による爆破説、まぁ、色々あるんですが・・・

03/04/28(月) 16:42 ドクター [ fw1.tgn.or.jp ]


[2513] Re:御巣鷹山事故について・・・・

>ある本を読んでいました。その本には、御巣鷹山自故の事が書かれていました。

その本のタイトルを教えてください

03/04/28(月) 09:56 pol [ N091104.ppp.dion.ne.jp ]



管理者: SUZAN