御巣鷹の尾根へ

御巣鷹山とはこのようなところです。2000年9月7日に行った時は雨で大変でした。

←登山口にある御巣鷹観音

←登山口には杖と携帯灰皿が置いてあります

←登山道

←スゲノ沢

←機種衝突地点付近にある昇魂の碑

←上野村役場付近にある慰霊の園

←上野村はこの様な感じの所

<アクセス>

御巣鷹の尾根付近は「御巣鷹の尾根」と書いてある標識がたくさんありますのでそれに従っていけば迷うことはないと思います。上野村役場近くにある慰霊の園から御巣鷹の尾根登山口までは約20キロ、車で約40分です。

(藤岡・秩父方面から)

国道299号を通り上野村役場通過後、武道峠方面の道に左折します。

(佐久方面から)

2000年9月現在国道299号は十国峠付近で通行止めになっているため、長野県側の通行止めゲート付近から入れる村道(狭路)から上野村に入ります。その後は標識に従っていきます。

(相木村方面から)

武道峠通過後、標識に従って右折します。

<施設>

登山口には駐車場や着替えに使う小屋、トイレがあります。山頂付近には休憩小屋やトイレ、水飲み場があります。

<登山道について>

登山道なので靴はしっかりしたものをはいた方がいいです。登山口から昇魂の碑までは全長約2キロ、標高差は500メートル、徒歩約1時間の道のりです。それとくれぐれも天気には注意してください。落雷の危険性を考えると午前中に登るのがよいでしょう。もうすぐ御巣鷹ダムというものができるそうです。整備工事が終われば登山道の大部分をショートカットできるようです。

戻る